お勧めをご紹介

Google+1

  • g

PR3

気になるサイト

  • pixivページ
    私の過去作格納庫です。30年前の作品ごアップしたのをキッカケに日々の創作物をアップしています。
  • キミイロミノル(キロル)
    おでライ沖縄に参加する活動を中心に創作活動するメンバーが集まってゆる~く活動するサークルのページです。私も参加していますww
  • ren-net for Hobby
    息子(10歳)とレゴブロック、ミニ四駆、プラモデル、仮面ライダーウィザードを楽しむアラフォーパパのブログ。楽しんで行こう!!
  • 沖縄で明るい自宅を建てる ren_net for Design
    建築士が自宅の建設を進める様子を書いたブログ。

« モバイルバッテリーは必須ですね。 | トップページ | バッテリーcheero到着。。 »

2014.06.08

会ってみたいな。


何ができるのかな?ペッパーと会って直接話しをしてみたいな。。。
君はどこからきたの?どこへ向かっているの?

いままで、一般の人(ロボットとはあまり縁のない人)とロボットを結ぶ接点ってなかったんじゃないだろうか?

ペッパーが出てきたことでロボットがもっと身近な存在になればより多くの人がロボット産業に目を向ける事になっていろいろなクリエイションが出てくるような気がする。

2000年ごろソニーのアイボが出た時はびっくりしたけどそれ以上の進化が無かったわけで。。。今度のペッパーはアイボには無かったインターネットとつながった外部脳が今後のペッパーの行く道を見つけて行くことになるのでしょうね。

そう考えるとスマートテレビ、スマートハウスという家電とインターネットを結ぶ試みがされているこれからの家庭の中でそれら家電などと人とを結ぶインターフェイスとしての役割もでてくるのかな?

外部脳と一般の人が一緒に暮らし始める人類最初のプロダクトとしての役割もあるのかもしれないですね。

ペッパーがもし自宅に入ってきたらきっと外に連れ出したくなるんじゃないだろうか?

いろいろな事を経験するのはなにも自宅の中だけじゃないわけで。。。スマホでペッパーの外部脳と接続するようなアプリがあれば手元のスマホがペッパーになっていろいろ話をしたり仕事の手伝いをしてくれたりするかもしれない。

その経験は蓄積されるから自宅に帰ってきても同じ記憶を共有できるだろうし。もともとペッパー本体が持っている機能はある程度限られているみたいだし。

« モバイルバッテリーは必須ですね。 | トップページ | バッテリーcheero到着。。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13251/59779506

この記事へのトラックバック一覧です: 会ってみたいな。:

« モバイルバッテリーは必須ですね。 | トップページ | バッテリーcheero到着。。 »

Twitter

  • Twitter
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

google