カテゴリー「勉強」の38件の記事

2017.05.24

どうしたらゲームぐらい楽しい勉強時間って作れるのかな?

学校でも勉強していて帰ってきても勉強って考えたら普通やる気なるなるよね。


大人で考えれば、一日中仕事して帰ってきてから今日の仕事の反省と明日の仕事準備するって考えたらいったいいつ休むんだよってww



うーん。


そう考えるとなかなか簡単に勉強しろって言えないよな。



もし、仮に勉強が楽しい「ゲーム」だと考えたらどうだろうか?



毎日、学校に楽しい「ゲーム」をやりに行く。


帰ってからはそのゲームの反省と明日のゲームの攻略を考える。




おお!こう考えるとぜんぜん楽しくなるなww



ゲームは、ゲームだから楽しい訳ではないよね。だってク◯ゲーって言われるぜんぜん楽しく無いゲームも存在するわけで。。。



それなら、勉強だったどうにかしたら楽しい勉強も作れるんじゃないだろうか?


どこかの教科書や参考書の出版会社でゲームクリエイターを中心にして新しい楽しい教科書作りプロジェクトとかやってもらえないだろうか?


別に、すべての学校の教科書を面白くする必要はないので、トップクラスの成績を目指さない楽しく勉強をしていくクラスっていうのがあってもいいんじゃないだろうか?


別に、大学に行くためだけに勉強ってあるわけじゃないと思うので。。。



がんばりってやっぱり不思議な気がする

昨日は、がんばりノートを仕上げる為に夜中まで息子に付き合いました。


今回は今週末までに1冊仕上げないといけないらしく、1日にすると6~7枚仕上げないと間に合わない様子。


まあ、普段からペース上げて仕上げておけばこんなばたばたにならずに済む話なのですが、それでもちょっと不思議な気がします。


息子の場合の話ですが、どうしても がんばりノートを仕上げる事 が目的になってしまっていて肝心の勉強した中身について復習又は翌日の予習するという事ができていませんね。


勉強しろと言われてもなかなかできない子が多いので各自で自由にがんばりノートを作成するのだから枚数ではなくてその中身を重視できたら良いなと。


無駄に枚数稼ぎしても本人の実力アップにつながらない。



2017.05.22

あとは、英語と社会と理科の教科書ガイドが必要だな。

とりあえず、国語と数学の教科書ガイドは買ったので、残りは、英語と社会と理科ですね。


買っておけば安心ってわけでもなくて勉強しなきゃ意味が無いのですがとりあえず買って置かないとやろうと思った時に本がなければ始まらないですね。


1冊だいたい2000円ぐらいするので結構な値段なんだよね。。。 


今週は通常勤務なので、帰りに宮脇書店でも行ってみようかな。。。

2017.05.21

勉強する事に対する報酬があってもいいと思う。

勉強するのってそんなに面白くないですね。


大人でも面白いと思う人は少ないと思います。ましてや、子どもが楽しいと思う事はさらに少ないと思います。


いろいろな理由で勉強している子は多いのではないかな?


お小遣いアップとかほしいものを買ってもらえるとか、部活を続ける為だとか目指す高校(学校)があるとかね。


人それぞれ目標といつか勉強する事に対する理由を探して勉強して成績アップを目指すよね。



それでいいと思う。


資格取得の為の勉強ならそろ資格を取って転職するとか給与アップするとかあるわけで、勉強そのものが目的という人は大学の先生ぐらいなんじゃないでしょうか?


まあ、そんな人は勉強というよりは、研究って事になっちゃうんだろうけど。


私が最近やった 勉強 は、プログラミングの勉強なのかな。


2ヶ月毎日仕事終わってからの3時間はキツかったww けど、いま考えたらとても楽しい時間だったのかもしれないな。


いろいろな人に出会えてほんと楽しかった。



勉強の為に学校に通うのですが、それは単純に勉強する為だけじゃないってこと。



もし、学校に行く年齢で、行ける状況だとしたらなにがあっても楽しく通ってほしいなと思う。


大人になってしまうと学校に行きたくてもなかなか行くことができないから。



2017.05.20

テスト対策どうしようかな?

来月の13日、14日に中学校入って初めての中間テストがあります。


たぶん、テスト対策なんてやったことは無くてなんの対策も無しに突っ込むつもりでしょうww


まあ、初めてのテストなのでそれはそれで経験になるからいいかなとも思ったりするけどね。


たぶん、あのまま行くと砕け散りそうなので多少なりともアドバイスして砕け散って粉々になるのは避けたいなと。


せっかく進研ゼミも取っているのにすこしぐらいは点数とりたいでしょうからね。


さて、お父さんのテスト対策は今の中学校のテストに対応できるのだろうか?ある意味お父さんもテストされているのかもww

2017.05.17

ワクワクどきどきの中間テスト対策をしていこうかな。。。

来月の13日、14日と中間テストがあるみたい。


息子が中学校に上がって初めての中間テストですね。


なんだかワクワクしますねww (本人はどきどきするかもですけど)


まあ、100点は取れなくてもいいので、対策と結果がつながるようにしたいなと。


ここが出るはず!と狙って勉強したところが何個か出てきて回答することができれば試験対策することの意味が理解できると思うから。


人間、結果に繋がらない努力って継続するのが難しいですからね。


何回か慣れてくれば自分で出来るようになるとおもうけど、1年生の間は一緒に助走してあげないとなかなか難しいと思うから。


さて、今週末ぐらいからちょっとやってみようかな。

2017.04.27

テストのスケジュール。。。

うちの息子の通う中学校は、2学期制らしく、夏休み前に中間テスト、夏休み後に期末テスト。


11月に中間テスト、年明けてから期末テストの年4回らしい。


夏休み前の中間テストは、そんなに問題ないらしいのですが、休み明けの期末テストが大変らしい。


期末テストだという事もあるけど、夏休みでだらけた脳みそを試験モードにするだけでもかなりパワーを必要とするだろうな。


さて、とりあえず、中間テストの日程がわかったので、スケジュールを逆算してテスト対策の勉強を計画していこうかな。。。



「未来工科高校が合っているかもね」と言われた家庭訪問。

今日は、息子の中学校の家庭訪問がありました。


どんな話があったのか息子から聞いてみました。


「授業にこだわりがあるんだね」って言われたと。


う~ん。いまいち良く分からない。本人も特に授業にこだわっているつもりはないようですが、聞きながらノートは取れないらしく話を聞いてから区切りがついたところでノートに書き写しているらしい。


こんど、そのノートを見せてもらうかな。


他には何か言われた?と聞いてみた。


「美来工科高校っていうところがあって、そこにコンピュータデザイン科というところがあって僕に向いているんじゃないかって言われた」


お父さんが高校時代は、中部工業高校って言っていたところだよね。

その当時は、確か、機械科、電気科、自動車科、システム科だったかな?今は違うのかな?


数年前に名前を変更したのは聞いていたけど、どんなクラスが出来たのかまったく情報はありませんでした。


グーグル先生に聞いてみると公式サイトが見つかりました。

美来工科高校


ふむふむ。

電気科が名前をかえただけかと思っていたけど、電気科は、電気システム科となっていて、それ以外にITシステム科、コンピュータデザイン科って出来ていたんですね。なるほど。


これは、まったく想像していませんでしたね。


う~ん。ここも面白そうだな。


いままで、西原高校が近くていいかな?って思っていたのですが、かなり距離はあるのですが、未来工科高校もいいかもしれませんね。


問題は、通学にかなり時間が取られるのがきになりますけど、それはそれでなんとかなるかな?


ちょっと、情報収集してみようかな。


2017.04.21

ノートって黒板を写せばいいよね?

学生の頃は、ノートを書くのが嫌でした。


基本的に文字を書くのが苦手なので、苦痛でしかありませんでした。


漢字もすらすらと出てくることはないので、頭で理解しながら書くってめちゃめちゃ難しいです。

将来は、学校でもパソコンを使って文字を書くからこんな面倒な事がなくなればいいなと思っていたし今でもそう思っています。


確かに大人になるとペンや鉛筆を使って文字を書くという事は殆どありません。ただ、会議やセミナーなどに行った時にやはりメモという形でノートを利用することはなくなりませんね。


最近は、その場にノートパソコンを持ち込んで入力する事も多くなりましたが、やはり手描きメモの機動性にはまけちゃうのかな?

今回、息子の勉強の為にと買った参考書はノート嫌いだったお父さんにとって目からうろこ状態でした。

びっくりしたのは、余白をとって広めにノートを使いましょう!というもの。


後から、メモを書き足したり、間違った部分も消しゴムを使わずに何故間違ったかをメモするようにするといいらしい。


これって、普段の仕事のメモにも応用できるな。



いままで、メモやノートってライブというかその場で書き留めたりメモるだけのものであとから加筆したりまとめるという感覚はありませんでした。



その場でまとめただけのものだけです。なので、ずーっとあとから読み返してみるといったいなんの事を書いていたのか意味が半分ぐらいしか理解できない事も多かったです。


今回、息子の勉強のフォローのつもりではじめた中学校の勉強ですが、あんがいお父さんもいろいろ勉強になるな。
















2017.04.20

国語ってにがてだったな。なぜって?。。。

さて、お父さんの中学生の勉強を考えるの時間です。


どこまでできるか分からないけど、やるだけやってみるか。


今日は、ちょっと国語の教科書ガイドを開いてみるかな。


「朝のリレー」


なんか読んだことあるような気がするな。。。


で、この詩で勉強するのは、「対句法」とか「倒置」とかなのか。


なんか書いてて懐かしい気がしてくるね。社会人になってほとんど使ったことないなww


次の詩の中で対句になっている部分はどこでしょうか?って問題が試験で出てくるわけですね。


あと、「比喩」「反復」「体言止め」ね。

「比喩」のつながりで「直喩」とか「隠喩」「擬人法」とかあるみたい。

比喩は良く聞いた事はあるけど、「直喩」ってはじめて知ったようなきがする(たぶん習ってはいたんだろうけどなww)

直喩の意味は「ようだ」「みたいだ」「ごとし」などの言葉を使ってたとえるようだ。

隠喩はその逆。「ようだ」などを使わずに例えるらしい。。。

見た目は山のようだ:これは直喩?

見た目は山そのもの:これが隠喩なのかな?

擬人法はたぶん今の子供達には慣れ親しんだ言葉なんじゃないかな?逆に国語でも擬人化とかしちゃうんだ!とか言われそうだよね。


こうやってガイド本みながら勉強すると何を習得させようとしているのかぜんぜん見えてくるもんなんですね。


これならはじめからガイド本を教科書にしてしまえばいいような気もしてくるけどそうはいかないのかな?

いままで、あまり国語って好きじゃないなって思っていたけど、こうやって大人になってやってみるとやっぱり必要なんだなっておもえてくるから不思議。


せっかく中学の勉強方法を考えてみるんだらついでにちょっと国語のおさらいもやってみようかな。




より以前の記事一覧

ピクシブ

  • ピクシブ1

気になるサイト

お勧めをご紹介

Twitter

  • Twitter
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google+1

  • g

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

PR3

google