お勧めをご紹介

Google+1

  • g

PR3

気になるサイト

  • pixivページ
    私の過去作格納庫です。30年前の作品ごアップしたのをキッカケに日々の創作物をアップしています。
  • キミイロミノル(キロル)
    おでライ沖縄に参加する活動を中心に創作活動するメンバーが集まってゆる~く活動するサークルのページです。私も参加していますww
  • ren-net for Hobby
    息子(10歳)とレゴブロック、ミニ四駆、プラモデル、仮面ライダーウィザードを楽しむアラフォーパパのブログ。楽しんで行こう!!
  • 沖縄で明るい自宅を建てる ren_net for Design
    建築士が自宅の建設を進める様子を書いたブログ。

« テレビを観てしまうとほんと時間がなくなってしまう。 | トップページ | アプリじゃないのか。。。 »

2019.06.04

絵描き再開してから分かったSNSの必要性。。。

Img_2831



30年ぶりに絵描きを再開してあらためてSNSの必要性が分かったように思います。


30年前はもちろんSNSというか、その言葉すらないし、そもそもインターネットそのものがありませんでした。


自分が住んでいる町の外とつながるとしたらテレビが新聞、雑誌ぐらいのものです。


当時、よくノートを1冊落書き帳として何冊も描いていたけど外部の人に見せるどころか家族にすら見せた事はありませんでした。


高校生になってあまり絵を描かなくなっていきました。


その後、何度か絵を描いてみようと思ったけど仕事とか家庭とかを描けない理由を探してしまってずっと描かずにいました。


そうしている内に、中学生の頃に描いた落書き帳が出てきました。


何度も引っ越しして断捨離してきたつもりだったのに30年たった今でも持っているのは誰かに見てもらいたかったのかと思ってすこし恥ずかしい気もしましたけど30点ぐらいの落書き作品をピクシブにアップしました。



しばらくするとその中から数点の絵に「いいね!」がつきました。


その「いいね」が自分の中で固くなって動かなくなっていたスイッチがオンにしてくれたのだと思います。




その後は、コミケに参加したりツイッターやインスタにも描いた絵をアップして日本だけじゃなく海外のひとからもいいねを押して貰っています。


昔は、周りの絵と自分の絵を比較してしまってめちゃめちゃ凹んでいました。。。


今は、自分の絵と周りの絵を比べる事はしなくなりました。


ネットを見ていたらいくらでも絵のうまい絵師さん、神絵師さんは大勢います。


そんな人達を目指す事はあっても比較する必要は無いことにやっと気が付きました。



それは、SNSを通していろんな人がいろんな絵をいろいろな形で表現しているのが分かったからです。


絵を描く事って自分を表現するひとつの方法でしかありません。


自分が描いてみたい絵をうまく描くためには勉強すると描けるようになります。


でも、まわりから評価されたり、自分が納得できる絵はそれとは別のものの様な気がします。




描く事が好きならだれに何を言われようと、自分よりうまいなと思う人がいたとしても描く事を辞める必要性はありません。

30年前に辞めたおじさんが言うのですから間違いないと思います。


それでも、絵を描くことが嫌いになったらその時は休んでしまいましょう。


きっと絵を描く事以外にも自分が好きになることがたくさんあります。


新しい好きな事と触れ合う事で必ずあとから絵を描くことに戻ったとしても良い経験になっていると思います。



« テレビを観てしまうとほんと時間がなくなってしまう。 | トップページ | アプリじゃないのか。。。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビを観てしまうとほんと時間がなくなってしまう。 | トップページ | アプリじゃないのか。。。 »

Twitter

  • Twitter
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

google