お勧めをご紹介

Google+1

  • g

PR3

気になるサイト

  • pixivページ
    私の過去作格納庫です。30年前の作品ごアップしたのをキッカケに日々の創作物をアップしています。
  • キミイロミノル(キロル)
    おでライ沖縄に参加する活動を中心に創作活動するメンバーが集まってゆる~く活動するサークルのページです。私も参加していますww
  • ren-net for Hobby
    息子(10歳)とレゴブロック、ミニ四駆、プラモデル、仮面ライダーウィザードを楽しむアラフォーパパのブログ。楽しんで行こう!!
  • 沖縄で明るい自宅を建てる ren_net for Design
    建築士が自宅の建設を進める様子を書いたブログ。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の28件の記事

2020.04.30

9月スタートもありえるのだろうか?

Photo_20200430093901

県立学校が休校期間の延長を発表しましたね。

 

国会では9月新学期スタートが議論され始めているようなのですが、外国ではどうなんでしょうか?

 

世界の多くの国々では9月入学が主流!4月に入学する国は少数派

 

この記事によると、会計年度が導入されたのは明治時代で、収穫をした米を現金化するのに時間がかかるためにイギリスに習って4月ー3月の会計年度が採用されたとありますね。

 

それに合わせて各学校も4月スタートが始まり大正時代には高校、大学も4月スタートとなったようです。

 

子供の頃は、どうして4月スタートなのか疑問があったのですが、それが当たり前になりすぎて大人になると4月スタートに疑問を持つことはありませんでした。

 

この記事を見るまではもしかしてと思っていたけど年貢の納め時から年度が始まっていたのですね。

 

 

世界各地でそれぞれの理由から会計年度が異なるようですが、今回のような大きな危機が起こった事をキッカケにして制度を見直し変化してく必要もあるのかもしれません。

 

今でも明治時代のような時代なら今回のような激変するような事は難しいのかもしれないのですが、今こそITを駆使して会計年度改変の混乱を最小限に留める事はできるんじゃないかなと思います。あくまで希望的な予想ですけど。。。

 

 

実際に会計年度改変する時にどんな方法があるのかわかりません。

 

空白の年度を作るわけには行かないはずなので、半年のズレを埋める必要があるはずですよね。

 

例えば、今年の4月~8月を令和2年度(前期)として一度締めてしまって、2020年9月~2021年8月を令和2年(後期)してして扱えば空白の年度を作らずに済むのかな。。。

 

その後、2021年9月から令和3年度としてスタートすることが可能になる?

 

問題はいろいろあるでしょうけど、これは日本全体が大きな自然災害に見舞われて経済活動ができなくなったと考えれば、前例の無い対応も実行していく必要があるのではないかなと思います。

 

もともと人間が作ったルールなのですから人間が改変していけないわけがない。

 

それを実行するかどうかを決めるのは国民の代表が決定していくだけだと思います。

 

 

2020.04.28

今日の感染者が4人増加。ゼロ更新できなかったですね。累計142人です。

Photo_20200428150201

 

今日も4人の感染者が確認されましたね。

 

昨日(2020/04/27)はゼロ人の報告が出ていたので少なくても2~3日ぐらいは感染者確認ゼロ人を期待していたのですが難しいですね。

 

 

まだ、確定ではないようですが、小中学校は5月いっぱいの休校を検討始めたようです。

 

同様に県立高校も連休前に休校検討をしていくのかな。。。

 

 

5月いっぱいの休校となるとかなり長い時間となりますね。

 

 

一部では9月スタートに変更して外国と同じように仕組をまるごと変更してはという意見もあるようですが、面白い意見だと思うのですがいきなりスタートするのは難しいのかな。

 

もし仕組みを変更する場合はどうしたら良いのだろうか?

 

■年度末の変更って出来るのものなの?

 

期の途中から伸ばしたり短くしたりするのは難しいような気がするので現在始まった令和2年度は、来年の3月で年度末とする。

 

その後、4月から8月までの間を調整期間として令和3年度前期として翌9月から令和4年8月までを令和3年度後期とすれば移行できるものなのでしょうか?

 

特例的に令和3年度だけは前期・後期となってしまうけど次年度からは通常通り令和4年度として運用していける?

 

 

 

■変わろうと思えば変化できるはず。

 

それまでは、どんなに過労死とかパワハラとか言われていても労働環境を変えようとしなかった企業が今回の事がキッカケでなんでもテレワークや時短がどんどん改変されていっています。

 

現状は、コロナ対策としての一時しのぎ的な対応なのかもしれないのですが、今後同様の事が起こると考えれば現在の体制をベースとして運用できるようにしておけば、企業としての体制はかなり強靭なものになるでしょうね。

 

いろいろな意味で、コロナの問題が一度収束した後の企業に対応をじっくり見極めて個人は自分の立ち位置を改めて見直すタイミングなのかもしれませんね。

 

 

 

2020.04.24

県内感染が今日もひとりですね。なかなかゼロにならない。累計134人。

Photo_20200424155701

 

今日もまたひとり感染者が出ていますね。累計すると134人です。

 

本当になかなかゼロにならないですね。

 

 

感染者がゼロになってどれぐらい続けば収束したことになるのだろうか?1週間?2週間?

 

 

これから暑くなってくるので流石にマスクを付けて歩く人は少なくなる季節なのでそうなる前に収束してほしいところですが。。。

 

 

夏になるとエアコンをつけてしまうのでせっかく沈静化してきてもエアコンが感染拡大のブースターにならないようにしてほしいな。

 

 

 

沖縄県内の感染者133人。。。まだつづく。。。

Photo_20200424115701 

県内の感染者が133人となっていますね。

 

なかなか感染拡大が止まらないですね。

 

それどころかいままで県内で感染者増えていると聞いてもどこか対岸の火事のような気持ちだったところがあったのですが、ここに来て身近に発熱者(ただの風邪だったようですが。。。)が出たりいつも行くショッピングセンターで発生したと聞くとどんどん身近に近づいている感じがしてきています。

 

この1~2週間がピークになるようにもうしばらく踏ん張るしかないのかもしれません。

 

 

今一度、手洗いとうがい等、感染予防対策を心がけていきたいと思います。

 

 

2020.04.22

沖縄県内初のクラスターが発生してしまいました。

Photo_20200422091801

とうとう、県内でも初のクラスターが発生してしまいました。。。。

県外であんなに話題になって3密は避けましょうといわれていたはずなのに。

しかも、発生した場所は、中部の都市です。

これで、飲食をともなわなくても集まる事そのものに大きなリスクが有ることが分かったと思います。

 

現在、年度末を挟んだ各団体の総会開催の時期だと思うのですが、紙による決議確認など多少面倒ですけど集まらない方法があるのでなにが何でも集まらないようにするしかないですね。

 

確実に 集まる=感染する・感染させてしまうもの と思って行動する必要があると思います。

 

 

2020.04.18

アマゾンの出荷が遅れてきていますね。。。まあ、必需品から先になるのはしょうがないかな。

先週の日曜日、アマゾンでアミーボと母の日向けに白髪染を注文したけど1週間経っても出荷の案内がないな。。。とブログで書こうと下書きしていたらさっき集荷の案内メールが届きました。

 

通常ならアマゾンからの出荷なので当日か翌日には出荷されて配送が遅れても5~7日ぐらいでは着いていたと思います。

アマゾンの予定でも1週間後の18日に届くと表示されていたので影響ないのかな?と思っていたのですがだいぶ影響ありましたね。

 

まあ、今回注文したのは、生活必需品ではないので遅れても支障は無いものなのですが、思っていたよりも遅れているような気がします。

 

今後は、自粛要請で多くの人がネット通販を利用すると思うので、さらに需要が増えて出荷が遅れるだろうな

 

なにかのニュースで宅配が増えて大変でしょうと運送配達員の方に訪ねたらしいのですが、「コロナの影響でみなさん自宅にいらっしゃるので再配達がなくなった分だいぶ楽になりました」と言われたそうです。たしかにね。

 

今回のコロナの影響で今年はレストランなど飲食店が一気にデリバリーを強化していくと思うのでウーバーイーツのようなサービスも増えていくのかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ感染者の累計が111名。。。ゼロになる日はくるのかな。。。

Photo_20200418154601

 

県内のコロナ感染者の累計が111名になりました。

 

東京の1日200名に比べたら少なく感じてしまうのは怖いですね。完全に感覚が麻痺してきている状態です。

 

 

 

効果が期待されている薬もあるようですけど、増産するにも工業がなければ出来ないし、さらに原材料もなければ作れない状況です。

 

 

 

国やメーカーは体制を整えながら増産していく予定のようですが、感染拡大のスピードにどれだけ追いつくことができるのか時間との戦いの状態ですね。

 

 

こうなってしまってからいろいろ言っても後の祭りですが、ほぼ同じ地域にありながら新たな感染者をゼロまで持っていった台湾の判断力とスピード力には本当に脱帽としか言いようがありません。

 

人の行き来や中国とのつながりを考えると本当にすごいとしか言いようがないと思います。

 

 

 

コロナ後とコロナ前とでは世界情勢がかなり変わってくると思うのですが、台湾という国の動向にとても興味が出てきました。

 

 

今年後半からテレワークが本格すると問題になりそうな気がする。。。

3

これはある日の午後のインターネット回線のスピードテスト結果です。

 

これでも一応、光回線なんですけどねww

 

1MBも出てないなんて。。。とほほ感はんぱないです。

 

 

■回線スピードにはムラがある?!

 

以前から感じてはいる事なのですが、インターネット回線のスピードにはムラがあるようです。

 

数十MB~数百MBのスピード出る時と今回のような1MB前後だったりとその落差はかなり大きいですね。

 

利用当初は台風など自然災害の時やぜんぜん予想していない時に突然発生したりとバラバラな感じがしていました。

 

それでもしばらく利用していく中で特定の時間に遅くなっているのがわかりました。それは。。。

 

平日の夕方5~9時ごろと土曜日の午後~夜にかけてです。

 

これって明らかに需要に対しての回線のキャパシティが足りていないような気がします。

 

平日の夕方以降や土曜日の午後などって帰宅後のネット需要が増大して回線がパンク状態になっていると考えられます。

 

通常、数百MBのデータをダウンロードするのに数分(2~3分)程度の時間でダウンロード出来るのですが、この時間帯になると残り時間が数時間~数十分の間を行ったり来たりして結果30分から1時間程度かかったりします。

 

こんな時に限って急いでダウンロードして対応しないといけなかったりする事が多いのですが、なかなか忍耐がいります。

 

■解決するにはどうする?

 

これってどうしたら一番良い解決方法なんだろうか?

 

1)考えられるのは回線を変更する。

 

2)ネットワーク機器を更新する。

 

のふたつぐらいかなと思います。

 

1)回線を変更する。

これは現在、利用している回線がNTTの回線なので他のコラボ光に変えたところで契約会社が変わるだけで大元の回線が変わるわけではないのでどれぐらい改善されるのかわかりません。

別の新しい回線となると県内で残るのはauひかりかな。。。

 

2)ネットワーク機器の更新

これも検討する必要があるかもしれませんね。

Wifiを使っている場合ですけど5年前に比べてもかなりの速度差が出てしまうようです。

関連記事はこちら

 

あとは、見落としがちなのは、複数の接続している機器側の対応規格です。ネットワークは基本一番遅い規格に合わせて通信速度を保ちますので10MBクラスのネットワーク機器が含まれている場合は、どんなに外部との回線スピードが早くても10MB以下に合わされてしまうようです。

 

これからはデジタル回線のISDNだ!とか言っていたのがはるか大昔のような気さえしてしまいますね。

 

 

これって、今までは動画みたりゲームしたりするだけだったので「まあ、しょうがないかな・・・」で終わっていたのですが、今後はかなり問題になるんじゃないだろうか?

 

 

巷では5Gとか5爺とかドラえもんとかさわがれているのですが、仮にモバイル回線のスピードが上がってそのスピードになれてしまえば、さらに自宅のネット回線のスピードの遅さがクローズアップされるような気がします。

 

 

 

沖縄県でも100人超えてしまいました。コロナが収束するのはいつになるのだろうか。。。

Photo_20200418091201

 

沖縄でも感染者が100人を超えてきましたね。

 

2_20200418091501

全国の感染者数からみると上から20位ぐらいに位置推移しています。

沖縄よりも感染者の多い県は結構大きな県が多くて人口比率から考えると沖縄県ってかなりやばい状況な気がします。

 

ただ、県内の今の状況はやっとピリピリした緊張感をもった空気になってきたような気がします。

 

 

 

2020.04.17

コロナ後にむけて。。。 テレワークを通常業務の中に取り込む必要があると思う。

Photo_20200417110401

 

コロナ関連のニュースを見ていると感染拡大防止と合わせて出てくるのがテレワークの問題。

 

業種によってはテレワーク化することが難しい業種が多い事も問題のひとつなのですが、確実にオンライン化が可能な職場の場合、いままで無駄な時間を使って通勤して体力も無駄に消費していたのかという事に改めて気がつく方も多いのかなと思います。

 

私の仕事も半分はテレワーク化ができる内容ですがのこり半分は店頭業務となるので完全テレワーク化するにはいろいろと環境を整えないと難しいですね。

 

■インフルエンザで経験したテレワーク

 

テレワーク化に関しては5~6年ほど前に流行したインフルエンザに子供が感染したことをキッカケに家族3人が感染してどこにも出られなくなった事がありました。

 

その時に、どうしても作業を続けないといけない仕事があり、かつ、他のメンバーで対応が難しかった為、急遽、リモートアプリを導入して自宅のノートPCから接続して対応しました。

 

子供が感染した事が分かった時点でリモートアプリを設定してWEBカメラを設定して社内の様子と自宅のノートPCのウェブカメラを繋いで社内に残った同僚と画面とマイクを介してやりとりしながら作業しました。

 

その時に問題だったのは、ソフト的な問題はリモートできるのですが、ハードウェア的な問題は現場にいる同僚に手伝ってもらうしか無かったことです。

 

CD-Rをセットしてもらったりプリントした図面を製本加工にまわしてもらったりと結構な工程を現場サイドで対応してもらいました。

 

 

当時は、このような事態が会社全体に及ぶ事は想定しておらず、このリモートワークの経験は社内では当時の同僚と私だけの経験として残っているのみになっていますね。

 

今後は、業務内容を見極めてオンライン化できるものと出来ないものを分けて効率化していく必要がありますね。

 

あと、問題になりそうなのはトラフィック増加の問題です。

 

これは、利用者側でどうすることも出来ない問題なのでNTTを始めインフラ事業者の方々に頑張ってもらってネットワーク回線の増強をお願いしつつ、サービス提供側にも情報の暗号化と圧縮技術の進化を推し進めていってほしいところです。

 

大容量の5Gとか言われていますが、根幹のネットワーク回線が大きくならないとせっかくの5Gの利便性が発揮できないという状況が発生するのは予想できますよね。

 

 

 

レタッチも勉強になる。。。

Img_4082

2020年1月

 

Img_4419

2020年4月

 

レタッチしてみたけど。。。

 

微妙過ぎて違いがわからないww

 

口元とか修正して着色をやり直してみたけど夜中に描いたせいか描いた時はかなり変更したような気になっていたけど比べてみるとあまり変わっていないというあるあるな結果になってしまったww

 

 

過去に自分で描いた絵を自分でレタッチしてみると面白いです。

 

バランスだったり色使いだったりで違和感を感じる部分が出てくるから不思議です。

 

 

 

 

濃厚接触100人ってかなりやばいような気がするけど。。。これからが沖縄県のふんばりどころかな。。。

Photo_20200417090401

 

うむむ。。。 濃厚接触が100名という事は、それぞれが10名と接触していたとしても1000人。。。 かなりやばいな。

 

沖縄県内はあまりに対岸の火事の感覚が蔓延して、いままで真剣に予防策を取っていなかったのがここに来て表面化してきたのではないだろうか?

 

もともと陸続きでない事が要因して県外からの人の流入による感染拡大をそこまで気にしていなかったように感じます。

 

本島内でも南部と中部とでは市内の店舗の客の動きはかなり異なりました。

 

那覇市内の店舗は閑散としているのに対して、中部の店舗では客の入りは多く、ベビーカーに乗った赤ちゃんと幼稚園児とその両親が4人ともマスクもせず人の多い店舗内を移動している光景も先週の日曜日(4月12日)でも何組も見ましたし。

 

流石に中部の大型ショッピングモールでは、あの大きなフロアーに視野に入る範囲で10名前後しかお客様がいなかったのはかなり衝撃的でしたね。もともとお客様の90%近くが観光客ように感じていたので流石にそうなるのかもしれませんけど。

 

「離島は安心」と気を緩めていた反動をどれだけ抑えられるのかが今後の2週間にかかっているのかも。。。

 

 

 

 

2020.04.14

もっといろいろオンライン化したら面白いと思う。

Img_4404_20200414125701

 

今はコロナの影響でピリピリした空気に包まれています。

 

 

毎日毎日、増える感染者数をいろいろなメディアで目にしている状況です。

 

 

 

それはもう変えられない事実なので、いまさら「コロナってなに?」とか言ってみても世の中の空気が変わるわけじゃない。

 

 

それはそれで、いろいろ含めて受け入れて出来るところから気持ちを切り替えて進むしかないなかと。

オンライン化をいろいろ考えると面白いかもしれない。。。

Img_4407

 

■今年は本当の意味で「オンライン化」元年になる?!

 

去年、一昨年からVRやオンラインとかもてはやされていたけど、それ自体は面白いのですけど、一過性の流行のような形で終わるようなきがしていました。

 

エンタメとしては面白いのですけど、次から次へと新しいエンタメが出てくる今の世の中でずっと使い続けるにはコモディティ化していかなければ一般への普及は難しいのかもしれません。

 

今でこそアイフォンなどのスマートフォンが一般化していますが、それまでPDAと呼ばれるいろいろなガジェットが出てきてからの現在だと思います。

 

VRもいずれはスマホのような状態になるのかなと思っていたけどそうなるには10年ぐらい後だと思っていました。

 

それが、今回のコロナの影響で時間が短縮されて早ければ4~5年?2~3年?ぐらい後には、普通になっているのかもしれませんね。

 

 

医療の分野でオンラインでの初診が解禁になったらしいのですが、全体数からみると対応している施設はわずか数%らしいので今後の対応が急務なんでしょうね。

 

 

■これからの飲食店はオンライン化が必須になる?

 

もうひとつのオンライン化の需要が大きいのはオンライン飲み会だと思います。

 

世の中の飲食店が今まで営業できていたという事は人々の中に「知り合いとワイワイとお酒を飲みながらおしゃべりと楽しみたい」という欲求が大きいのではないかなと思います。

 

それを満たすための場所としての「飲食店」という選択肢が一番手軽だったというわけです。

 

その欲求がコロナ影響でいまは自粛せざるえないわけですが、欲求そのものが無くなったわけではないと思います。

 

となれば、今まで場所と飲食を提供して料金を頂いていたものの代わりがオンラインでも提供できればその需要に対してサービスを提供できるのではないでしょうか?

 

今の大人の人達からすると画面に向かってお互いに話をする事は多少の違和感があると思いますが、現在の学生の中にはツイッターやティックトック、ユーチューブなどの実況やボイチャなどオンラインで多数の人達と話をすることは違和感の状況だと思います。

 

すでに、オンラインキャバクラというサービスが始まったと聞きました。

 

世の中は変化していくものなので、生き残るのは体力のある企業ではなくていろいろな変化に追随していける企業じゃないかなと思います。

 

 

企業もそうであるように個人も同じように固定概念にとらわれず、いろいろと変化を模索していくことが次のステップに繋がるような気がします。

 

 

 

2020.04.13

累計73名。。。コロナ感染止められないのかな。。。

Photo_20200413154901

 

コロナ感染者の累計が73となってしまいました。

 

県内の感染者数が止まらないですね。

連日7~8人ぐらいの数増加しています。

 

このままのペースで進んでいくと月末には200名ぐらいの数になっていくのかもしれません。途中で爆発的に増えてしまうとこれをこせて数百名規模になるのかも。。。

 

ラインで実施されているコロナ調査の結果を見ると、人口比で計算して、沖縄県が東京の次に割合が多くなっているらしいので、実数ばかり気にしているとかなり大変な状態に陥ってしまいそうで怖いですね。

 

 

休みも休みにならないな。

Img_4410

 

ここ最近は、ずっとコロナの話ばかりで確かに疲れてきますね。

 

今度、休みが取れたら1日中ずっと絵描きばかりしている日を設定して描いてみたいな。。。

 

 

最近はずっとオリジナルばかり描いているけど楽しく見てもらえるのはやはり二次創作だよね。たぶん。

 

 

今、描きたい二次創作は、映像研と鬼滅かな。。。

 

 

どっちも楽しい作品なので楽しみながら描けたらいいな。

 

 

累計66人。。。県内のコロナ感染どんどん広がっていきますね。。。

Photo_20200413090501

累計66人(内6人退院)だそうです。

 

毎日毎日、感染者数が増えてきますね。

2

 

ラインの全国調査の結果からみると人口あたりの感染者割合は東京に次ぐぐらいの割合らしいので感染者の実数だけみているとやばいのかもしれませんね。

 

 

 

2020.04.11

今日までの累計が57人。。。 コロナ感染まだまだ衰えないのね。

Photo_20200411162001

 

今日までの感染者累計が57人になってしまいました。

 

外に出ると結構普通に外を歩いている人もいますね。

 

若者ばかりが無頓着な話が聞こえてくるけど、年配の方も買い物してたりペットを散歩させていたりコロナ感染の現実がなければごふ普通の天気の良い日といった感覚になってしまいます。

 

ただ、ネットから流れてくる情報を見ていると同じ沖縄でも全く別の次元の話なんじゃないかという感じの感染拡大の情報ばかり。

 

幸い、4月11日現在、コロナ感染者の方の死亡の報告はありません。

 

死亡者が出ていないという事と実際に感染した方の大変な状況が伝わってこない事が、「インフルエンザのすこし強いやつ」ぐらいな感覚をもたせてしまい、外出自粛要請を本気で考えていない状況が続いているような気がします。

 

 

沖縄から一番近く馴染みのの台湾のコロナに対する対応のスピード感は日本のそれと比べめちゃくちゃ早いと感じます。マスクの輸出を1月には禁止したり実名登録しての販売を実施したり同じく実名登録のネット注文して店頭受け取りにも対応など判断力と実行力がなければ実施出来ないような施策ばかりに感じます。

詳細記事はこちら

 

 

日本は前例がある場合の人々の落ち着いた行動は素晴らしい部分があるのですが、予想出来なかった場合は、その後の状況が予想出来たとしてもその状況を判断して責任を持って実行に移す事ができる人が少ないのかもしれません。

 

これって、見えない「空気」を読んでしまっている事が原因なのかもと感じます。

 

 

今回のコロナ危機を教訓にするとしたら、情報をいち早く収集してそれを的確に判断してその後の予想される対策を実行するという事。考えるのは走りながら考えるというスタンスを教訓とするべきなのかもしれません。

 

 

これは、中国で発生したコロナ危機を対岸の火事のように眺めていた自戒を含めたものです。

 

 

2020.04.10

コロナ感染者が累計50名。。。人口比で考えるとかなり多いような気がする。。。

Photo_20200410160001

県内のコロナ感染者の累計が50人になってしまいました。

 

昨日の感染者は3名でしたけど、今日の発表は7名となり増えています。

 

 

感染しても必ずしも発症するとは限らないということを聞くと自分も含めて感染している可能性は否定出来ないわけでこの見えない状況がみんなの不安と気の緩みを招いてしまっているような気がします。

 

コロナウィルスの生存期間はまだはっきりしていないようですが、プラスチックや金属の上で9日間行きているという話を聞きました。この2週間で感染拡大を抑える事がその次の2週間を乗り切る為の第一段階だという事だと思います。

 

 

出来る限り屋内で過ごし外出を8割減らす努力がコロナ感染の収束に向けての第一歩なんだと思います。

 

 

 

 

2020.04.09

累計43人に。気を緩めずに粛々と状況を見極める。。。

Photo_20200409161601

県内の感染者累計が43人になりました。

 

今月になっての感染拡大を見ていて気になるのは、県内の大手商業施設内で感染者が出た事。

 

発症するまでに不特定多数の方との接触があったと考えると今後の広がりが気になりますね。

 

接触した人がかならずしも発症するとは限らないのでわかりませんが、もうしばらく時間をみないとわからないのかもしれません。

 

 

 

 

コロナと戦うのにデマはいらない

緊急事態宣言が出て数日が経ちました。

 

陽気な人柄の多い沖縄でもさすがに人通りがすくなくなっていると感じます。

 

 

感染拡大を抑制するために外出自粛している方が大半だと思います。

コロナ患者をこれ以上広げないようにするためにとても大切な事です。

 

一方、企業側はインフラ事業や食料品や生活必需品などを扱う企業はいろいろな策を取りながらコロナ感染を予防しつづ営業を続けています。

 

そんな中で真偽のわからない情報がSNSを飛び交い企業活動が難しくなる場面があると聞きました。

Photo_20200409091201

これは、だれかが「もしかしてそうなんじゃないかな?」といった、自分の中の妄想や空想で抱いたイメージをSNSにつぶやいたりした事がキッカケになっているのではないだろうか?

 

「あのお店で起こったらヤバくない?」とか冗談でつぶやいたコメントが面白いからとリツートが広がると元の発信した時の冗談という意味が取れてしまい「あのお店で感染がおこった」という事だけが拡大していってしまう。

 

最初は冗談だった物が途中から「感染拡大を抑えないといけない」という「善意」の気持ちがさらにリツートを促す結果となり情報が拡大していくような気がします。

 

ネットの中には真実も虚偽も混在しているという事を踏まえた上で、自分が拡散する前に真偽を確認できる情報リテラリーを身に着けていく必要があると思います。

 

 

2020.04.08

累計40名。今日までの県内感染者数。。。

今日(2020/04/08)の発表で、県内のコロナウィルス感染者数の累計が40人となりました。

※沖縄県COVID-19対策サイトはこちら

 

日頃から外国人観光客が多かった沖縄から考えればかなり抑えている数字なんじゃないかなと思います。

 

私は医療従事者ではないので、この数字がどれほどのインパクトのある数字なのかわかりませんが、県民が自己中心的な行動を慎み、手洗いとうがいの徹底など感染拡大防止を心がけていけば、大きな被害にはならないと信じています。

 

周りが海に囲まれている県だからこそ、他県からの車や鉄道を使った人の行き来を制限しやすい状況だと思います。

 

今後は、内側に入ったウィルスがこれ以上広がらないように、粛々とすすめていくしかないです。

 

 

今月は静かな時間を過ごす。。。

2020年4月。。。

 

未来の人たちからするとどんな年に見えているのだろうか?

 

 

わずか0.1ミクロンの多さのウィルスに対抗出来ないと考えると本当に人間の無力さを感じてしまう。

 

 

 

過去にいろいろなウィルスに対抗してきた人類なので、しばらくすればコロナウィルスにも対応した予防接種や薬が出てくると思うけど、出来ることならそもそものこのようなウィルスが発生してくる原因を確認して阻止してほしいなと思います。

 

 

 

もし、発生を阻止することが難しい場合は、可能な限りの抑制方を広げ将来に向けてこのような被害が続かない世の中にしていってほしいですね。

 

 

気の流れが変わってきている感じがします。

昨日を堺になにかが変化したように感じます。

 

嵐の前の静けさなのか。。。

 

すでに嵐の中にいるのか。。。

 

 

2020.04.06

今年は本当にいろいろなことがある年になりそう。

今年の流行語大賞はダントツで決まるだろうなと思う程 毎日、あのウィルスの話ばかりです。

 

まじでなんでこうも無力なのか過去の感染病の教訓はあまりいかされていなかったという感じなんでしょうか?

 

いろいろな震災も過去に同じぐらいの被害があったにも関わらずその被害が甚大になものなってしまった事が本当に残念です。

 

 

 

感染病の被害は、将来新たな病原体が出てきた時には同じ事を繰り返してしまうのだと思いますが、今回の経験を蓄積しその対応方法を考えていくしかないのかもしれません。

 

 

私にはまだ孫はいませんが、孫たちの時代には今回のような被害がなく最小限度に収まるようにしていきたいですね。

 

 

HOCAD形式での入稿は減ってきましたね。

こんにちは。

 

れんです。

 

普段の仕事でCADのデータをプリントすることが多いのですが、ここ数年HOCADデータからのプリント依頼は少なくなってきました。

 

以前は、JWWが5割、HOCAD形式が4割、AUTOCAD形式が1割といった状態だったのですが、HOCADがバージョンアップしてからは、年々入稿される件数が減っていって今では1~2割弱ぐらいの割合になっています。

 

旧バージョンのHOCADは土木系のユーザーさんの利用が多くてほぼ毎日、図面の修正作業とプリントの仕事がありましたが、ここ数年その利用は少なくなってきた感じはします。

 

あくまで私の受けている仕事の範囲内での感想なので県内全体をみた感想ではありませんが。。。

 

 

 

2020.04.04

10年後から2020年を振り返るとどんな風にみえるのだろうか。。。

こんんちは。

 

れんです。

 

 

2020年は未来から振り返るとどんな風に見えているのだろうか?

 

 

2019年の年末にアジアで発生したコロナウィルスがあっという間に全世界へと広がっていきました。

 

 

2020年4月4日現在も拡大を続けていて、沖縄でも12人感染。東京では1日の感染者数が100名を越えようとしている状態です。

 

 

1日の感染者数が数千人になっている海外の事例をみると大都市では数百人から数千人の規模に拡大するまでに2~3週間足らずで拡大している状態です。

 

 

東京ではロックダウンするギリギリの状態だと言われていています。

Nhk

NHK特設サイト

 

どこまで感染が広がってどれほどの被害がでるのかこの時点でだれも予想できていないのだと思います。

 

 

一部の情報ではワクチンの目処が立ち、過去のインフルエンザのように人々が落ち着くのは2021年いっぱいかかり、コロナの後の世界は2022年からになると言われています。

 

 

今回のコロナショックの経験をキッカケにより世界の情報ネットワークが強固になり将来も発生するだろう新型ウィルスに対する防護策に役立てていくしかないでしょうね。

 

 

10年後の世界はいまよりもずっと住みやすい世界になっていると思います。

 

 

世界の人々が力を合わせて国境や人種、宗教をこえて人類の未来に向けて進んでいけるようになっていると信じます。

 

 

 

2020.04.01

クリエイト時間が足りなくなってきた。。。

Img_4374

 

こんにちは。

 

れんです。

 

最近、めっきりクリエイト時間が減ってしまいました。

前は強制的に塾待ち時間で週に3~4時間は確保できていたのですが、受験が終わってとりあえず塾卒業という感じです。

 

これからは自分でスケジュール立ててクリエイティブな時間を確保していこうかなと思います。

 

 

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

Twitter

  • Twitter
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

google