お勧めをご紹介

Google+1

  • g

PR3

気になるサイト

  • pixivページ
    私の過去作格納庫です。30年前の作品ごアップしたのをキッカケに日々の創作物をアップしています。
  • キミイロミノル(キロル)
    おでライ沖縄に参加する活動を中心に創作活動するメンバーが集まってゆる~く活動するサークルのページです。私も参加していますww
  • ren-net for Hobby
    息子(10歳)とレゴブロック、ミニ四駆、プラモデル、仮面ライダーウィザードを楽しむアラフォーパパのブログ。楽しんで行こう!!
  • 沖縄で明るい自宅を建てる ren_net for Design
    建築士が自宅の建設を進める様子を書いたブログ。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の13件の記事

2020.05.27

情報共有が大事

Photo_20200526095101

こんにちは。

 

れんです。

 

 

私は、多くの物が繋がり物事を進めていくには、「情報共有」がもっとも重要だと思います。

 

 

わかりやすく説明するとしたら、人が歩いて道を歩くことで説明できると思います。

 

人が前に進もうと思った場合、脳で全身しようと考え目で見て耳で聞いて周りの状況を判断します。

 

その後、全身の肌で気温を感じ足裏で大地の状況を読み取ります。

 

それらの情報を伝達して前に進みます。

 

前方に障害物があったり道がぬかるんでいると情報が伝達されれば、それらを回避したりぬかるみでも転倒しないように全身の筋肉に伝達してバランスを取って全身していきます。

 

 

これらを動きを人間は当たり前のようにいちいちどこからの連絡がないとか別々の行動をしたりとかする事なく進むことができます。

 

 

ビジネスを前進させて行くには、これと同じようにすべての情報が滞りなく伝達されることが重要だと思います。

 

ビジネスの場合、人間のそれとは違い情報を伝達するひとりひとりが意思を持っています。

 

それは、目の前の情報を「伝達すのか、しないのか」「だれに伝達するか」など選択するアクションが発生します。

 

その選択そのものは問題ないのですが、なにが重要でなにが重要でないかをひとりひとりに任せるとその判断が曖昧になります。

 

 

人間の判断は経験から学ぶしかないと思います。

 

 

コンピュータのような仕組みが身体にあれば、プログラムをダウンロードしていけば良い事になるのですが、残念ながら今の人間にはその仕組はありません。

 

よりビジネスを効率よく進めていくには「情報共有を経験する」事が大切なような気がします。

 

 

 

これからテレワークが進みリアルでのつながりが希薄になる場面が多くなると思います。

 

 

そうなれば今以上に「情報共有」が大切になるのかなと。

 

 

少しづづ前に進む。。。

Photo_20200527090401

こんにちは。

 

れんです。

 

 

コロナ前と後で目に見えない変化が起きていますね。

 

 

それまでも、リアルとオンラインの選択があり一部の人だけがオンラインを利用するという感じだったのですが、コロナ後は、オンラインが当たり前になりつつ、リアルも可能だという感じに変化してくように思います。

 

 

ビジネス分野ではそれまで会社に出社してから仕事する事が「出勤するのがあたりまえ」だったものから、自宅待機を実施したあとは、「テレワークがあたりまえ」へとシフトしていくと思います。

 

中小企業などの小規模ビジネスの場合は、すぐに変化しくのは難しいと思うのですが、大企業でのテレワーク化の流れは加速していくと思います。

 

一部の大企業では在宅勤務が常勤とすると発表されているところもあります。

 

 

 

本社機能の縮小化とテレワーク化が進んでいくとどうなるのだろうか?

 

おそらく、各地の支店でも同様にテレワーク化が導入されていくと考えるとそれまでオフィス需要を見込んでいた業種に変化があるだろうか?

直接影響がありそうなのは、不動産分野だけど、それに付随する産業も影響が出てくるかな。

 

逆に特需になりそうなのは、通信インフラ産業だろうか?ビジネスフォンやインターネット回線、ネットワーク機器を扱う分野は大きな需要が見込まれるでしょうね。

 

 

さて、いずれにしても、コロナとどう付き合って、どのようにビジネスを進めていくのはいままでだれも経験していない時代が少しづつ前に進んでいくのだと思います。

 

 

スケジュールをいつでもどこでも

Photo_20200527090401

こんにちは。

 

れんです。

 

 

普段の仕事用のスケジュール管理にグーグルカレンダーを活用しています。

 

大体1週間ぐらいのスケジュールを入力しるようにしています。

 

大体、複数の仕事を同時進行していく事になるのでガンチャートで表示出来たらいいなと思うのですが、グーグルカレンダーでは表記する名前でちょっとだけ工夫しています。

 

 

それは、名前の頭に「 □ 」「 ■ 」を付けている事です。

 

 

利用の仕方は、受験などの時のマークシート風に利用しています。

 

 

例えば、作業を開始した時は。

 

□山田様 #作業中 #名刺作成

 

と表記します。

 

作業が進み、お客様へ校正をしていただいている時は。

 

□山田様 #校正中 #名刺作成

 

と表記します。

 

印刷も終わり仕上がりの連絡も終わっている時は。

 

■山田様 #納品連絡済み #名刺作成

 

と表記します。作業が完了すると「 □ 」のボックスを黒く塗りつぶすような感覚です。

 

 

グーグルカレンダーは、同じ時間帯に複数のスケジュールが入っていると表記スペースを短くしてくるので文頭の数文字しか表記しません。また、時間が過去になってしまうと淡い色に変化していくのでいろいろなスケジュールとごちゃごちゃになりがりです。

 

そこで、文頭に「 ■ 」「 □ 」を入れることでピンマークのようなアイキャッチになります。

 

「 □ 」のままだとまだ作業が完了しておらず、塗りつぶしていない事が分かります。過去になっているスケジュールの中にあると目立ちます。

 

 

それまでは、思いつくままスケジュールを書き込んでいたので終わったのかまだ終わっていないのかがカレンダーでは分からずカレンダーど実際の作業資料を見比べていました。これを見返すたびに行っていると、スケジュールを書き込む事が目的になってしまって本末転倒な感じでした。

 

 

このマークシート方式にしてからは、終わったものからスケジュールを開き「 □ 」を塗りつぶしています。

 

これは、作業が終わるたびに塗りつぶすので、子供の頃、ピアノの練習が終わる度にシールをもらったりしていたようなゲーミング的な感覚もあるので多少の達成感もあります。

 

 

 

2020.05.18

今後もコロナ対策の緊張感は続きます。。。

1111_20200518103101

 

県内で再感染となった方が確認されたようです。

 

コロナの問題はなかなか終わりが見えないですね。

 

 

 

感染者の確認された数は日々少なくなっていますが、規制を緩和した外国では再び感染拡大のニュースが出て生きていますので、外出自粛が緩和された後も日々の緊張感は持続していかないといけませんね。

 

 

2020.05.15

アフターコロナの沖縄はどこへ向かうのか。。。

Photo_20200515113901

こんにちは。れんです。

今回のコロナ禍の問題で起こった経済活動の停滞と各種学校教育の問題はとても大きな問題になっています。

 

今後、沖縄はどのようにこの問題に向かっていくべきなんだろうか。。。?

 

 

 

■大きな問題に分けると2つ?

 

Photo_20200515113901

いろいろな問題があるのですべてを理解できていないのですが、私の身近に感じる問題は、2つです。

「 経済活動の停止 」 と 「 子供たちの学校教育 」の問題だと思います。

 

 

経済活動の停止?

 

 

経済活動に関してはいろいろな部分で世界経済が繋がっています。

 

今までの食品偽造とか不正会計問題とかであれば、一部の業界だったり特定の企業の問題だけで済んでいました。

しかし、今回のコロナの問題は、「 経済活動をストップしなさい 」簡単に自分のところだけは関係ないということにならないのが今回の大きな問題だったのかなと思います。

 

生産活動はできるけど、肝心の部品の調達が出来なくなってしまい生産出来ない状態になってしまったり、イベント活動になると三密を防ぐ観点からイベントそのものが開催出来ず営業が出来なくなってしまった会社もあるようです。

 

外食産業も大きな影響を受けています。

 

店舗内で飲食を提供するレストランやカフェが営業自粛せざるえない反面、ドライブスルーやテイクアウトが出来た店舗は売上を伸ばしたりしています。

これは結果的にそのような結果になっただけかもしれないのですが、コロナに対する特効薬や予防接種が確立するまでの2~3年はこうの構図が続くのかなと思います。

 

そう考えると、今後の飲食店のあり方が大きく変わっていくきっかけになるような気がします。

 

オンラインで注文してカウンターで受け取る。

 

店内に入っても不特定多数の人が触ったメニューよりも手元にあるスマホで注文するといった使い方が一般的になるのかもしれない。

 

今までいろいろな部分がデジタル化されてきたけれど、注文時のやり取りがどうしても対面式のアナログしかありませんでした。この部分がデジタル化されていけばより効率的になりいろいろな面でプラスな要素が出てきそうです。

 

 

 

Photo_20200515113901

コロナに負けない学校

 

 

今回、全国の学校では、臨時休校の処置が取られ ほぼ2ヶ月間学校に通えない日々が続いています。

 

 

世界的にみてもほとんどの国では休校の対応を取っているようですが、一部の国ではオンラインでの対応が出来ているところもあったようです。

 

 

外国のある国では以前からインフルエンザが流行した時の為にオンラインでの授業が出来るように準備していた国があるようです。

その国では、今回のコロナによる影響でも休校とせずスムーズにオンライン授業を開始して子供たちへのフォローをしていたといいます。

 

これは、今までインフルエンザが流行した時に一過性のものと考えてその場しのぎの休校しか選択肢として準備してこなかった国と子供たちの学ぶ機会をいかにして持続させていく事が重要なのかを考えていた国との格差として今回大きな結果になったような気がします。

 

 

日本が本気でプログラミング教育を進めていくつもりがあれば、大人たちが課題克服の為にいろいろな問題をIT技術を駆使して解消し乗り越えていく事が本当の意味でのデジタル教育になるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

■目指すゴールはどんな形なのか?

 

Photo_20200515113901

コロナなどの感染病流行拡大するような時にゆるぎにくい営業活動ってなんだろうか?

 

営業活動に関しての目指すゴールってどこなんだろうか?

 

 

コロナ以降の世界の営業活動はいままでのそれとは異なる世界になっているはずです。

 

今回発生した問題点を速やかに洗い出して何が問題でどう対応を準備しておくべきだったのかを検討し今後へ備える必要があります。

 

 

教育活動については先進国としての対応が迫られていると思います。

 

学校が目標にするべき姿は、1人1台のPCを揃えたりITの仕組みを教える場所になる事ではなくて、ITを道具として活用して学校生活が円滑に滞りなく進めていく事だと思います。

 

 

今の世の中が、インターネットやPCが無い時代であれば、休校しか選択肢は無かったと思います。

 

けれど、今はインターネットやPC、スマホが手軽に利用できる時代です。

 

今後の学校に求めたいのは、いろいろな素質をもった子供たちがいろいろな方法で学習する場所を準備していあげることだと思います。

 

 

リアルに学校に行けなくても学習する機会を与えられないのは子供たちの学習する権利を阻害しています。

 

オンライン学習という方法が取れるのにそれを実行していかないのは、学習させる義務のある大人の責任だとおもいます。

 

 

 

2020.05.14

自分の好きなことで周りを楽しくしたい

Img_4568

 

絵を描き始めて自分の中である思いが出てきました。

 

自分の好きな事を続けて、それが周りの人を楽しくさせる事ができたら、すごい事だなって。

 

 

すべての人は楽しませる事は無理だけど、自分の好きな事に共感してくれて、一緒に楽しんでもらえる人に届けばいいと思うようになっていました。

 

 

昔は、自分で勝手に駄目だと決めつけて描くことをやめたり、描かない理由を探していました。

 

 

その反面、自分にはやりたい事が無い趣味が無い。とずっと心の中で思っていました。

 

きっと、自分にあった物があるはず!!と思いながらいろいろな事に手を出したりしたけど結局どれも自分の好きな事ではありませんでした。

 

それが、3年ほど前にいろいろな人と出会う事で、自分の考え方が変わりました。

 

 

自分の好きな事をしたらいい!!

 

 

これって私にとっては大きな衝撃でした。

 

 

でも、自分の好きなことってなんだ?と思った時にふと湧いてきたのは「絵を描きたい!!」という事。

 

 

それまでいろいろな理由をつけて描かないようにしていたのは、本当は描きたいという気持ちをずっと抑えていたのかもしれません。

 

 

自分の好きなことを抑える事で大人になったような気がしていただけなのかもしれません。

 

 

それから、毎日すこしづつラクガキみたいな絵を描きはじめました。

 

 

30年前に描いたぐらいの絵はすぐに描けると思っていたけど時間のブランクはなかなか埋められず、約3年かかりました。

 

 

3年かかってやっと30年前の学生の頃のレベルに戻る事ができただけなので、やっとスタートに立った感じです。

 

 

 

これからも少しづつ少しづつ自分の好きな描きたい絵を描いていきたいと思います。

 

 

今の時代なら思う存分に自分の好きな絵を描けると思うので。。。

 

 

 

「自分の好きな事で 周りを楽しくする」

 

 

ほんとうにこんな事ができるものなのか私にもわかりません。

 

 

でもひとりでも私の好きなことに出会う機会があって「ああ、この絵に出会えてよかったな」って思ってもらえたならとても嬉しいな。

 

Img_4565_20200514105801

 

2020.05.13

できる時間は限られるよね。

今まで生きてきた中で一番勉強したのは中学校のころと就職して2級建築士の資格取得の時に通った予備校?の半年かな。

 

今考えるとこの3年+半年がこれまでの人生の中で勉強らしい勉強時間だったような気がします。

 

 

中学生の頃は、「勉強できる時間は限らているから」って先生や親から言われていたけどぜんぜんこれっぽちもそんな風には思えなくて結構だらだらとやっていたような気がします。

 

高校に入ってからは工業高校だったので技術系の専門科目と一般科目と両方があってどっちもほどほどな感じでやっていたな。学生の頃は一生懸命がんばるとか何かに没頭するとかってかっこ悪いと思っていたような気がします。

 

「 シンプル イズ ベスト!! 」

 

が口癖だったのを覚えています。

 

いろいろ難しく考えないシンプルにシンプルに!って言っていました。

 

 

 

大人になるとなかなか勉強できる時間って取れないしなによりモチベーションを上げるのも結構大変だったりします。

 

 

今思えばもっともっと自分の好きな事に没頭していても良かったなと思います。

 

 

世の中そんなにすべてシンプルになんて出来ていないしやってみたい事を周りを気にせず深堀りするべきだと思います。

 

 

 

2020.05.12

おはようございます。

今日も朝から天気が悪いですが、コロナの嵐はだいぶおさまってきたのかな?という感じですね。

2020.05.11

沖縄県内の感染者確認が11日連続ゼロですね。

Photo_20200511154101

 

GWがあけて数日が過ぎて感染者の数がゼロ更新を続けていますね。

 

ほぼ、県内の感染拡大はひとまず落ち着いたのかな。

 

 

どこまで行けば安心なのかよくわからないけど、世の中の気持ち的にはすこし安心できるニュースなのは間違いないかなと。

 

 

 

2_20200511154501

そんな中、沖縄県が梅雨入りしたと発表されたようです。

例年よりすこし遅いらしいのですが、これからしばらくは蒸し暑い日が続きますね。

 

 

この天候がコロナの感染にどう影響していくるのかわからないのですが、確実に換気ができなくなって湿気を取る為にエアコンや除湿機を稼働させてるので密な状態が出来てしまうのは目に見えています。

 

今回は、油断していたところに突然の襲来だったコロナに対して、秋から冬に向けての第2波に向けての万全の体制で迎え撃つ準備が必要になりますね。

 

 

 

 

 

2020.05.08

マクドナルドの売上がすごいね。

世の中、その殆どの経済活動でマイナスの影響を受けていると思ったコロナの問題ですが、マクドナルドは国内のファーストフード店の王者としての実力を発揮した形になったのかなと思います。

 

マクドナルド/4月の既存店売上6.5%増、客単価31.4%増

 

マクドナルドってすごいですね。

 

もともとドライブスルーなどのテイクアウト対応していた事も幸いしていたのかもしれないのですが、この数字は他の外食産業と比べてもかなり良い売上げだったんじゃないだろうか?

 

これって偶然な側面もあるのかもしれないけど、それ以前からやっていた施策が功を奏した結果なのかな。

 

いろいろな原因で売上が下がる事はあるけど、それをいかに克服していけるのかはやはり企業側の努力も大切なんだと思います。

 

 

アフターコロナはどこへ向かうのか

Img_4540

 

こんにちは。

 

5月8日の県内の感染者の確認数はゼロだったようです。

 

 

ある程度、県内の感染拡大のスピードは落ち着いてきた感じはするのですが、この後1~2週間の間で第2波がでなければある程度終息したものと判断されるのかなと思います。

 

 

県民の気持ちとしては早くこの沈んだ空気を盛り返していきたいと思うところですが、観光産業は沖縄の主力産業なのでここが元に戻らないと全体の雰囲気が回復するまでにはもうすこし時間がかかりそうですね。

 

最近のニュースはコロナコロナとどこを見てもコロナの話題ばかりです。

 

その中でちょっときになる文字がありました「禍」です。

 

「 コロナ禍 」って書かれていますよね。

 

あれってみんな読めているのかもしれないのですが、正直私は読めませんでした。

 

でも、まあコロナ騒動?とかコロナ問題?とかいったいみなんだろうなぐらいの感じは理解できるのですが、実際なんと読むものなのかわかりませんでした。

 

なべ?(鍋)

 

うず?(渦)

 

うむむ。似ているけどやっぱり違いますよね。

 

で、ちょっとググってみたらこんな記事を見つけました。

 

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

 

なるほど!!! 

 

まさかそんなふうに読むものだとは知りませんでした。

 

しかもそれに関連?的なこの文字も読めません。

 

「禍々しい」

 

これって音としてはいろいろな映画やドラマなどで聞いた事はありましたが、こんな字を書くとは知りませんでした。

何も知らずに「大々しい」と書くと思っていました。

 

夏になればしばらくはコロナの問題も落ち着くと思うですが、秋冬に向けていろいろな対策をして行く必要がありますね。

 

2020.05.01

感染者ゼロ! このままゼロ更新してほしいな。。。

Photo_20200501144401

 

今日の新たな感染者数は「ゼロ」になったようです。累計では143人ですが。。。

 

 

ゼロ更新はすごく良いニュースですね。

 

 

毎日、自粛自粛で正直、息が詰まるような日々を過ごしているので感染者ゼロのニュースはマラソンの給水ポイントにたどり着いた感じの安心感がありますね。

 

ただ、これは折り返し地点なのか走り出してすぐの場所なのかがわからないのが先の見えないコースを走っているようで苦しさは軽くならないのが厳しいですね。

 

せめて、0~3人程度の数字で1週間ぐらい続けばとりあえずひとつの踊り場にたどり着いた感もしていくるとおもうのですけど。。。

 

 

 

いつかいろいろな絵師さんとコラボしてみたいな。。。

Img_4507

コロナの話題ばかりですけどちゃんと絵描きもしています。

 

今は毎回いろいろな描き方に挑戦しながら絵を描いています。

 

 

将来は自分が描きたい絵が自由自在に描けるようになっていろいろな絵師さんとコラボレーションしてひとつの作品などが出来たらいいなと思っています。

 

それにはもっともっと練習が必要で自分の好きな描き方を見つける事が必要ですね。

 

 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

Twitter

  • Twitter
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

google