« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の26件の記事

2016.11.27

プログラミングを始める時に必要なPCスペックは?(初心者向け)

プログラミングを勉強する時に必要なノートPCのスペックってどれぐらいだろう?


今回、プログラミングを勉強する時にノートPCを持参しなければいけませんでした。


う~ん。困りました。


自宅でメインで使っているのはノートPCですが、5年ほど使い倒してHDDの動作が極端に遅くなっていました。電源をONにしてちゃんと動けるまでに3~5分ほどかかりますww


さらに起動しても動作がいちいちもたもたしたような感じです。私は慣れてしまっているのでそこまで遅いと感じていませんでしたが、スクール開始まえの事前チェックにもっていくとかなり遅いのだと痛感しましたw<当たり前(^_^;)


スペック的にはコアi5のメモリ4GB、HDD500GBのモデルです。


おそらく、HDDのデフラグが進んでいる事といろいろなアプリを入れた結果かなり遅くなっているのだと思います。


クリーンインストールをし直せばある程度良くなるとは思うのですが、メインで使っている事を考えると毎日のスクールに持って出ることを躊躇しました。


そこで、新しくノートPCを直達することにしたのです。


そこで、5万円以下の予算で行くと決めました。


パソコンの場合、価格の制限は対象を絞り込む条件としてかなり有効ですww

この価格だとソニーや東芝、富士通、NECなど主要なブランドは対象外になります。そこで残ったのは、デルやマウスでした。


デルだと実機を直接観ることができずすこし不安が残りました。なので、今回はエディオンも扱っていたマウスを選択しました。


スペックはこんな感じです。

CPU:セレロン
メモリ:4GB+追加4GB(アマゾンで別途購入)
ストレージ:120GBSSD

本当は、コアi3か5ぐらいは欲しかったのですが、そうすると5万円の制限後超えてしまうため諦めました。その代わり、メモリは最低8GBを搭載して、HDDはやめてSSDにしました。これも240GB欲しかったけどCPUと同じく諦めましたww

その時購入したモデルはエディオンオリジナルモデルって書いてあってWEBには同じようなスペックのモデルはこれかな?

icon icon

  LB-C240X2-SSD2 icon

このモデルに右側にテンキーのあるモデルです。買う前はテンキーがあったほうが良いかな?と思ったのですが、便利ではありましたが、なきゃ困るというまではなくあるとちょっと便利かな?という程度でした。<必要な時にUSBのテンキーを買えば事足りると思います。ただ、その分画面が広くなったので、プログラムする時にあれこれウィンドウを立ち上げるので、画面の大きさと解像度は大きい方がいいと思います。

私の購入したのは画面の大きさはちょうど良いのですが、解像度が低いので複数のウィンドウを表示した時に重なりが大きくなってしまいちょっと不便でした。

あと、CDドライブはついていないです。これは、別途5千円ぐらいで購入できるし、今回利用するアプリはネットでダウンロードしてインストするものばかりだったので、無しのモデルを選びました。もし、DVDなどを鑑賞したい場合は、別売で準備してひつような時に接続するようにしてできるだけ本体を軽くしたほうが良いと思います。



今、このモデルを購入してとりあえず 「 プログラミングの勉強 」という目的に対しては問題無いですね。


もちろん予算に余裕があればあと5万ほど足して上げれば3DのネットゲームやDVDドライブなどをつけて自宅でもメインで稼働させることができるPCを調達することができると思います。



プログラミングの勉強用PCスペックまとめ。
※2016/11/27現在

1)購入できる予算を決める
2)SSDを選ぶ(推奨240GB以上)(必須120GB)
3)メモリ8GB以上(推奨16GB以上)(必須8GB)
4)CPUコアi3以上(推奨コアi5以上)(必須セレロン)
5)OSウィンドウズ10(推奨10)(必須7)

上記のスペックを1)から条件をクリアできれば大丈夫だと思います。
この条件が揃えば新品に限らず中古でもありだと思います。
中古の場合だとバッテリーの劣化は目を塞ぐしかないですけど。


これは、あくまで最低限のスペックで済ませたいなという人向けですけどね。1)の条件の予算に余裕があれば可能な限りスペックを上げたほうがあとあと利用する時にストレスと受けずにすみますけどねww



中二病を再発したお父さんにオススメのネットラジオ #sokoani

まさか、この年齢になって再発するとは思ってもいませんでした。中二病w

まあ、大人なので軽い風邪のような軽い症状なので大丈夫でしょう。(自己診断w)

息子が小さい頃は一緒に仮面ライダーやプリキュアを観ていました。毎年のように誕生日とクリスマスには仮面ライダーグッズの購入にネットとトイザストとサンエーのおもちゃコーナーをはしごしてプレゼントを確保していました。仮面ライダーウィザードのベルトの時はネットオークションで落札したこともありました。

Main_550_309_2


でも、「アニメ おそ松さん」を観はじめたころから何かが変わってきました。





そう、確実にこの作品から息子の観る対象が仮面ライダーからそっち方面に移っていきました。


最初にヒカキンの名前を聞いたのも息子からでした。ユーチューバー?ってなに?と思った記憶があります。その後はじめしゃちょーも息子から紹介されました。


その後、沖縄ではほとんど放送されない深夜枠のアニメや動画などをネットで検索して観るようになって行きました。お陰で私もいろいろな作品を知ることになったのは言うまでもありませんwww



私が知っているアニメは私が中学生のころまでに観ていたものがほとんどです。高校生の頃はパトレイバーとかガンダムぐらいだっただろうか?あとはファミコンなどのゲームが中心だったような気がします。ドラゴンボールぐらいは毎週観ていたかな?



今は、一年を通して新作のアニメがどんどんでてきます。1期12話で放送して人気があれば2期、3期と続くというような感じです。



ラノベが原作のものや少女漫画が原作のものなどいろいろですね。



ただ、おきなわの地上波ではほとんど放送されないものばかりですね。ネットテレビや有料放送があれば観れるのですが。



仕事やプログラミングの勉強でとてもすべてのアニメをチェックする事はできませんし、抜粋して見ればいいのですが、どれが面白いないようなのか前情報だけでは、わかりません。そもそも前情報を集める時間すら難しい状況ですw



で、なにか良いまとめサイトがないか探していた時に知ったのがネットラジオの「そこ☆あに」でした。



Photo_3



週1回の放送で現在放送中のアニメの見どころや面白い部分をパーソナリティーの独断で特集したりリスナーの方からのめちゃめちゃ熱いコメントを紹介しているラジオです。



その紹介している作品は、わたしが観たことがない作品ばかりです。でも、その作品にたいする思いや感想を聞いていると観てみたいなという気になってしまいます。



特集した作品すべてが自分に合っていたわけではないのですが、最近観た作品は、このラジオを聞いていなければ出会う事はなかった作品ばかりです。




今、気に入った作品は、「私がモテてどうすんだ」です。

Photo_4
絵柄するとラジオ前に情報をみていたとしても動画を見る事はなかったと思いますw 内容が気になる方はそこあに#453を聞いてから面白そうだなと思った方は検索してみてください。



最近、息子からの影響が半端ないぐらい受けまくっているのですが、そのお返しができるようにもっと自分自身を楽しんで行きたいと思います。





45歳からのプログラミングを勉強して感じた事!

Photo_2



プログラミングを勉強はじめて3ヶ月。



最初は軽い気持ちではじめました。中学生の頃にすこしだけベーシック言語をいじったことしかなかったけど、ずっと興味があってもなぜかそっち方面の学校にはすすみませんでした。その時は建築士になるのが夢だったからプログラミングはちがうと思っていたのかもしれません。




その時の目標だった建築士の資格を得ることはできたけどいろいろあって一度その世界を飛び出してみることにしたのです。外から建築の世界を覗いてみたいと思ったのもありました。それからすでに20年が経ちます。その間に自分の自宅は自分で設計できるからいいじゃないかと思っていたら本当に自分の自宅を設計することになり自宅は建築できました。




子供も大きくなってきて来年は中学生です。今までは何事も子供が中心、家族が中心だと自分に言い聞かせて、自分がやってみたいことがあっても自分でブレーキをかけてきていました。




息子を育てていく中でいろいろなことがありました。

子供はこうあるべき、父親はこうあるべき、家族はこうあるべき。

自分でもしらないうちに自分で自分に超えられないようなハードルを設けてそれを超えるように仕向けていました。


息子も苦しいことがあったと思います。でも、彼はそれでも自分のやってみたい事を実行していきました。


ダンスをはじめてみたり、ユーチューブをはじめてみたり、学校代表で県外に研修旅行に参加してみたり。


息子の自分の好きな事を躊躇なく実行していく姿をみていてなにか背中を押されている気がしてきていました。




夏休みには、プログラミングを子供にやらせてあげたいと思い近くの大学で開催された体験会につれていってみたり、テレビで高専ロボコン大会を一緒に見てみたりしていました。でも、なにか違うような気がしていました。



一緒にプログラミング体験会に行った時、結構息子も楽しそうに見えました。



スクラッチを使った体験感だったのでそんなに難しくないのですが、息子が触っているそばからついつい口出ししてしまいます。これならあと3回の体験会は行ってくれるかな?と思いました。



「次からは、お父さんは連れて行って挙げられないけど、じーじ(おじいちゃん)にお願いしてみようか」


息子「え?!お父さんといっしょじゃないと面白くないよ」



そう、息子はプログラミングが楽しいのではなくて、わたしと一緒にあれこれ言いながらなにかを作り上げていく事が好きなだけで、それが別にプログラミングでなくても良かったのです。私があれこれ一緒にやって楽しんでいる事を息子は感じていたみたいです。

それで、気がついたのです。

自分の好きな事を楽しめてない大人は、子供になにも伝えることができないんだと。

ちょうどそんな事を思い始めた時に、大人向けのプログラミング教室の開催を知りました。時間的にかなりむりがあることは十分しっていたのですが、通ってみることにしました。




正直、体力的にはかなりキツかったし、授業もかなりハードルが高くてどれぐらい自分の身になったのかかなり怪しいですww


でも、そのクラスで知り合いになった人とのつながりはとても大きいものだと思います。

息子のあの実行力はいろいろな人たちと触れ合うことから出てきたものなのかもしれません。両親や家族、学校、友達以外にも多くの人達と触れ合ってきたからこそ出てきたあの実行力なのかもしれません。




プログラミングは道具に過ぎません。

なくても生活には困りません。仕事も生活もできます。でもなにか違います。

今の時代、日本に住んで世界とつながって行くのにプログラミングやネットは切っても切れない時代なんだと思います。いろいろな人と物がつながっていくこれから先、プログラミングを知ることでいままで無縁だと思っていた人たちを助けることができる時代がこれから始まるのだと思います。



45歳の私ができる事は限りがあるし大したことはなにも出来ないけど、そんな世の中がいま目の前に広がりつつありその可能性があるのだと息子に話をすることができる機会が得られた事は良かったと思います。





2016.11.24

逃げ恥面白い!!

Header


ガッキーが主演のテレビドラマから入りました。逃げ恥!




このパターンは、90年代に放送していた松雪 泰子さん主演の「白鳥麗子でございます」ではまってコミックを全巻購入した時と同じような気がします。




あの時もキャスティングとキャラクターが私の中ではちょうどよく、コミックを買ってもほとんど違和感なく話の中に入りこんでいた気がします。




白鳥もそうですけど、逃げ恥もストーリー的にはかなり飛んでいる設定なので、現実味という意味ではほとんど無いですが、その分、完全にコミックだから割り切って楽しめるような気がします。




来週は8話なので、終盤に向けて盛り上がっていくのだと思いますので、1話1話楽しめたらいいなと思います。




2016.11.23

パトレイバーはやっぱり面白い!

Patlabor_reboot1111



パトレイバーリブートが公開されました。パトレイバーを知ったのは高校2年生のころだから20年ぐらい前だろうか?




当時は1999年のバビロンプロジェクトは未来の出来事で無理だとわかっていてもすこしだけワクワクしてたりしてました。




その後、バビロンプロジェクトのようなものは始まらなくてパトレイバー的なロボット産業も興らなくてすこしだけ寂しい感じがしていました。



実写版が制作されて映画版も出てそれはそれなりに面白かったのですが、アニメのようにレイバー同士のドンパチはクライマックス以外にあまり出てこなくてちょっと残念でした。



今回のリブートはどんな展開になるのかわかりませんが、初期のシリーズみたいにいろいろな話が観れるといいな。。。


あなたがやらずにはいられない仕事は何ですか?





たまたま目にした動画です。


なにか引っかかります。



心のどこかに引っかかります。



埋もれてしまったなにかに引っかかります。




なにに引っかかるのだろう。




今年は自分自身が生まれ変わる年なのかもしれません。




2016.11.20

みんなで狩りに行きたいな・・・





仕事帰りにマックで狩りをしていたのは何年前なんだろうか?




はじめてモンハンを教えてもらった時は1回数時間で終わるRPGってなに?狩りをする?ってなに?という感じでそれまで世界を救ったりお姫様を救出したりするのがゲームの目的で、モンスターは経験値を上げるためだけの過程でしかありませんでした。なのでモンハンの狩りがゲームになっているという意味が言葉だけの説明だけでは理解できませんでした。




実際にゲーム画面を観たのはPSPでした。いままでRPGといえばドラクエかFFだったので、モンハンのキャラクターの激しく動き回るモーションに驚かされました。

Iosdq3release01jpgpagespeedcezkijd5


Game003_title




モンハンがWiiと3DSに移ってからは集まって狩りに行く事がなくなってしまいましたね。自然と行かなくなってそれまで何かにつけてモンハンの話やアイテムなどを買っていたのがなんだか懐かしいです。





現在は、モンハンクロスからダブルクロス(来年発売予定)に移るタイミングですね。



また、いつかあの時のメンバーで狩りに行けたらいいのにな。。。



これからの先にあるものは・・・

今日は、映画と未来について書いてみます。



わたしは、映画の物語の中でいろいろと未来を予見しているものがあると思っています。



ネガティブなもからポジティブのものまで。そのいろいろな未来がある中で、個人的に好きな未来はこの映画です。







この映画「アバター」は未来の別の星での出来事で触角をもっています。今の地球人には触角はないので別の接続方法が必要ですけど、なんらかの形でネットワークに取り込まれ個人知はやがて大きな集合知になるのだと思います。



ただし、アバターのように集合知になる前にかならず通らないといけない世界はこの映画のような世界なのかもしれません。







まだ公開されていませんが、「攻殻機動隊」に出てくる光学迷彩も実際に研究されているし、タチコマのもとになる技術も十分進化してきていると思います。問題は、人間がどれぐらいその進化を受け入れ自分たちの能力を発揮できるようになるかだと思います。



すでに、今の小学生以下の子供たちはその能力が芽吹き始めていると思います。実際にネイティブにその時代を生きるのはその小学生の子供の世代かもしれませんけど。



今でも、いちいちメールやラインやチャットで意思疎通しているのはめちゃめちゃ面倒です。攻殻機動隊のようにオンライン上で言葉で直接やり取りできるようなことができればといつも思っています。やり取りしたことを記録として残す必要があればそれこそAIがやってくれると思います。その方が検索するときに便利ですからね。



さて、あなたの未来のイメージはどんなものだろうか。。。

2016.11.19

シンプルイズベスト!!!

今日のイベントの2部のお話。



家族ノマドを実践している方のお話。


ノマド生活しているみたいなフリーランスの方は何人も観てきました。他県からの移住者も含めるとけっこうな人数です。


でも家族ごとノマドしている人がいるって知りませんでした。



私は、6年ほど前に自宅を建築して地元のイベントや会合にも参加してこれが大人になってきたんだな~とか思っていましたけど、これって昔の自分たちの親のやっていた事をそのままやっている事ですよね。


今年に入っていろいろな事を聞く機会があって現在の状況をみているとこれってかなりリスクの高い選択だったのだと思い始めています。

2016.11.18

『テクノロジーが変える僕らの生き方』〜まだ20世紀の価値観で消耗してるの? 〜

未来の生き方ってどんなことになるのでしょうか?



今日はこんなタイトルのイベントに参加しています。


AIとか自動運転とかいろいろな世界が広がっているという。


禅、瞑想とか宗教とか科学とかいろいろな方向に向かっていると思っていた線が気が付いたら同じ方向に向かっていて近い将来みんなの心でつながるぐらいのネットワークが構築されていくんじゃないかな?


最近観た映画の中では「ルーシー」が一番その答えに近いような気がする。







人間の脳の活動%が上がることで新たな人間の未来を見せてくれています。


たまたま監督が好きで観た映画だったのですが、今では別の意味で好きな映画のひとつになりました。



こんな事書いていたらまた観たくなってきましたね。



2016.11.17

なにが足りないってインプットが足りない。

ブログを書き続けるのは、めちゃくちゃ難しい。



ふだんから流れるように時間をすごしているといろいろな事が周りで起きていても気が付かないで過ぎ去ってしまいますね。



家族、仕事、遊びといろいろな事が起きているはずなんですけどね。

1期と2期でだいぶ差があるような気がする件。

通ってた1期の内容と2期の内容がだいぶ異なっている事に気が付きました。



たぶん、1期の時はどのような進行方法が妥当なのか半分は手探りな状態だったのかな?と多少想像がつきます。



2期はスタート当初から「プロゲート」を活用した進め方でより実務に近い形で進められている感じがしますね。すごい。



1期のメンバーでも「プロゲート」を活用して自習していた方もいらっしゃると思いますが、私の場合、授業の内容を進めるだけで精一杯でした。



まあ、いまさら2期の内容を言っているよりは、早め早めの対応が必要ですね。

2016.11.15

最近、理由が分かってきた気がする。

いままで、どうしてマックやイオンのフードコートで勉強している子がいるのがちょっと不思議でした。


わざわざ、ほかの人のおしゃべりが聞こえる場所で勉強するのか理由がわかりませんでした。



最近、たまに勉強したりブログ書いたりするのにマックを使っているのですが、周りの騒がしさも実際に勉強していたらあまり気にならない事に気が付きました。



確かにちょっと気を抜くと周囲の声が聞こえてくるけど、イヤフォンつけていればある程度防いでくれるし、好きな音楽でも聞けば集中してできるものなんだなと。


子供たちがこんな場所で勉強しているのは、いろいろほかの理由もあると思うけど1時間の時間制限決めて大人が勉強するのは良いのかなと思います。


仕事帰りの9時ぐらいならお客さん少ないですからね。




クリスマスプレゼントはどうしようかな。。。

そろそろクリスマスだというのでトイザらスに様子を見に行ってきました。



平日の夜という事もあって人はまばらでした。



最近、息子が気になっているのはソフトエアガン?のナーフ。

Mainimg_pc

見た目も大きくて音も「バス!バス!」といい感じの音が出て確かに楽しいです。音に反して至近距離から当たってもそんなに痛くないのがいいですね。(目に当たると危ないのでゴーグルはかけた方がいいかなと)


以前なら、仮面ライダーのベルトや変身グッズなどがお目当てで、これがまた売り切れになることが多くてその確保に大変でした。

一番ひどかった時は、県内のおもちゃ屋サン5ヶ所ぐらいはしごしても見つからず、最後はヤフオクで落札しました。それでも定価の1割増しぐらいの価格の未使用品だったので助かりましたがww

最近のシリーズはそこまで人気がないのか在庫も豊富に準備されているみたいですね。

アミーボの在庫と種類はけっこうありましたね。しかも20%OFFだと書いてありましたので、お子さんに直接選んで購入されたい方にはお勧めかもしれません。

ただ、アマゾンの方が確かに安いので、トイザらスで現物を見て選んでもらってからアマゾンで注文もありかもしれませんけど。。。(・。・;


さて、お父さんの自分へのプレゼントにしようと目論んでいたファミコンミニは、売り切れで次回入荷未定とありましたので、気長に待ってみるかなという感じですね。



2016.11.13

個人ひとりひとりが自分を売り出す時代になる?!

今日は、ECサイトについて勉強してきました。


アマゾンや楽天などではなく、ベイスやミンネなどの個人で安価で手軽に売り買いできるECサイトについて入門編といった感じでした。


いままで、特にネットで販売してみたいという気持ちはなかったのでECサイトについては、一度も踏み込んだ事はありませんでした。



今回の勉強会で講師をしていただいたのは、こちらのサイトを運営されているDaiさんでした。

Booth_2



Daiさんはこの小道具などを3Dプリンターやレーザーカッターを駆使して作成しているという事で勉強会終了後に近くにある制作現場もみせていただきました。すべてをひとつの素材で作るのではなく、ハードウェア的に特異な部分をきちんと切り分けて製品を作りをしているのはとても勉強になりました。<一応、今日はECサイトの勉強会でしたけどw



Minne



Iichi


はじめて個人で作った物を1点から販売するなら、ベイスなどの単体のショッピングサイトよりは、ミンネなどのモール形式のサービスを利用した方がいいみたいですね。



単体のサービスはある程度自由度があるみたいですが、集客するには、各自の努力だけが頼りになります。ツイッターやブログを併用する必要がありそうですね。


もともと、集客できるぐらいのネームバリューがある人が始めるか売れている商材でなければ開設できてもお客様に見つけてもらえないという事になってしまいます。



モールタイプのサービスの場合もそこに訪れるお客様と販売する商品カテゴリーが合わないと来客数が多くてもまったく売れない状況になります。販売時の手数料が必要ですが、必要経費だと割り切ってその分も含めた販売価格を設定しておけば問題ないかな。



ミンネとか見ているとやはり手作り系のECサービス利用者ってやはり女性の方は多いのかな?という印象を登録されている商品から感じました。男性ユーザーも今後は増えるのかな。。。




たとえば、今後、出てきそうなサービスは自分自身を売り出すことができるサービスってどうだろうか?



自分の得意な分野を公開してその技術や能力を買ってもらう。個別の能力を紹介して販売することができれば会社に依存することなく仕事をすることができるようになると思う。



これからの10年。。。どんな風に生きていくか。。。

未来からどうやったら選ばれるのだろうか。。。?



ふと考えさせられたのはこの本です。



未来から選ばれる働き方



まだ、読み終えていませんが、ぞくぞくする感じはどこからくるのだろうか?



子供のころ、漠然と建築士になりたいと思ってすごしていました。



それは、近くにいた叔父さんの影響でした。



紙に書いた図面が目の前で立体物になっていくのがとてもぞくぞく、わくわくしてこんな仕事をしたいと思い始めていました。



その後も、中学生になって10年後の未来はどうなっているかを書いた文集に「建築士」になっていると書いた。


すると本当に「建築士」になっていました。



ほんとうに「言霊」です。


言霊が本当だと思ったのは資格を取ったことを言っているのではありません。そのあとの事です。



子供のころ言っていたのは「建物をつくる仕事」になりたい。中学生のころも「建築士」になりたい。建築士になることが目的になっていてその後のビジョンを言霊してなかったのです。



建築士になった後のわたしは、いろいろな事があり、あれほどなりたかった建築士の道を降りてしまいます。



言霊では、建築士ではなく、その資格を取ってなにをやりたいかが重要だったのです。



だから息子には将来どういった職種につきたいのか?ではなく。どんな生き方をしたいのか?を聞いていきたいと思います。その生き方をするために何を学びどのような生き方をしていけばいいのかをその時その時で選べるようにしてあげる事だと思います。



それを考える為には、自分自身がいろいろ経験していく必要があると思う。



2016.11.12

ひとにはそれぞれの考えがあるよね。

反省。


朝からいろいろ考えて。



なんで、笑いで返せないのだろうか。




そんなに大きな問題ではないはずなのに。




人にはそれぞれが考える価値観があるから人として成立しているのに。



人がみな同じ価値観、共感ばかりするのであれば進歩なんてありえないわけで。



だから、その違いを許容して踏まえてイメージしてこちらの価値観と合わせてよりよい道を探していけばいいわけで。



それが出来ない自分はまだまだ大人になりきれてないだと思う。




だから反省。



ごめんなさい。



2016.11.10

すきなことだけでいいんです!





きらいなことだけでは生けていけないよね!


なので、両方がひつようなんです!


すきなことは我慢しないでもいいんです!


他人に迷惑をかけるようなことはだめだけど。。。



もっともっといろんなことにチャレンジしていいと思います!



自分の中の壁を乗り越えていく!!!


2016.11.09

ゼーガペインって知りませんでした。





ゼーガペイン面白いですね!。。。。って今日、はじめて知りました。



すでに10年前の作品らしく今年劇場版が公開されたようです。





そこ☆あに のポッドキャストでその存在を知ってフルで放送していることを確認して第1話を観ることができました。



まだ、1話だけなのでなんとなくエバ?ぽい?キャラデザのせいかもしれませんがけっこうおもしろそうだなというのが感想です。



知り合いに聞くとぜったい観た方がいいよ!って勧められたので見てみることにします。



最近、自分が好きな作品は良いのですが、新しい作品に対して素直に観ることができなかったりするので、ゼーガペインはそんなことにならないようにしたいと思います。




Keyvisualhomew




君の名は。今年のヒット番付2位らしいです。

ここ最近では、その名前を聞かない日はないし、曲もかならず1回はラジオから流れていると思います。


たしかに面白いですね。せめてもう一回劇場で観ておきたいなと思わせる作品です。


関連書籍もばんばん売れているんでしょうね。



ラジオで聞いた話だと物語と劇中歌の組み合わせが最高だと言っている人がいました。

たしか、てれびでメイキング映像で作曲っしている映画に合わせて曲作りしていると言っていたのはこういうことだったのですね。

2016.11.08

自分は何キャラなんだろうか?

昨日、録画されていたEテレの番組を見ていました。



若い子たちは自分が何キャラなのか。。。



心のキャラと周りから思われているキャラがずれてしまうと心が折れてしまいます。



自分は何キャラなんだろうか?



会社での顔。。。



自宅での顔。。。



地域での顔。。。



スクールでの顔。。。



どれが本当の自分のキャラなんだろうか?



いつからか自分の心のキャラを抑えて周りから思われているキャラをかぶってすごしていたのかな。。。



おかげで自分のキャラを見失っているような気がする。




2016.11.07

車検って必要なのかな?

本日、5年目2回目の車検に出してきました。



Img_1799



これは車検に出した愛車イースではなくて、車検中に貸し出してもらった代車のココアですね。ピンクでめちゃかわいい車でした。たぶん、グレードは高めのモデルなんだろうかと思うのですが、キーレスエントリーで運転席と助手席はベンチシートのフラットで乗り心地抜群でした。



でも、イースと比べると車体重量があるような印象を受けたのでちょっと燃費は落ちるかもしれませんね。知りたい人はメーカーサイトをごらんください。



で、車検の費用ですが、税金や法定費用などで2万円弱、ディーラーの作業費用で3万円弱、車検にひっかかるパーツの交換やオイル交換、オイルフィルター交換、アンダー洗車、ワイパーゴムの交換、8%消費税すべて込みで6万2千円ほどかかりました。。。痛い。。。



なんで、ただの検査でこんなにも費用がかさむのかな?



税金関係は決まった価格なのでどのサービスに出しても同じですが、作業費用の部分がもうすこしだけ安くならないかな?




うーむ。



以前の車も新車で購入して12年ほど乗っていたのですが、乗っていた期間の後半6年は、2年に一度ほどエンジンオイルが漏れたり、マフラーが落ちたりとローンが終わっていたのにそれなりの費用がでてしまっていました。




今回のイースはそうならない為に、6カ月点検をきちんと受けてきれいに5年乗ってきたつもりです。購入した当初は5年後には乗り換えるつもりだったのですが、あと3年ぐらいは乗っていこうかと思っています。<大きく壊れませんようにとお祈りしながらww




6カ月点検や12カ月点検など定期点検を受けたら必須の車検を受ける時にもうすこしメリットがあってもいいのになと思います。税金が2割引きとかになったりとか(^^)/




事前に大きなトラブルになって部品代にとられるぐらいなら、オイル交換など適宜定期点検しておくと長い目で見て得をするかなという実験のつもりもありますけど。





2016.11.06

これからの生き方ってどうなんでしょうか?

Photo


今日、このイベントに参加してきました。




いろいろな話を聞くことができました。




すみません、家入さんの事はまったくしらなくて、会場でいろいろ紹介されていく中で人となりを知ることができました。




単純にクラウドファンディングやECサイトの利用の仕方を紹介してくれるのかな?と思っていたのですが、まったくもってそんなことはなくて、たぶん普段、聞くことのない本音トークが聞けたのかなと思いますww





ネットを通して世界が広がった反面、個人のもつエリア?プライベートスペース?が小さくなっていると感じるというコメントが面白いと思いました。




昔はマイナーな趣味は周りに同意してくれる人はすくなくてそれ以上広がることがなかったけど、いまなら全国や全世界とすぐにつながることができる。




そのために、ツイッターやfbも、自分の興味のある人をフォローして友達になるとますます自分の意見を肯定している人が周りに集まってくる。




ひとつツイッターやふfbで何かをつぶやいた時に、「それってちょっと違うよね?」って否定されたり、「それ間違っているでしょう!」って突っ込んでしまう。




それがリアルの付き合いなら笑いながらとかその場の雰囲気とかで冗談で済んでしまうこともネットだと大きな炎上することにつながってしまう。




本来なら、意見の相違があって当たり前なのにそれを受け入れるスペースをなくしてしまっている。




人の多様性を受け入れる土台が育たないとなかなか難しいのかな?




今の息子(小6)を見ていると自分が子供のころとは明らかに違う多様性を自然と受け入れているような気がする。




みんな同じ漫画を読んだりアニメを観たり同じ遊びをしていた事が多かった昔に比べると息子の周りでは、みんなそれぞれが好きなことを自由に楽しんでいるように見えてします。




しかもそれを全否定することはなく、「こいつ○○オタクなんだよ」とか言いながら友達を紹介していたりするらしい。




オタク がもともと持っていた否定的なイメージはなくなっているのは当然として「だから面白いよ」っていうニュアンスまで含まれているような気がする。




彼らがあと10年すると大人になって社会に出てくる。




その時にもっと生きやすい世の中になるのかな?



2016.11.04

プログラミングのレベルはどうやったらあげられるのか?

プログラミングを習い始めて2ヵ月が過ぎました。



確実に2ヵ月前よりは、レベルは上がったと思いますけど、正直、自分ではあまり実感がありません。



あっという間の2ヵ月でした。



ほんとうにあっという間です。




htmlから始まってcss、PHP、SQLなどなど。。。





およそ、ネット関連の仕事をするための基礎の基礎という部分だと思います。




最後はOJTでの実習もありかなり密度の濃い二ヵ月だったと思います。




せっかく習ったネット関連の技術なので、もうすこし継続して勉強していこうと思います。

どこまで出来るか分からないけど。



Img_1704

さて、もどって続きを勉強しようかな。。。

2016.11.03

逃げ恥と白鳥麗子でございますに共通点があるのかな?

やばい。ひさしぶりに観たドラマが面白いです。


プログラム画面が今習っているPHPという事で興味がわいてその部分だけで見てみようと思ったかなり偏った感じです。


あ、ドラマは逃げるは恥だが役にたつというガッキーと星野さんが主人公のドラマです。公式サイトはこちらhttp://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

Cwehukrukaabbit

※公式ツイッターより

漫画が原作でしかも原作をまったくしならい状態で観たのは「白鳥麗子でございます」以来かな(古い)



白鳥麗子でございますの時もまったく情報ないままの視聴でファンになってしまい漫画を購入してましたね。


まだ、逃げ恥のコミックは読んでいませんが、なんとなく似たような感じがしていますね。




もし、まだ観ていない人で白鳥ドラマが好きだった人におすすめです。・・・たぶん。

2016.11.02

仕事のスケジュール管理って大切ってこと。

Clock_0330大人なって一番大変なのはお金の管理と時間の管理。


お金は頑張れば増やせるけど、時間だけは増やせないww


当たり前だけど。



そうなると、いかに効率的に時間を自分のことに使うかというところになるのかな?


他人のために使う時間、自分のために使う時間それぞれがあってと考えるとそうそう他人のことにばかり時間を使えないですよね。



先月までわずか2カ月間ですが、プログラミングスクールに通えたのはとてもラッキーだったと思います。



移動や勉強時間などめちゃくちゃハードでしたけど、とても良い経験をしたと思います。




プログラミングの経験もあり、ひととの繋がりもとても良いきっかけになったと思います。


これをきっかけにもう少しだけ自分の時間を増やしていきたいですね。



ピクシブ

  • ピクシブ1

気になるサイト

お勧めをご紹介

Twitter

  • Twitter
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Google+1

  • g

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

PR3

google