お勧めをご紹介

Google+1

  • g

PR3

気になるサイト

  • pixivページ
    私の過去作格納庫です。30年前の作品ごアップしたのをキッカケに日々の創作物をアップしています。
  • キミイロミノル(キロル)
    おでライ沖縄に参加する活動を中心に創作活動するメンバーが集まってゆる~く活動するサークルのページです。私も参加していますww
  • ren-net for Hobby
    息子(10歳)とレゴブロック、ミニ四駆、プラモデル、仮面ライダーウィザードを楽しむアラフォーパパのブログ。楽しんで行こう!!
  • 沖縄で明るい自宅を建てる ren_net for Design
    建築士が自宅の建設を進める様子を書いたブログ。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月の25件の記事

2020.08.31

【ブログ】ボトルネックはシステムにあると思う #ひとりごと

S_20200831120901

 

こんにちは。

 

れんです。

 

 

組織や仕事などで仕事の流れが上手く行かない場合、その担当者の責任になってしまう場合があります。

 

 

「あの人が動かない」とか「業務の偏りがり、一部の部門にだけ業務過多なっている」とか。。。

 

 

その現況だけを見た場合は、たしかにその担当者の対応が悪かったように見える事があると思うのですが、その問題の根本は、運用するシステムにあるように感じます。

 

いろいろな組織において人間を介在して行う業務の場合は、どうしても人間的な判断が必要が部分があるのだと思います。

しかし、その判断が災いしてシステム全体の流れが滞るのであれば、人を教育するかシステムを改善するしかありません。

 

ただ、人の判断を教育で修正するのはとても時間と労力が必要になります。

 

たとえ教育ができたとしても、担当者が変わってしまえばまた、その後も同じ状態になる可能性があります。

将来的に業務を改善する必要がある場合は、システム側を根本的に改善していく必要があると思います。

 

単純な例で言えば、こんな感じでしょうか?

顧客管理を手書きのフォーマットを利用してひとりの担当者が作業をしていたとします。

そうなると手書きする手間も必要になるし担当者がひとりなので作業量を増やす事ができません。せっかく作成した顧客管理もあとから検索するにしても一枚一枚人の目で見て探さなくてはいけません。あとで記入ミスが見つかってもそれを修正する手間が必要になります。

 

このような場合の問題を改善するとしたらどうすることが最善でしょうか?

 

いろいろな改善案はあると思いますが、手軽に改善できる方法の1つとして顧客管理のデジタル化があります。

 

それまで手書きだった物をデジタル化してだれでも簡単に入力できるようにします。又は、複数の担当者を配置します。複数にする事は、作業時間を短縮に影響します。さらに短縮できた時間を使って入力項目の入力ミスを確認できるようになれば、作業効率のアップとデータの整合性を高める事ができるようになります。

 

古くからある組織などでは、それまでの習慣が多々あります。

その組織がスタートした当時は、それしか選択肢がなくてアナログで対応していただけかもしれません。その方法が今でも最善策とは限りません。ただ、人というのは考えることをやめてしまうと目の前の行動が最善かどうかというよりも言われた事を間違わないようにする事が良しとなあってしまう場合があります。

ただ、この場合も、その担当者が悪いわけではありません。

そのような場合が目の前に現れた時に、業務を改善していくような「 システム 」が準備できていない事が問題だと思います。

 

システム改善は、その組織全体の問題だと認識できるかどうかが大きなカギになっているような気がします。。。

 

ということは、結局は人の問題という事になるのかなww

 

 

2020.08.28

【ブログ】引き寄せの法則はあるかもしれない? #ひとりごと

S_20200828120101

こんにちは。

 

れんです。

 

「引き寄せの法則」って聞いたことありますか?

 

ちゃんとした意味は把握していないのですが、言葉の通りだとすると自分の思いが周りの状況に影響を与えるという意味なんだと思います。

 

まあ、実際のところはどうなのか分からないのですが、数年前からの出来事で直感なのか引き寄せているのか分からない現場に出会っています。

 

いくつかは、自分自身の行動が伴ったトラブルになるのですが。。。。

 

ある作業をしていて、なんとなく「こうなることもあるのかな?」とか「なんだかいやな感じがするな」と思った数分後に頭の中で思い描いた事が目の前で起こりました。

 

うむむむ。。。 まじかww って感じです。

 

 

また、別の出来事では自分自身ではなくて他人(一応身近な人)の事で、「ああ、たぶんこんな感じになってしまわないかな」と思った事にこれも数分後にそうなってしまうという感じです。

 

見ていて「あ、、」という感じです。

 

 

最初の出来事は自分自身の行動が少なからず影響しているので、自分で思ってしまった事をそのまま再現してしまった感じがします。

 

よく小さな子どもに「転ぶよ!転ぶよ」と転ばないように注意しているつもりで言った言葉が子供の中で「自分は転ぶ!」に変換されて言ったそばから転んでしまうようなことに近いような気がしますww

 

 

でも、もうひとつの出来事は自分の思った事は相手に伝えていないし、自分だけの行動ではどうにも制御出来ない事柄だったりします。

 

これっていったいなんだったのかな?と、後になって気がついた感じです。

 

 

 

今にして思えばこれも一種の「引き寄せの法則」なのかもしれないと思うようになりました。

 

 

なので、その後はあまりマイナスなイメージが頭に思い浮かんで来た時は気をつけてイメージをはっきりさせないようにしています。

想像しそうになると別の事を考えたりするようにするとトラブルは起こっていないように思います。

 

ゲームじゃないので「もしも」の場合でイメージした時としなかった時を比べる事はできないので実際のところはわかりませんww

 

 

でも、もし多少でも自分がイメージした事が影響しているのだとしたら、マイナスのイメージではなくてプラスのイメージをするようにしたほうが良いのかな?と思うようになりました。

 

最近からそう思ってみようとはじめたばかりなので、プラスの引き寄せはまだまだ経験していないので今後試してみようと思います(^^)

 

 

 

【ブログ】なかなか続かないね。。。でもいいのだ。 #ひとりごと #ラジオトーク

Img_4947

 

こんにちは。

 

れんです。

 

 

ラジオは2日しかづつかなかったけど、問題ありません。

 

続ける事は難しいけど今回は辞めない事を目標にしたいと思っているので、ブログと一緒でゆっくり焦らずにやって行きたいと思います。

 

 

 

 

 

過去の回を聞いてみたら結構真面目な話もしていますね。

 

ふむふむ。。。こんな話もしていたんですね。

 

もっと気軽にいろいろな話をしてみてもいいのかな。

 

 

 

2020.08.27

【ブログ】ラジオトークも慣れが必要ですね。 #ひとりごと

S_20200827100401

 

こんにちは。

 

れんです。

 

 

最近からラジオトークを再開しました。

 

 

一日の頭の整理に有効かな?と思ったので、2年ぶりに再開してみることにしました。

 

2年前の録音を聞いてみると最初のころは緊張していているのが分かりますが途中ですこし慣れてきていました。

でも、最後の頃はあれこれ考えながら話す事が多くて「えーっと」を頻発したり同じ内容をくりかえしていたりとまだまだですね。

 

 

ラジオも絵も日々の練習が必要ですね。

 

2020.08.26

【ブログ】iPhone6sプラスから機種変するならどれがいいかな? #ひとりごと

S_20200826134401

 

こんにちは。

 

れんです。

 

いつ切り替えたのかすら忘れてしまった現在使っているiPhone6s プラスですが、少なくても4~5年ぐらいは使っているのかな?

 

もともとバッテリーが大きいので電池のヘリは気にならなかったのですが、最近はさすがにやばめですね。使わない時は、省電力モード+ブルートゥース接続オフにしておかないと半日でのこり20%とかになってしまいますww

 

なので、そろそろ機種変したいなと思っているのですが、現在利用しているキャリアはワイモバイルなのがネックです。

 

 

格安接続を宣伝しているキャリアなせいかiPhone端末は「 6s 」と「 7 」しかありません。

 

まあ、7でも悪くは無いのですが、容量が32GBしかないし今使っている6sから1世代しか進んでいない事を考えるとすぐにOSのアップデート対象から外れてしまう可能性がありますね。

 

うむむ。まあ、シムフリー端末を購入して対応するしかないのかもしれないのですが、どうしたものかな。。。

 

Photo_20200826135301

 

って思いながらワイモバイルのサイトを見てみると・・・・???? SEが載っている!?!?

 

 

おお!!これってアリじゃない?

 

 

もちろん細心の「 11 」とかではないですけど、チップなど内蔵部品は現行の11と同等クラスですね。液晶やカメラは下のクラスだとは思うけど今の「 6s 」に比べればぜんぜん問題なさそうです。

 

 

なになに、、、8月27日発売予定で、しかも128GBモデルは9月発売予定らしい。

 

 

これは、次に機種変するモデルは「 SE 」に決まったかもしれません。

 

 

まあ、切り替えのタイミングがどうなっているのか分からないけど来月になったらショップに行って確認してもらいながら納得行けば機種変してみようかな。。。

 

もちろん、今使っている6sプラスは自宅で動画閲覧用の端末としてもうすこし頑張ってもらうつもりです。

 

 

【ブログ】オンラインが当たり前になってほしいな。 #ひとりごと

Img_4944

 

こんにちは。

 

れんです。

 

 

今後の世界は「オンライン」が当たり前に世界に切り替わっていけるのだろうか?

 

 

個人的にはもっともっとオンライン化は加速していってほしいと思っています。

 

 

別にオフライン(現実でのリアルな空間)が嫌とか駄目とか言っているつもりはありません。オンライン化が進めば進むほど、オフラインの価値も今よりもぐっと上がると思います。

 

その上で、私がオンライン化を推す理由は新しいイノベーションが出てくると思うからです。

オンライン化が進むとそれまで身体的なハンディキャップがあって参加出来なかった分野にも多種多様な人たちが参加できるようになっていまより以上に化学反応を起こしてくると思います。

 

学校や職場でもいままでは接点が無かった人たちがつながることで、それぞれの範囲でしかイメージ出来なかった事柄でもよりズムーズに解決策が見つかるような気がします。

 

ここ数年出てきていた「AR」とか「VR」という技術たちは本当にこのコロナ後の世界を進めていく上でとても重要なデバイスになると思います。将来的には今よりも人に寄り添うような技術が開発されてオンラインとオフラインの境目がより曖昧になっていくのかもしれません。

 

 

【ブログ】もっと繋がればいいのかな? #ひとりごと

Img_4941

 

こんにちは。

 

 

れんです。

 

 

自分ひとりで作業をしている時はほぼ必要のないコミュニケーションですが、ふたり以上で作業をする時は双子などの驚異のシンクロ率でも発揮しない限りなにかの方法を使ってコミュニケーションをとる必要があります。

 

 

この作業ができなければ、別々の行動を連携させる事はむずかしいですね。

 

前に観たアニメの「キズナイーバー」って作品はある意味究極の絆で結ばれてしまった若者たちを描いた作品だったのですが、そこまではなかな気が引けてしまいますね。さすがに。

Photo_20200826100701

 

そででも、やはり業務連携を行うには情報伝達が必要だと思います。

 

 

それがなければ、「たぶんこうだろう?」とか「できているはず」という憶測でしか判断ができない状態になってしまいます。

 

これが機械同士なら信号を送り合ってタイミングをあわせて動く事が可能なのに、こと人間がするとここに「気持ち」が入ってしまいます。

 

「こんな事を聞いたら気を悪くするんじゃないか?」とか「いちいち確認してきて」などといった余計がバリアが発生して情報伝達の障害になってしまします。

 

「あの時連絡していれば」とか「ひとこと確認していれば」とか1分の連絡を時間の無駄だと怠った為にその後に何十時間も時間をロスしてしまう事も有りえます。

 

 

スポーツ競技での連携はある意味仕事にも活かせる部分があるように思ったりもします。

 

スポーツならサッカーやバスケ、バレーなどチーム対チームで戦う場合チーム内での連携は最重要な問題です。お互いがバラバラな行動を取っていたら勝てる試合も勝てないような気がします。

 

 

ただ、先にも感じた「気持ちのバリア」という問題は人それぞれの特性なので、いまさ大きく変える事は難しいような気がします。

 

そのバリアをITを使ってより低くできるように考えていく必要があるのかな。。。

 

 

 

2020.08.25

【ブログ】子供たちのイベントをどうやったら開催できるのかな? #ひとりごと

S_20200825092801

 

こんにちは。

 

れんです。

 

 

地元の自治会で毎年恒例になりつつあるハロウィンパレードがあります。

 

子供たちが仮装して近所をパレードしてハロウィンポスターを掲示しているお宅を訪問してお菓子をいただくというイベントです。

 

最後に自治会事務所に戻ってきて集まったお菓子を集まった子供たち人数分に分配して記念写真撮って終了というだけのイベントですが、毎年楽しみにしている子供達がいるのでなんとか開催してほしいイベントのひとつです。

 

 

ですが、今年はコロナの影響もあって開催するか役員会では悩んでいるみたいです。

 

 

自治会の中にはもともと子供会の活動にあまり賛同的ではない意見もあるのは分かりますが、将来この自治会に戻ってくるかどうかは子供の頃の印象は大きいような気がします。

 

子供の頃楽しかった場所なら、将来結婚して子供が出来ればこの場所で育てたいなと思うはずだし、楽しくなければその逆も有りえるのかなと。

 

 

そう考えると今の子供たちが楽しいかどうかだけじゃなくて、将来のこの場所が楽しい場所になるかどうかの選択になるような気がします。

 

 

なので、コロナの影響で例年通りの開催が難しいのだとしても子供たちの楽しい記憶に残るようなイベントが開催できないものなのかな。。。

 

なにか良い方法が見つからないかな。。。

 

 

 

 

 

 

 

2020.08.24

【ブログ】スランプってなんだ? #ひとりごと

Img_4935_20200824231501

 

こんばんは。

 

れんです。

 

 

先程まで さいとうなおき先生の動画を観ていました。

 

これ。

 

 

スランプについて解説しています。

 

 

さいとうなおき先生が動画の中で解説している4つの階段の中で言えば、たぶん、私はこの階段の一番下の段階ですね。自分で自分の実力すら認識できていないので、そもそも何が足りていないのかすら認識していません笑

 

なので、もうしばらくは「スランプ」なるものは近づいて来ないのかもしれません。

 

絵描きを再開してもう3年です。

2017年は模写ばかりやっていたのですが、このキャラクターは2018年ぐらいからちょっとづつ描き始めたオリジナルキャラですね。

67113012_p0_20200824232201

ほぼ何も見ずに描いています。たぶんこんな感じかな?とか思いながら描いた記憶があります。

 

今のところ描き始めて3年も経つのですが、未だに自分が絵描きを辞めた高校生ぐらいのレベルになっていないように感じています。

 

あの頃に戻って再スタートしたいと思っているので、そのレベルにならなければ本当に再スタートできていない気がしています。

 

 

という感じなのでスタートしていない人はスランプすらなりえないという状況です。

 

将来、もうすこし自分で自分のキャラクターが描けるようになればスランプも経験できれば良いのですが。。。

 

先出のキャラクターを1年後の2019年ぐらいに描いたキャラクターがこちらですね。最初ののっぺりした感じから少しだけ丸みが出てきて少しは生物らしくなった感じのキャラクターだと思います。

75947587_p0

【ブログ】ラジオトーク再開してみるか。 #ラジオトーク #ひとりごと

S_20200824105901

こんにちは。

 

れんです。

 

 

2年程前に試してみたラジオトークというサービスがあります。

 

試しに登録して公開してみたのですが、30回ぐらい公開していったんおやすみしていました。

 

最後にアップしたのがこちらですね。

 

 

その後、何度か再開してみようかと思ったのですが、なかなか再開することができませんでした。

 

 

再開したとしてもどれぐらい続けられるのか分からないのですが、気楽に続けていけたらいいなと。。。

 

 

【ブログ】心の奥底になにか隠れているのかな。。。 #ひとりごと

S_20200824105901

 

こんにちは。

 

れんです。

 

 

この週末は精神的にキツかったです。

 

意味もわからずイライラしたりしていて家族にも嫌な思いをさせてしまったと思います。

 

 

普段は嬉しくて高揚することはあまり無いのですが、沈む時はぐぐっとなにかに押し込まれるような感覚があったりします。

以前に比べればだいぶ少なくなりましたけどね。

 

そんな時はできるだけ静かにしている方が良いのですが、そうも行かない場合に自分でも制御出来ない場合があったりします。

 

 

過去の「 絵描きを続けたかった 」という気持ちを見つけ出してそれを再開出来た事は自分に取ってとても大切な発見でした。

 

でも、これ以外にもなにか心の奥底に自分でも気がついていない気持ちが眠っているのかもいしれません。

 

 

いつか見つかるといいな。。。。

 

 

 

2020.08.22

【ブログ】さいとうなおき先生とコラボしてくれたら楽しいだろうな #ひとりごと

Img_4931

 

こんにちは。

 

れんです。

 

先のブログでさいとうなおき先生の事を書いたのですが、私がよく観る絵描きさんの動画チャンネルのひとつにROSS先生の動画あります。

 

 

 

英語圏のユーチューバーの方なので、ほぼ言っている事は理解出来ていないのですが、それでも絵のクオリティーもさることながらその絵を描く工程の動画が観ていてとてもめちゃくちゃ楽しそうです。。っていう観ていて楽しいです。

 

クオリティー的には全然追いつける気はしませんが、その「絵を描くことの楽しさ」はどうしても真似したい先生です。

 

 

絵描きするって楽しいよっていくら口で説明してもなかなか伝わらないけど、ROSS先生の動画を観ただけで言葉が分からなくても十分理解できるのではないかと思います。

 

10年後、「あの時絵描きを再開してよかった」って思えるような場所にたどり着いていたらどんなに楽しいだろうな。。。。

 

どうしてもたどり着きたいな。。。

 

 

そして、「さいとうなおき先生」と「ROSS先生」がいつかユーチューブで共演してさいとうなおき先生が世界へ、ROSS先生がもっと日本でこれからの絵描きさんたちに触れ合うきっかけになってくれたらもっともっと楽しいクリエイティブな経験をする子供達がこの日本でも増えていくような気がします。

 

もっともっと自由に表現していっていいんだよって。

 

 

タイムマシンが存在するなら30年前の自分にふたりの先生方の動画を観せてあげないと強く思う。。。

 

 

 

S_20200813112301_20200822094601

【ブログ】絵を描きたくない人は観ないほうがいいかも #ひとりごと。

Img_4935

 

こんにちは。

 

れんです。

 

最近、やっと自分のペースで絵描きができるようになってきました。

 

特に本格的に勉強を始めたわけではないので、なかなか進歩がないような気もしますけどね。

 

 

 

ただ、今の世の中ほんとに良いタイミングだと思っています。

 

 

ユーチューブを始めネットの中に探せば30年ほど前なら確実に有料級のコンテンツだっただろう内容のコンテンツが無料でたくさん公開されていますかね。

 

 

それを見ることでどんどん進化することができる世の中だと思います。

 

 

絵描きを始めるとそれまでおもしろ動画やゲーム実況動画ばかり観ていた履歴が自然と絵描きに関係するような動画が中心になっていきました。

 

 

その中で私の好きな動画ちゃんねるは、さいとうなおき先生 の動画です。

 

 

 

さいとうなおき先生の動画の良いところは、絵描きするときのコツや工夫の解説している動画ももちろんなのですが、その他SNSとの付き合い方とか絵描きしていると感じてしまう他の絵師さんにたいする嫉妬や、アンチとの距離感などおよそ、今のそしてこれからの絵を描い続けていくなかで出会うだろういろいろな問題にまでご自身の経験をもとに動画を配信されているところです。

 

そして、一番関心してしまう点でもあり、自分の普段の行動に絶対に取り入れたいのが、すべてにおいてのポジティブ思考なコメントです。

 

普通の人なら必ず「欠点」に目が行きがちです。

 

良い点は言わなくてもいいけど、悪い点は指摘して直してあげようと思ってしまいます。

 

これって普段、仕事しているときもそんな気持ちになったります。

 

 

でも、それでは人って育たないとお思います。

 

 

もちろん欠点を指摘された方が自分の癖を改善できるから指摘してほしいと思ったりもしますけど、それってその場ではわかった感覚になって修正しようと思うけど、長期的に観て次の発展に結びつくのは少ないような気がします。

 

 

人ってやっぱり「褒められたい」っていう気持ちがありますよね。

 

ほんと、ほめられてなんぼの世界だと思います。

 

褒められれば、次ももっと頑張ろう!ってなります

 

欠点をしてきされると、それを直したとしても次から欠点を指摘されないようにしようって消極的な思考になりがりです。

 

 

欠点はあって当然なんだと思います。

 

それを繰り返していく中で自分なりの正解を見つけることができます。

 

 

消極的になった結果、実行することが少なくなって行動できなくなってしまったら失敗はしないかもしれないけど成功もできないような気がします。

 

 

さいとうなおき先生の動画が公開されたおかげで今後多くの素敵な絵を描く絵師さんが増えていくと思います。

 

 

私も、将来観てくれて人が「ほっこりしますね」って言ってもらえるような可愛い絵が描けるようになって、「さいとうなおき先生のおかげです」って言える日がくるといいな。。。

 

 

S_20200813112301_20200822094601

2020.08.21

【ブログ】オンライン会議室にDiscordは使えるのかな? #ひとりごと

S_20200813112301

 

こんにちは。

 

 

れんです。

 

 

今日は、仕事の上でチーム感をだすにはどうしたらいいのかな~って話です。

 

特に、これ!!という答えが書いている訳ではないので、答えを求めている方はスルーしてくださいww

 

 

で、とりあえず、最近始めたのは、ライングループです。

 

これってごく普通にどうしようか?って思った瞬間に作ってみました。

 

 

ふむふむ。

 

これってすごく便利です。この気軽さはすごいと思います。

 

 

ただ、使っていくうちにちょっと物足りなさを感じてきます。

 

 

ふだん、PCの画面を見ながら仕事している事がほとんどで、スマホを見ている時間は限られています。

家族や趣味の範囲内だと問題ないと思うのですが、仕事となるとちょっと不便です。

 

完全にキーボードで書いた方が早い文章もフリック入力となるとちょっと時間がかかるし、入力している姿がゲームしているようでちょっと気が引けます(;・∀・)

 

 

できれば、パソコン版もあるツールが良いのですが、昔なら「サイボウズライブ」という無料のグループウェアサービスもあったのですが、今ではサービス終了してしまっているしね。(サイボウズライブって今の世の中のニーズにマッチしていると思うのですけどね。。。)

 

 

他のサービスでいろいろ探してみると、最近はチャットサービスがいろいろあるみたいですね。

 

多分、ビジネス向けだと「チャットワーク」とかが有名なのかな?

 

利用者が多いという部分では安心感もあるのですが、基本有料サービスですね。パーソナルプランで400円/月 かかります。

 

Photo_20200813153201

 

で、息子に教えてもらったのがこのDiscord というサービス。

 

いろいろ出来て無料プランだけでもとりあえずは問題なさそうですね。

 

もともとゲームチャット用がメインとしていたみたいなんですけど、仕事用に考えても 便利かもしれません。

 

メールだといちいち件名とか管理しないといけないし、社内と社外のメールが混在してメーラの中がいろいろ大変な状態です。

 

 

このチャットアプリから今後はどんどんパーソナル化してもっともっと手軽にやりとりできるようになるといいのですが。。。

 

 

【ブログ】問題はどこにあるのか。。。

S_20200813112301

 

こんにちは。

 

れんです。

 

人間、生きているといろいろな問題が出てきます。

 

小さな問題から大きな問題まで、いろいろです。

 

最近、見始めたテレビドラマ「JINー仁ー」で聞いたセリフが的をとても印象的で頭に残っています。

 

「 神は乗り越えられる試練しか与えない 」

これまで「もう、終わりだな。」「これで最後だな」と思った事もあり、自分の中では一歩手前まで行ったような気はしますが、乗り越えてきたから今に至るのだと思います。

 

正直、どうやって乗り越えて来たのかわかりません。

 

 

2020.08.20

【ブログ】「やらないといけない事」ばかりやっていると「やりたい事」がなくなってくるという話 #ひとりごと

Img_4928

 

こんにちは。

 

れんです。

 

 

「やらなきゃいけない事」ばかりやっていると「やりたい事」がなくなってくるって さいとうなおき先生がツイッターで言っていたようなきがするのですが。。。(間違っていたらごめんなさい)

 

これって本当にそんな気がします。

 

 

 

私自身が、高校卒業して仕事就いてから、つい最近までの30年ぐらいの間、基本的に「やらなきゃいけない事」を1番にやってきたような気がします。

 

「やらなきゃいけない事」というのは、仕事とか生活とかいう部分ではなくて、本来ならやってもやらなくてもいい事の意味です。

 

 

例えば。。。

 

「大人だから落ち着かなければいけない」とか。

 

「お父さんだから好き勝手してはいけない」とかね。

 

 

もちろん法律的や人道的にやってはいけない事をやってみたいというはダメダメですけど、それ以外でまわりに迷惑をかけるような事でなければ積極的にやって良いと思います。

 

 

もし正解があるとしたら、本来は、

 

「大人だからやってみる」だし、「お父さんだからやってみる!」が正解なんだと思う。

 

やってみた結果、失敗したり経験した事は家族や子供たちに教えてあげれば良いこと。いわゆる反面教師って事です。

 

「こうしなくちゃいけない」ってまずほとんどだれからも言われません。

 

そう言っているのは、自分自身だったりします。

 

 

本当の敵は、まわりのだれでもなくて自分自身だと思います。

 

 

よく、まわりに責任転嫁する人がいますが、おそらく自分自身と向き合う事ができなくて、隠れた自分に飲み込まれてしまった人なのかもしれないと思います。責任転嫁するのは楽だしちょっとだけ気持ち良いと感じてしまっているのかなと。

 

なので、本当に好きな事をしている人は、まわりに責任転嫁などしないし、言い訳もしません。ただただ前のめりに前進していると思います。

 

 

 

自分の好きな事をやり始めるといろいろ自分にとって良い効果が現れます。

 

それは、まわりのマイナスオーラに引き込まれにくくなります。(全体ではないですけどねw)

 

不利な状況だったとしても、その中から1点でもプラスのポイント見つけ出せるようになるみたいです。

 

これは、自分でも不思議な感覚だったりします。

 

 

最近は、自分の「やりたい事」を判断基準の1番目に持ってくるようにしています。 仕事や家庭の事などなんでも。

 

 

 

2020.08.19

【ブログ】人生楽しく過ごした方が絶対良いと思うのですがどうだろうか? #ひとりごと

S_20200819092501

こんんちは。

 

れんです。

 

 

人生あともう少しで半世紀です。

 

ここまで過ごしてくると、人生って「勝手でも苦労しろ」とか聞いた事がありますが、どうせ苦労するなら「好きなこと」して苦労したほうが何倍も自分にとって有意義だと思えるようになりました。

 

自分の中で今でも力になっているのは、過去に好きで頑張って得た知識や経験だったりますから。

 

どのみち苦労するのなら断然「好きなこと」をして苦労した方が良いと思います。

 

 

 

簡単に言えば、他人から「●●バカ」と言われるぐらいに、前のめりになって取り組める事を見つけて本当に倒れるぐらいに前のめりになって突き進むことをおすすめします。

 

その「●●バカ」になる事を見つけるチャンスだった中学~高校時代に冷めてしまっていて今考えると目の前に現れていたような気がするのですが、その事に気がつくことができませんでした。

 

 

 

2020.08.16

【ブログ】もっともっと絵描きを楽しみたい!! #ひとりごと

S_20200814093601_20200816181801

 

こんにちは。

 

れんです。

 

今日は、2年ほど前に描いた絵をリテイクしてみました。

 

 

Img_4906

リテイクするもとの絵はこちらです。

 

2018年だから今から約2年ほど前ですね。ちょうどオリジナル絵を描き始めたぐらいに描いたものですね。

いろいろな絵柄を練習している途中に描いてみた絵です。

 

描いている時は違和感に気が付かなったのですが、今見ると首が長くなっているのと左右の目の大きさのバランスが崩れていますね。多分、この時はあまり左右反転してバランスを確認するという作業をやっていないですね。

 

あと、頭や顔から描き始めて行き、それから首へ行って体という感じになるので、どうしても頭と体のバランスが合わなくて首が長くなっていしまう癖があるのもこの後ぐらいから気が付き始めた頃ですね。

 

 

で、とりあえず頭と首を調整してみようと思って描いてみました。

 

<今回の修正   2018年の作画>

Img_4907 Img_4906

左右を反転してバランスを確認しながら調整してみました。

 

すでに色塗りまでしていて画像を結合していたので、厚塗りの要領で補正することにしました。

 

2年間描いて来てちょっとはバランス調整ができるようになってきたのと、絵の仕上げの雰囲気がだいぶ違っていますね。当初は、顔の部分のリテイクだけしてみようと思っていたのですが、頭部を修正するとやっぱり気になりますね。首から下もね。

 

どこまで修正できるのか分からないけどこれも練習だと思ってチャレンジしてみました。

 

で、なんとか影も付けて描いてみたのがこちら。。。

Img_4919

 

全体のポーズはほとんど変更していないのですが、手の配置や色塗りのタッチをすこし修正してみました。

 

描いている時は、2018年当時に描いていた時の自分の感覚が重なってくるのがわかりました。

 

過去の自分にダメ出しをしているというよりも2年前の自分と一緒にふたりであれこれ考えながら描き直していたような感覚ですね。描いていてけっこう面白かったです。

 

また、数年後に同じ絵をリテイクしてみたいですね。

 

 

今度は、三人で絵描きをしてみるような感覚になるかな?

 

 

2020.08.14

【ブログ】問題解決するには本質を見極める必要があるのかもしれません。 #ひとりごと

S_20200814093601

 

こんにちは。

 

 

れんです。

 

 

目の前に問題が発生したときにすぐに問題に反応して対応してしまいます。

 

 

この対応でスムーズに解決する問題も多いのですが、中にはモグラたたきのようにあとからあとから問題が発生してしまう場合もあります。

 

 

これってどうしてだろう?と考えた場合もともと問題が別にあったという事があります。

 

 

わかりやすく例えるなら、自宅のトイレや蛇口から水漏れが発生した場合、普通にその部分を直します。

 

でも、壊れた問題あもともとの水圧が過剰にあげられていたとしたら、交換してすぐは持ちますがいずれ、また同じように蛇口は壊れます。

 

これを目先の蛇口が不良だったと判断したり、取り付け方が悪かったと判断してしまうといつまでも同じトラブルが発生します。

 

 

すこし引いた目をもつと同じ周囲の建物で同じようなトラブルが発生している事が確認できれば、それは個別のトラブルではなくて水道管の本管に問題があるかもしれないと気がつくはずです。

 

 

このように、目に見えるトラブルは、それだけが問題では無いかもしれないという事を考えながら解決策を考えると早く解決する道が見えるかもしれません。

 

 

 

2020.08.12

【ブログ】今後、どのような流れになるのだろうか。。。 #ひとりごと

S_20200811095301

 

こんにちは。

 

れんです。

 

連休もあけて県内の学校の短い短い夏休みもあけて また、暑い日が戻ってきますね。


例年ならまだまだ夏休みが続いていろいろなイベントが続く期間ですけど、今年はそんな感じではないですね。

参加予定だった同人イベントも延期になってしまいましたが、それもちゃんと延期して開催できるのか分からない状況です。

 

ニュースを見ていると「人が集まる場所」は、世の中の自粛要請の影響を大きく受けて年明けから逆風の中を進むような形になってしまっています。

直接、人の集まる場所ではない事案でも、結果的に影響を受けていると思います。

 

 

【今後、世の中の考え方はどう変わっていくのだろうか?】

 

 

去年ぐらいからは、物を消費する時代から体験を求める時代にシフトしていくと言われていました。

が、今年になってから様相が変わってきました。

 

体験することも出来ず、消費する事もままならないような時代になってしました。

 

物を消費することも出来なくて、その場所に行って体験することができないとしたら後は何が残るでしょうか?

 

 

【なにかを作ること】

 

人間はもともと「なにかを作りたい」という欲求があるのだと思います。

 

だからこそこれまでいろいろな技術を作り出してきたはずです。だからこそ、これまでいろいろな科学や芸術、文化を作ってきました。

 

 

コロナ禍の中で自粛自粛で外に出られなくて欲求が溜まっていると思います。

 

本来ならいろいろな物や体験を消費してその欲求を満たしていたのですが、これからその代わりになるものを見つけていくはずです。

 

 

人によっては読書したり動画みたり食べたり寝たりすると思うのですが、その中でも周りに承認されたいという承認欲求を満たしてくれる活動が多くなっていくような気がします。

 

わかりやすいのは、動画配信です。

 

ただ、今は動画配信そのものが「目的」になっているような気がするのですが、動画配信は本来「手段」でしかありません。

 

動画配信することで何を発信して何を得たいのかを自分自身で確認して配信できれば、ファンが付いてその後のいろいろな展開につながっていくのかなと思います。

 

 

 

 

2020.08.09

【ブログ】クリエイトしている時間が一番楽しい!! #ひとりごと #創作

S_20200807162701_20200809152201

 

こんにちは。

 

れんです。

 

自分が一番好きな時間は「クリエイト」(創作)している時間が一番スキです。

 

上手い下手は置いておいてね。

 

 

2017年ぐらいから絵描きを何十年ぶりに再開して作詞したり編曲したりとほんといろいろな「クリエイト」な事ができるようになって本当にとても楽しいです。

 

メインで活動しているのは、イラストを描くことです。

 

最近はこんな感じの絵が描けるようになってきました。

Img_6649

Img_6648

2年前に比べるとやっと脳内と指とペン先が繋がってきているような気がします。

 

将来はもっといろいろな絵を描けるようになりたいのですが、今の処はどうしても「かわいい」をちゃんと描けるようになることが一番の目標なので、それが落ち着くまではこんな感じの絵が続くでしょうね。

 

ツイッターをやっているとこれでもかというぐらいとても「かわいい」「かっこいい」絵にたくさん出会う事ができるので、いくら描いても描いてもモチベーションがキープできるので今の時代に絵描きが再開できた事は良かったと思います。

 

 

 

 

2020.08.07

【ブログ】お腹は空かない、脳が空くという経験。 #ひとりごと

S_20200807162701

 

こんにちは。

 

れんです。

 

 

毎日夕方になるとお腹が空いてくるのは不思議ですね。

 

朝も食べてお昼も食べているのにやっぱり夕方になるのお腹が空いてきていまいます。

 

あまりに空き過ぎるとコンビニの誘惑に負けてしまうことも。。。ww

 

 

今では、そんな事はないのですが、インターネットが日本で普及し始めた95年~98年ぐらいの3年間にこんな経験したことを覚えています。

 

「 脳が空く 」

 

これは、正しく何日も断食した後に水や食べ物が「欲しくてほしくてたまならい!!」という感覚に近かったと思います。

 

 

毎日、仕事帰りに書店に寄ってインターネット関連やPC関連、SOHO関連の雑誌や書籍を読みまくって買いまくっていました。そう言えば、今ではだれもSOHOって言わないですね。たしかスモールオフィス、ホームオフィスの略でその名の通り小さな事務所、自宅の事務所になるので、今風に言えば「フリーランス」の事ですね。月刊SOHOって雑誌もあったぐらいですから。

 

買ってきた雑誌を買ってきて片手に読みながらパソコン通信のニフティサーブ(現ニフティ)のログ巡回したりインターネットを見に行ったりしていましたね。

 

いくらでも新しい情報がほしくてほしくてたまらず、独身でひとりぐらしだった事もあってそんな状態を2~3年ほど続けていました。

 

その時はそれが当たり前だったのでなにも不思議には思わなかったのですが、あとから振り返ると完全に情報飢餓状態とも言えるような、情報ゾンビが新しい情報を追いかけるようなそんな感じだったのかなと思います。

 

 

今でもインターネットはほぼ毎日接続していますが、以前のような何でもかんでも収集するという事はしなくなりました。

 

それは、ひとりで追いかける事ができるほどの情報量ではなくなったというと、インターネットの新しいサービスや情報にそれほど価値を感じなくなっているのかもしれません。

 

所詮は、インターネットやパソコンは道具でしかないという事に気がついたような気がします。

 

新しい道具は確かに魅力的だったりしますが、それは、あくまで自分の夢や目標を達成するための手段であり道具でしかないという事。

 

手段を目的だと勘違いしていた当時の私に今繋がる事ができるとしたらその事だけは伝えてあげたいと思います。

 

 

 

【ブログ】インプットとアウトプットと共有 #ひとりごと

S_20200717114401

こんにちは。

 

れんです。

 

最近はだらだらとユーチューブやテレビをながら観してしまっていますね。

 

これって、情報が目や耳から入ってそのまま脳に入ったようにみえるけど、実際そのほとんどが雨に打たれた絵の具のようにきれいさっぱり消えてしまっている事がほとんどです。

 

 

■インプットってなんだろう?

 

人間って寝ている時以外は、インプットかアウトプットのどちらかを選択していると思います。まあ、厳密には寝ている時も脳は働いていて昼間の記憶の整理をしているらしいのでそれはそれでインプットになるのかもしれませんけど。

 

 

映画マトリックスや攻殻機動隊のように一瞬で脳内にデータをインプット出来たら超便利なんだけどな。

 

今の人間の脳だと五感をフル活用して情報から自発的に情報を取りに行かないとぜんぜんインプットできませんね。

 

 

子供の頃は、テレビが大好きでずっとテレビを見ていた記憶があります。高校卒業して就職するころ二十歳ぐらいまでは、ほぼテレビオンリーでした。就職後、仕事関係の情報収集するために建築系の専門誌を買ったり、そのころ始めたパソコン関係の専門誌を買って読んでいました。

 

私の場合、いろいろな新しい情報を得る事が「インプット」でした。

 

大人になっていろいろな人に触れ合う機会が増えるとさらにインプット量が増えて行きました。

 

 

■アウトプットってなんだろう?

 

「 アウトプット 」=出力です。

 

いろいろな情報に触れる機会が多くなると得られる情報も次第に増えて行きました。

 

その情報が新しい情報であればあるほど、周りの方が知らない情報であればあるほどその情報を周りの人に教えたくなりました。

 

当時は、インターネット・バブルとも言える状況で各種雑誌が発刊されいろいろなテレビ番組でもどうやったらインターネットに接続できるのかというような入門番組も多くありました。

 

建築関係の仕事をしていたのでJWCADという名前のフリーソフトウェアをほぼ毎日利用していた為、そのソフトの情報中心に集めていくと同時にWEBサイトの作成やメールの仕組みなどを説明された専門書を買いあさり勉強することが多かったです。

 

いろいろな情報を知るとそれを持って各種勉強会と称する集まりに参加して知り得た情報をどんどんアウトプットしていきました。ほぼ毎週のように新しい情報が溢れていく中で情報を集める為に書店で販売されているパソコン関連雑誌(月刊誌・週刊誌)をほぼすべて購読していたほどです。

 

今、考えるといかにインターネットに溢れた情報をインターネットだけで集めるのが困難だったのかが分かりますね。

 

当時、知り合いになった方を中心にメルマガも発行していました。普段の仕事が忙しくなってしまった為、1年も続きませんでしけど。

 

 

■大切なのはシェア(共有)するという事

 

いろいろな情報が錯綜する現在のインターネットの中で真実を見極めるには結局は自分で判断するしかありません。

 

インターネットメディアをはじめ、各マスコミも結局は伝える側のバイアスや思惑が一種のフィルターのように重なって見えてしまう場合がほとんどです。事実を事実のまま伝える事はとても難しくまたそれを見極めるのかなりの技術が必要だと思います。

 

SNSが普及した今ではインターネットやマスコミでどんなに良いことばかり発信していても、実際にその場所に触れる個人がSNSを通して現場の情報を発信して、あっという間にネットに広がります。

 

ただし、SNSの進化と普及は諸刃の剣です。SNSが発信する情報は正義の剣に成り得るが、逆に悪意ある剣にも成り得るという事だと思います。

 

 

【ブログ】いつまでも変化していけたら面白い!! #ひとりごと #イラスト

Img_4850_20200806124701

 

こんにちは。

 

れんです。

 

イラストを毎日描いていますが、ちゃんとイラストの勉強をしているわけではないのでなかなかレベルアップしている感覚がないですね。

 

まあ、それでも描くことが嫌にならず、好きな時に好きな絵を描けるというのは良いことなのかもしれません。

 

 

2年前の描き始めたころはこんな感じの絵を描いていました。

 

67113012_p0_master1200

 

この絵の表現も有りだと思うのですが、のっぺりとした平面的な感じですね。

この頃は、絵を描くことを数十年ぶりに再開してすぐのころです。

 

それまで絵を描くことは過去の思い出でしかなく、「あのころ部屋でこんな絵を描いたな」とか、「教室で描いていたな」という感じです。記憶はあっても「 絵を描く 」はしませんでした。

 

絵を描く事を再開してからはしばらくは模写ばかりしていました。

 

目の前に正解があってそれを模写するのはそこまで苦労はありませんでしたので、数十年ぶりに再開しても、描くことができると勘違いすることになります。

 

模写することは悪いことではないと思うのですが、自分の技術向上として考えながら模写しなければスキルアップにはつながりません。

 

2018年の11月と12月は、描いた絵をピクシブ等にアップすることをやめました。

 

 

その時から、模写ではなくオリジナルを描く事にシフトしました。

ただ、オリジナルの絵を描くというのはめちゃくちゃ大変です。お手本にする絵を目の前にないので、0から1をつくりださないといけません。

 

72541906_p0

72570996_p0_master1200_20200807123801

このころの絵はこんな感じです。

 

今見たら今描いている絵柄に近い感じはするので描きたかった絵はこんな感じなんだと思います。

 

ただ、その後いろいろ絵柄がぶれまくります笑

72800902_p0

こんな感じや

72910675_p0

こんな感じです。

 

それでも、なんとか絵の中に物語性を持たせたくて描いたのはこれ。

72919657_p0

最初に「 こんな話のこんな場面で・・・ 」と考えてから描いてみたのは生まれて初めてだったかもしれません。

 

 

その後もいろいろ描いて行きました。

 

ほぼ、毎日1枚は描くようになりました。お昼休みに10分~20分ぐらいの時間制限で描き続けました。。。。

 

 

描き続けて2年ほどして今はこんな感じの絵になってきました。

 

83461190_p0_master1200

Img_4874

 

2年前に、初めてオリジナルを描いた絵に近いような気がします。

 

以前に比べて線が柔らかく描けるようになっていたり色を付けたりできているので少しづつは成長しているような気がします。

 

ツイッターなどで、過去と現在のビフォーアフターの絵柄を投稿されている方とくらべると、私の2年間を数日で追い越しているだろうその成長スピードの速さに驚かされてます。

 

以前なら、確実にそんな絵を観てしまったら「ああ、自分はだめだな。。。もう絵を描くのやめようかな。。。」となっていたと思うのですが、今では、「やばい。描くってこんなに成長できるものなのか!めちゃわくわくする!!」とまるでドラゴンボールの悟空が強い敵にあった時の気持ちのように「ワクワク」しかでてきません。

 

これからも死ぬまでずっといろいろな絵を描いていくことが今の私の小さな目標です。。。。

 

 

【ブログ】学校やイベントの未来はどうなるのかな?。。。 #ひとりごと

S_20200804111301

 

こんにちは。

 

れんです。

 

世の中 コロナコロナで自粛自粛ですね。

 

学校は休校になるし飲食店は休業せざる得ない状況が続いています。

 

今回のコロナ騒動は台風のような一過性のものではないので現状に対する早めの対応と長期化を見据えての対応の両方を考えないといけないのが大きな問題になっていますね。

 

学校や職場でもオンライン会議システムを利用した非対面でも対応できるように実施又はその準備がすすめられています。

 

飲食店でもオンラインを使った注文やレシピを公開して自宅でも調理できるように食材を配送したり動画で調理風景を配信していたりします。

 

これらは今までも技術的に出来たことなので、新しい技術を考えだした訳ではありません。「考えて考えて工夫する」という考えができる所と出来ないところとの差がでているのかもしれません。

 

 

 

【オンライン化の問題点は?】

 

既存のサービスとシステムを利用たオンライン化対応は現状では「正解」のひとつだと思います。それでも、一番有効な「正解」では、ないのかな?と思っています。

 

学校や各種イベントオンラインが進められていますが、セミナーなどは登壇している人を観るだけなのでTEDなどを画面で観ているような感じと変わらないと思います。

 

問題になるとすれば、リアルでは当たり前だった「 ぶらぶらと観て回る 」という事が現在のビデオ会議システムでは対応が難しい事。

 

イベント会場に出向いて会に参加する場合、いろいろな情報を得ると同時に、予想していなかった情報に巡り合うというようなポイントも重要だと思います。

 

オンライン上にイベント会場を模したウェブサイトがあったとして、お目当てのページがどこにあるのか事前にその情報の名前や特徴を知っていれば検索すれば見つける事がですます。事前に招待メールなどをもらった場合は、URLをたどって直接そのページにジャンプしてしまいます。

 

想像すらしていなかった情報の中に自分にとって有益が情報があったとしても検索することすら出来ないので検索の中から出会う事なないと思います。

 

その他、体を使ったスポーツや自然の中で体験するようなキャンプなどは、完全にオンリアンでは難しいものはたくさんあります。オンラインの問題点はオンラインとオフラインの垣根をいかに低くしていけるか、もしくは、どうやって融合出来るかが今後のカギになるような気がします。

 

もっともっと「オンライン」は進化する必要があると思いますし、進化できると思います。

 

【オンライン化のメリットは?】

 

オンライン化のメリットってなんだろうか?

 

現状では、非対面 が最大メリットだと思います。

 

でも、それ以上にいろいろなメリットがあるような気がします。

 

 

教育分野に関しては、いままで距離の制限があった方でも教育の機会が得られるのかなと。または、距離は近くても病気や身体的な都合で学校に通う事ができない場合でもオンラインなら寝ている状態でも受講が可能になるはずです。

 

医療分野では受付から診察までならオンラインでも可能です。問題になるとすれば患者さんの体温や心拍数、血圧などバイタルサイン情報を得る事が今はできませんが、オンライン化が進むのと合わせてその他周辺機器として急速に普及すると思います。

それができれば、わざわざ遠くの病院まで患者が移動するのではなく、医者の方から患者へアプローチすることが可能になると思います。

 

 

オンライン化のメリットの共通する特徴は、「 場所 」に囚われない!という事だと思います。

 

 

人類は物理的な体があることで、その3次元的空間がどうしても必要です。オンライン化が進んでもそれは場所と場所をつなぐ部分だけが電気信号に変わって遠く離れた空間を結ぶだけになっています。

 

今回のコロナをきっかけにオンライン化の恩恵を知った人類は将来、体の中にある 心 と 心 をつなぐオンライン化を試みると思います。それが実現した時は、体や見た目の違いで起こる差別などの問題は解消されるような気がします。心には色も形もありませんから。

 

 

そんなオンラインが実現するのはおそらくあと50年ぐらいあとの話なのかもしれませんね。

 

 

近い将来は、オンラインとオフラインの中間に位置するバーチャルラインが登場してくるかな。。。。。

 

 

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

Twitter

  • Twitter
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

google