お勧めをご紹介

Google+1

  • g

PR3

気になるサイト

  • pixivページ
    私の過去作格納庫です。30年前の作品ごアップしたのをキッカケに日々の創作物をアップしています。
  • キミイロミノル(キロル)
    おでライ沖縄に参加する活動を中心に創作活動するメンバーが集まってゆる~く活動するサークルのページです。私も参加していますww
  • ren-net for Hobby
    息子(10歳)とレゴブロック、ミニ四駆、プラモデル、仮面ライダーウィザードを楽しむアラフォーパパのブログ。楽しんで行こう!!
  • 沖縄で明るい自宅を建てる ren_net for Design
    建築士が自宅の建設を進める様子を書いたブログ。

« 日記かけてないな。。。 | トップページ | ぜんぜん出来ないってどういうこと? »

2018.02.14

情報収集と言えば。。。

こんばんは。

れんです。

いまどき、情報収集と言えばネットの右に出るものは無いと思います。

ただ、無数に散らばった情報を自分で精査して有効なものとそうでないものと分けるのは結構時間がかかります。

なので、それらを補完する意味合いでの書店活用は必要だと思います。

編集の方たちが時間をかけて集めて校正して作った本なので、100%正解とは限りませんが、かなりの精度はあると思います。

なので、ある特定の情報を集めたい時は書店に中身を確認してから買います。

アマゾンだと公開されているページが少ないので全ページ確認できるのはリアル書店の強みなのでしょうね。

これからは小さな書店は淘汰されていくのかもしれませんが絶対になくなってほしくないですね。

ネットの情報が鋭い剣なら書店からの情報は盾になるような気がします。

« 日記かけてないな。。。 | トップページ | ぜんぜん出来ないってどういうこと? »

コメント

はじめてやってきたものです。私が住む田舎町でも、去年の末、一軒の小書店が消えました。寂しいことです。

こんなことを書くと嫌な顔をされるかもしれませんが、わたしは、本屋さんでよく本の"奥付"を覗きます。お気に入りの本の売れ行きがいいと、嬉しくなります。売れ行きがすべてではないともおもいますが。

山形さん

コメントありがとうございます。

書店がなくなるってやっぱりちょっとさびしいですね。

奥付を見て売れ行き確認というと重版の版数を見て見ているという事ですね。


確かに売れている本はそれだけ大勢の方に必要とされている情報という事でしょうね。


本もいろいろなものがあって、ネットで代用できるようなものは淘汰されていくのかもしれませんがリアルの物がどうしても必要な本は残っていくのかなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報収集と言えば。。。:

« 日記かけてないな。。。 | トップページ | ぜんぜん出来ないってどういうこと? »

Twitter

  • Twitter
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

google