お勧めをご紹介

Google+1

  • g

PR3

気になるサイト

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の44件の記事

2009.04.28

データの管理

今では当たり前になっているUSBメモリーでのデータ入稿ですが、普通は、プリント依頼するデータのみが保存されているだけのメモリーなのですが、たまにこちら側が大丈夫かな?と心配になるぐらいいろいろ営業関係の資料からプレゼンの資料などプリントする必要がないデータもいっぱい入っていて本人もどれをプリントするのか分からなかったりする場合もあります。

基本的にはお客様の立ち会いの元でプリントするデータ選んでいただきそのデータのみをプリントするので、当社にデータが残ることもないのですが、そのUSBメモリーを紛失するかもしれないと思わないのでしょうね。自分は大丈夫だと。。。

今では何GBとかのメモリーもありますので保存用として利用される方も多いのだと思いますが、私の個人的な考えは、USBメモリーは書類を運ぶカバンや封筒だと思っています。

いつ静電気などで内容情報が飛んでしまうかもしれませんし、紛失する可能性も大きいですよね。

あまりに手軽に利用出来る事だけが一人歩きしてしまって、そのデメリットの部分をきちんと理解した上で利用している人はすくないように感じます。

最近はUSBメモリーをねらったウィルスも多いので社外でいろいろなPCに接続したUSBを自分のPCに接続するリスクも大きいような気がします。

なので、いまだに個人的に利用しているUSBメモリーは最初に購入した512MBのメモリー1個だけです。封筒と考えればFDが500枚も入る大きな封筒なのでこれで十分な容量かなと(^^;)

データ管理の本

なかなかいい感じです。キャノンのプロッタ

先月導入したキャノンの大判プロッターがなかなか調子良いです。

いままで稼働していた大判プロッターはマット系の用紙にプリントするのが苦手だったのですが、今回導入した機械はなかなかいい感じです。

これから勉強しないといけない分野かな?

いままで仕事に関係する事はいろいろ勉強してきたつもりなのですが、これからは資産運用分野もきちんと勉強していかないといけないかな~と思います。

アマゾンで「資産運用」で検索するといろいろ出てきますね。

資産運用の本

今年は、個人的にいろいろ大きな動きのある年になりそうなので、どうせならいろいろ試してみようかと思っています。

でも、いきなり出来るものでもないと思いますので、すこしづつやって行こうかな。


2009.04.27

デカイ!です。

今日は、今月オープンしたジュンク堂那覇店に行ってきました。

話によると130万冊という事らしいのですが、その広さはかなり驚きました。

場所は、もともとスーパーのダイエーが撤退したビルで地下1階~地上5階(4階だったかな?)を利用していたビルです。

その内 1~3階をフロアーをすべて本屋としてのスペースに利用していました。

県内の大型本屋さんの中では確かに最大規模の本屋さんなのは間違いないようです。

ただ、私のいる市からだと車で片道30分ぐらいかかるのと、専用駐車場が無いので斜向かいの立体駐車場に有料で利用するしかないので、毎日は 行けませんが時間が有るときにゆっくりと見てみたいですね。

2009.04.26

グーグルスケッチアップを始めるには

最近本屋さんに行くと普通に見かけるようになってきたグーグルスケッチアップの本。

グーグルスケッチアップは気軽に始めてもすぐにその基本的な考え方は習得できるのですが、やはり本を1冊手元において習得するといろいろな事ができるので楽しいですね。

私のおすすめは、エクスナレッジから出ている「Google SketchUp日本語版パーフェクト (入門編) 」ですが、値段や解説内容がそれぞれありますので、一度、本屋さんで内容を確認されてみてからでも良いかもしれませんね。

ちなみに、アマゾンで扱っているグーグルスケッチアップ関連の本はこんな感じですね。

グーグルスケッチアップの本

初めて3Dを触ってみたいと思った方にはお勧めします。これで慣れてきたらその次のステップに進んでも遅くないかな?もちろん、3Dの目的がはっきりしている場合は、その目的にあった3Dソフトを選んでそのソフトを勉強していった方がはやいと思います。

2009.04.25

アップルも出すかな?

最近、いろいろ話題が出ているアップルのネットブックですが、本当に出てくるでしょうか?

いろいろアップル関係者のコメントを聞いていると出すつもりは無いといっているみたいなので、今、発売されているネットブックのようなPCにアップルのロゴを付けて出すことはないのでしょうが、「さすがアップル!」と言われるようなモデルを出してくれる事を期待しています。

考えてみると、アップルという会社は機械を出さずしてユーザー側に次に何を出してくるのかワクワクとした期待感を提供しているのかもしれないなあ〜。

この期待感は本来ならクリエイティブな作品(映画や小説、音楽など)に対するユーザーの期待感と似たような感覚かな?

日本の他のメーカーで同じ様な期待感を持たせてユーザーを喜ばせてくれるメーカーってあるだろうか?ソニーぐらいかな?最近はそうでもないのかな?

出来ればアップルにもネットブックと言われるようなカテゴリー製品を出して補しい気もするのですが、現状出ているMacBookとiPodタッチの間という隙間をねらう商品なだけに中途半端な位置付けになりそうだし、逆にヒットすればMacBookとタッチの販売に大きな影響が出るでしょうね。

ジョブスが登場するのかもきになる6月の説明会ですがこのネットブックの出現もとても気になりますね。


-----------------
sent from W-ZERO3

2009.04.24

どこでもPCという感覚

ネットブックを利用していると手軽にどこでも仕事ができそうな気がしてきますね。

ネットブックの利点はその機動性です。

CPUの処理能力とバッテリー効率が今後もっとよくなれば、コンピュータと言えばネットブックというところまで行くかな?

EeePC 1000HEのように駆動時間がたっぷり9時間(実質6~7時間ぐらいかな?)あるネットブックが当たり前になればもっと利用しやいでしょうね。

現状の3時間前後の駆動時間では、電源ケーブルから離れる事ができないので、どこでもPCということができませんね。

あと、やっぱり重要なのは、ネットワーク環境でしょうね。いくら性能がよくて駆動時間が長くてもネットに接続できなければただの箱でしかないという感じですね。

10000コの工事写真

今日、入ってきた工事写真のデータを調べて見ると10000枚以上の画像ファイルが入っている事が分かりました。

しかも、このファイルが大きな単位でした分けられていないフォルダ内に入っているだけの整理も出来ていないファイルです。


話しによると、この写真データから電子納品対応のデータを作ってくださいとのこと。

書類関係もオリジナルは無く、すべて紙書類をスキャニングするとの事。

ふぅ〜聞いただけでも疲れてきそうな感じです。
肉体的も疲れるのですが、精神的に電子納品の主旨からズレた電子納品を準備しないといけないのが。。。

これだけの仕事量から安く見積もっても最新型の大型液晶テレビ(40型以上)ぐらいの金額と60日ぐらいの時間が必要になってしまいますので作業に取りかかる前に本当にこの作業内容と金額で進めて良いのかを最終確認しないといけませんね。

見積が通るならやってもよいのですが、おそらく金額聞いたらドン引きするだろうなぁ。たぶん。


-----------------
sent from W-ZERO3

初心者にはちょっと不向きかな?

ネットブックを利用してみて感じたのは、初心者にはちょっと不向きかな?という事。

光学ドライブがついていないことや処理スピードの部分などですこし物足りなさが出てくると思います。

もっとクラウドコンピューティングが普及して、WIMAXや次世代PHSが当たり前になってくれば、それなりにネットブックの利用価値が現在よりも上がってくると思うのでそれまでは、現状のケータイで事足りている人はわざわざネットブックを購入する必要はないのかもしれません。

-----------------
sent from W-ZERO3

2009.04.23

がんばれウィルコム

次世代PHSの話題がやっと出てきたのでウィルコムユーザーとしてはすこしうれしいですね。

チューニング前で20MBそこそこ出ていたらしいので早めの本格始動を期待しています。

ただ、どうしても新しい設備を設置していかないといけないのでなかなかすぐに全国展開はむずかしいかな。

現在利用している端末はアドエスと呼ばれるウィルコムのスマートフォンなのですが、分割支払いしていたのが今年の7月に終わるのでそのままウィルコムにするかソフトバンクに乗り換えるか悩んでいたのですが、もう少しウィルコムを利用していようかと思います。

私のケータイの利用状況は、ネット系が7割で残り3割が音声通話といった感じです。10年利用していたドコモからウィルコムに切り替えたのもケータイの端末から普通にネットに接続出来なかったからです。(現在はそうでもないとおもいますが)

ウィルコムに切り替えた3〜4年前は定額制でPC用のウェブが普通に閲覧出来るのはウィルコムぐらいでしたので、なやんだ結果乗り換えました。

その後、ケータイ各社もネット接続に力を入れてきたのでウィルコムの優位性はかなりなくなってきた感が強いかな?

逆にいえばやっと同じ土俵に上がってきた訳で、これからが各社の方向性をユーザーにアピール出来て利用者を獲得出来るかが問われていくのでしょう。

端末や料金体系は現状にはあまり不満は無いのですが、唯一の不満が有るとすれば、その通信スピードかな?

メールを送るときはあまり感じないのですが、メールの受信スピードやウェブ表示するまでのあのもったり?した感じを解消してほしいですね。アナログモデムでパソコン通信をしていた時を思い出してしまいますね。(たとえ話ですよもちろん、当時と比べれば早いのだと思いますけどね)


さて今年の10月からスタートする次世代PHS普及が次世代ウィルコムのカギを握っているのは間違いなさそうですね。

-----------------
sent from W-ZERO3

今 一番みたいDVDはこれ

ピクサーのウォーリーです。


予告編だけでもわくわくしてみたいな~と思っていたのでやっとDVDで出てきたのでうれしいですね。

ピクサーの映画で好きな作品は、「カーズ [DVD]」と「ファインディング・ニモ [DVD]」です。

とくにカーズは、前知識ゼロで見たのでレースシーンのかっこよさに息子と二人心を惹かれました。初めて見たときは2週間ぐらい繰り返してみてたんじゃないかな>当時3才の息子

ウォーリーは、ロボットが出てくるというだけで個人的には見てしまうジャンルですが、これがピクサーとなると絶対にはずせないですね。

今度の休みに家族でみたいな~。

2009.04.22

ノートPCに必須な周辺機器は?

ノートPCに必須な周辺機器はと聞かれたらまず迷わずお勧めするのはノートPC用の冷却台ですね。

自分が最初に購入した5年前は、選ぼうにも選ぶほど種類はありませんでしたが、現在は各メーカーからいろいろなタイプが出ているんで実物をごらんになって、検討されると良いと思います。

あと、もしデモで置かれている台があれば迷わず手のひらでパソコンの熱くなる部分があたりそうな部分の熱を確認されてください。

ちなみに私が選んだタイプはプラ製のボディーに4つのファンがあるタイプです。

ファンが4つもあるのでかなり効果はあるのですが、反面、回転時の音が大きいのはしょうがないかなといった感じです。

で、今 買うならこれがいいなあと思っている冷却台はこれ。

ELECOM ノートパソコン用冷却台 冷え冷えクーラー SX-CL06SV

アルミ製のボディーと大きなファンが見ているだけで効果ありそうです。



MIDとは。

モバイル インターネット デバイスの頭文字のMIDです。

通信環境がさらに良くなればもっといろいろなサービスが出てくるような気がします。

現在は、ケータイがその一番近い場所にいるのだと思うのですが、現在のケータイは、音声通話をする端末でネットとメールも便利に利用できますよという感じです。

先日、東芝×ウィルコムが出してきたウィルコムNSとかネット接続がメインの端末がもっともっと出てきても良いのになあと思います。

単純にネット接続するボールペンとか、ネット接続するビジネス鞄とか出ないですかね。いろいろでて使えない機器も出てくると思いますが、その中から面白い物も出てくるかも。カメラ内蔵でネット接続出来るメガネとかあると一日に目の前で起こった全ての事を自宅のホームサーバーに蓄積して必要に応じてサーバーに接続したPCが翌日の行動のフォローしてくれるとか。(誰かに頼まれ事された件を抽出して忘れないようにフォローするとか。ただ、これに頼りすぎると脳が退化してしまいそうですが)

インターネットが出てきておよそ20年ぐらいかな?この20年はとても劇的な変化だったと思うのですが、これからの20年はさらに変化する20年になって行くでしょうね。

-----------------
sent from W-ZERO3

2009.04.21

東芝とシャープも本気?え!富士通も?

と、言ってしまった昨日と今日のITニュースでした。

富士通(記事

東芝(記事

シャープ(記事

なんだか、ソニーだけかと思っていたら後を追うように日本メーカーも本格参入といった所でしょうか?

富士通はこの記事の機種以前にネットブックと重なる機種は出ていたし、東芝なんかネットブック以前にビデオテープぐらいの機種とかありましたしね。いまさらな感はありますが、10万円以下で出すのはやはり決断が難しいでしょうね。普通に考えても10万円以上のモデルとの住み分けがかなり難しいと思います。

この3メーカーの中でちょっと注目していたのはシャープだったのですが、パッド部分に液晶を利用するというのはなんとなく読めていたような気もします。

事前のウェブのシルエットでキーボード部分から光が出ているようなイメージだったので、キーボード部分が前面液晶になっていたら面白いなあと思っていたのは自分だけでしょうか?

簡単に言えば任天堂DS風なノートPCということです。

液晶キーボードであればかなりのインパクトが出せたと思います。うわさではアップルのネットブックがそうなるかもといわれたりしているようなので、その前にシャープがやってしまえばもしアップルが同様のコンセプトで予定しているのであれば面白いことになっていたと思うのですが。。。

キーボード側に小さな液晶をつけるのは先に他のメーカーがやっていますし(パッドではなくて単純にサブモニターとしてですが)液晶のシャープがやるにしてはちょっとさびしいですね。

で、ここまで見ていて気になったのはバッテリーのカタログ値です。いずれも標準バッテリーでは、3時間前後とかなり小さな値になっているのが気になりましたね。

ネットブックは持って歩いて使うことを前提としているはずなのに、その駆動時間がカタログスペックで3時間前後や3時間以下というのはだれに売ろうとしているのかメーカー側に見えているのか疑問を感じます。

バッテリー駆動時間といえば思い出すメーカーはパナソニックですね。レッツノートを出しているメーカーなのでその長時間駆動のノウハウは十分過ぎるほど持っていると思いますので、国内メーカーでぜひパナソニックにこのネットブックをだしてもらって外国勢と張り合って欲しい気もしますけど、おそらく参入してこないのかな~と思いますね。

既に薄くて軽くて長時間駆動というネットブックとかなりの部分で重なりますので、現在15万円から30万円ぐらいの価格帯で売れている商品をわざわざ引き下げるような事はしないのかなと。ただ、ネットブックを欲しているユーザーを引き止めるモデルを出しておいて、将来のネットブックでは我慢できないと思うユーザーを発掘するという考えもアリなのかなとね。

国内メーカーはソニーのタイプPに押されるような格好で出揃ってきましたが、今後はどうなっていくのか気になりますね。

ちなみに私の個人的なお勧めは、こちらです)
ASUS EEEPC1000HE-WHITE 10inchワイドTFTカラー液晶 EPC1000HE-WHI034X

エクセルから電子納品

エクセルファイルを電子納品に利用するのはよくある話しですが、エクセルの内容が工事写真だと話しが違います。

まだ、手元にデータが届いていないのでどれぐらいのボリュームなのか分かりませんが、かなり手こずりそうですね。

対象基準によってはこれだけで数週間のスケジュールが飛んでしまいますね。

今日の夕方にはデータが届く予定なのでそれから検討することになりますね。

-----------------
sent from W-ZERO3

日付を付与

今日は、電子納品するPDFを整理していました。

単純なファイル名だけなので、整理しやすいようにファイル名に日付を付与して、サムネイルを埋め込み、表示を100%にしてと下準備ですね。

全部のデータがそろっているわけではないので、料理でいったら下味を付けている段階という感じかなあ?

-----------------
sent from W-ZERO3

2009.04.20

勘違いしやすい基準案?

営繕仕様の電子納品を進めている案件があるのですが、現場事務所でMEETフォルダはまとめたのでとデータを受け取るとMEET.XMLとDTDとORGフォルダを渡されました。

なんか変?分かっている人が見るとそう感じてしまうはずの土木仕様と営繕仕様の電子納品。

営繕仕様は、ORG以外にひとつにまとめたPDFが必要なはずなのにそれが有りません。念のためORGを確認すると、すべてPDFファイルです。

XMLを確認すると微妙に営繕のXMLと異なります。

う〜ん、どうも土木電気仕様で作成されているようです。現場はすでに撤収しているので、このデータを利用して進めるしかありません。

このように仕様を間違えても築きにくい原因は、営繕と土木の仕様が微妙に異なることに原因が有るような気がします。

一般的に各種講習会やセミナーで話しがでてくるのはほとんどが土木基準の話しです。そうなると営繕仕様で必要な、まとめたPDF+オリジナルという組み合わせと、土木のオリジナルだけという話しが混在してしまい、何でもPDFにして、なおかつオリジナルとすれば良いというふうに勘違いされてしまうのかなと思います。

詳しく説明して分かっていただける現場もあるのですが、中にはこれで大丈夫だからとこちらの説明を聞いていただけない事もあります。「これで良い。他の現場も同じようにしている」と言われてしまいぜんぜん聞いてもらえません。

オリジナルにPDFはダメとはかかれていないので確かにチェックは大丈夫だと思うのですが、それでは基本的に電子納品の意味がなくなってしまうのですが、現場では出せと言われてしょうがなく出しているといった感じなのでほとんど前向きに考えて対応している現場は少ないようです。

今日は、ばらばらになっているPDFファイルを結合してひとつのファイルを準備するだけで終わってしまいました。

最終的には土木のXMLファイルから書類情報を確認して営繕仕様に修正していかないといけませんね。

-----------------
sent from W-ZERO3

2009.04.17

最近増えてきた2007形式

最近、持ち込まれるデータで増えてきたのがワード2007で作られたデータとワード2003形式のデータ。

当社で問題になるのが、2003形式ですね。

準備しているワードが2000と2007なので途中の2003の場合2000と2007で読み込むとレイアウトが崩れる場合があります。

2000だとほとんど使えない場合がおおいのですが、同じファイルを2007で読み込むと7割ぐらいは読み込むのですが、残り3割部分が崩れてしまう事があります。

全ての場合ではないので、いったい何が原因なのか分からないのですが、どうしてもプリントする場合はワードビューワを使ってプリントするようにしています。

これから新しいワードが出てくると思うのですが、出来れば互換性をもうすこし精度を上げてほしいですね。

-----------------
sent from W-ZERO3

超合金ロボって今の子は分かるでしょうか?

先日、本屋さんで見かけた一冊。

カラー版 超合金の男 -村上克司伝- (アスキー新書)

私が子供の頃は、オモチャといえば「超合金ロボ」だったような気がします。

いろいろなロボットがありましたね。今 思い出すといろいろなシリーズがあったのだと思いました。

特に印象的なのが合体する超合金ロボットで胴体部分がライオンのロボットが合体するロボットですね。

そういえば、ハリウッド映画で「ゴライオン」が映画化されるとかされないとか言われているので実際に映画化されると面白いかも。。。たぶん。



2009.04.16

ターミネーター

ターミネーターのTV版?のDVDがTSUTAYAで100円レンタルやっていたので借りて見ました。

雰囲気はターミネーター2の世界ですね。ストーリー的に2の続編ということでしょうね。

今度公開される映画版へのフリもでてくるのかな?

-----------------
sent from W-ZERO3

システム手帳でネット検索?

ウィルコムの新しい端末が発表されました。

WILLCOM NS (関連記事

システム手帳が手放す事ができないけど、ネットブックは大きすぎるし、ケータイの画面は小さいすぎる!いう方には、丁度良いかも知れませんね。

考えてみると今までには無いコンセプトかも知れません。アナログなシステム手帳とデジタルのPDAを足して2で割った感じかな?

もったいないのは、アナログとデジタルを見た目だけが融合している点でかな。

どうせなら、デジタルペンのようなデバイスも利用してよりデジタルとアナログを融合できればもっと面白い端末になるんじゃないかな?

今後の展開に期待します。

2009.04.15

合格ですね。

EEEPC1000HE の実機を見てきました。

シルバーのモデルでした。現状で選べるネットブックの中で一番バランスの取れたモデルかな?と思います。

まず、バッテリーが9時間(カタログ値)というのと160GBのHDDというのは私がネットブックを選ぶなかでどうしても希望したいスペックでした。

いままで他のモデルも検討してみたのですが、バッテリーが良いとHDDが小さいしHDDが大きいとバッテリーが短いと天秤な状態でこの両方がそろうモデルがなかなかでなかったのでどうしても買いたいなあとい所までは行きませんでした。

今回でた EEEPC1000HE はこちらの希望しているスペックは全てクリアしているので、なかなか良い感じです。

-----------------
sent from W-ZERO3

2009.04.14

小さな手の中に新型機?!

朝起きたら息子が先に起きていて手にレゴを持って立っていました。

先日作ったロボットがこわれたかな?とおもったのですが、手に持っていたのはシンプルなデザインのレゴ戦闘機?でした。

以前は、ただブロックを組んだだけの飛行機に見えない飛行機だったのですが、今回の飛行機はちゃんと主翼が取れない様に補強されていてカッコイイデザインになっていました。

う〜ん。こうゆう風にいろいろレゴで遊べるようになるとさらに楽しくなりますね。


レゴの面白いのは簡単に組むことができたり、外したりしながらいろいろな形を頭で想像しながら目の前で実際に組み立てるところでしょうね。

子供の頃ずっと遊んでいたレゴを30年後の今、子供と遊ぶようになるとは思っていませんでしたね。

忙しくてなかなか遊んであげる時間がありませんが、もっと時間を作って遊んであげようと思います。

-----------------
sent from W-ZERO3

今からプログラムの勉強するならこれ?

今年の6月に新型が発表されるのでは?とウワサがあるiPhone3Gですが、プログラム作成する側の環境も一般に広がりをみせているのかな?

サンプルプログラムから学ぶ iPhone SDK プログラミングガイド

Macがあり、所定の手続きをすませば、アップルの判断基準がどうなのかわかりませんが、ソフトを全世界相手に公開するのにかなりハードルが低くなったのはiPhoneのなせる業なのでしょうか?

私が最初(で最後?)にプログラムを勉強したのは、MSXパーソナルコンピュータでした。知らない方もいるでしょうね。どうしても知りたい方はこちらの本を参照ください。

MSX MAGAZINE永久保存版3

一番最初に購入したMSXは記録媒体が付属しておらず、購入してから本を読みながら画面とにらめっとしてなんとか入力したベーシックのプログラムが電源を切ると消えてなくなるのに驚いた事を思い出しますね。慌てて専用のテープレコーダー?を購入しましてその後何度もあの「ピーーー ヒャラヒャラー・・・・」というロード音を聞くことになるのでした。

いま考えるとあのテープってどれぐらいの容量があったのだろうか?おそらくFD1枚分もなかったのだろうな~

それから考えると今のネット環境なんて想像もできませんでしたね。

2009.04.13

PDFの縦と横

先日からチェックに追われている原因のひとつにスキャンしたりデータからPDF化したファイルの縦横設定がおかしい事に原因が有ることが分かりました。

県の電子納品チェックソフトでは、収録したPDFファイルを標準A4縦で収録する事になっているのです。書類によっては、A3もあったりするので、絶対と言うわけではないのですが、エラーがでたPDFファイルは、見た目はちゃんと縦になっているので不思議なのです。

いろいろ調べてみるとファイル概要で表示されている用紙サイズが297×210になっているファイルはエラーでていて、210×297となっているファイルはエラーになっていないのです。

両方とも画面での見た目はちゃんと縦使いなので、なにが原因で縦横の数字がことなっているのか原因がみつけられないでいます。

とりあえず、県のチェックソフトはこの数字が210×297でないと画面では縦になっていても縦使いと認識してくれないようなので、原因を調べている時間がないので、取りあえずPDFファイルを作り直して210×297になるようにしています。

これが原因でチェック修正が予想より時間がかかってしまうので、ちょっと厳しいですね。

まだ、手を着けていない現場があるので、最初でこの部分も確認しながら下準備を進めるようにしないといけませんね。

-----------------
sent from W-ZERO3

レゴのおもしろさ

昨日は久しぶりに息子といっしょにレゴで遊んでいました。

いまブームなのが、変形合体シリーズです。

と言ってもそんなレゴブロックの商品は無くて普通のレゴを使って変形してロボット(風?)になったり、飛行機が合体してゲッターロボ(風)になったりする感じです。

これが結構おもしろくていろいろ試行錯誤してしまい気が付くと4才の息子はウルトラマンのソフビで遊んでいたりして自分一人で組んでいたりしていました。

できあがれば、息子は喜んで遊んでくれるので作ったこちらもうれしいのでまたがんばっちゃうんですよね。

今度の誕生日に恐竜が組立できるセット(レゴ クリエイター ステゴザウルス 4998) を購入予定なのですが、息子はその恐竜がほしいようですが、私はあの恐竜で使われているジョイントパーツがほしいだけだったりして(^^;)

あのパーツがあれば、今 作っているロボットももう少し格好良くできるのになあ〜と考えているのでした。。。

-----------------
sent from W-ZERO3

23時から本屋さんへ

今日は、一日外出していたので、ノートを探しに近くの本屋さんへ夜11時に出かけました。

とりあえず、先週借りたビデオをツタヤへ返却して帰りに別の本屋さんへ行きました。

本屋さんは買う本が無くてもおもしろそうな本が無いか見に行くのは楽しいですね。

で、帰ろうかと思った時にチラっと目に入ったのhがiPhone対応のアプリを紹介している書籍でした。

iPhoneは持っていなくてtouchを持っているのでうすが、この本のようなアプリ紹介本がでないのかな~っと思っていたら出てきましたね。

各アプリの紹介ページは少ないのですが、多岐にわたり紹介されているのでiPhoneやtouchを持っている方は導入前に確認ができるし便利かも。

今度行った時に購入しようかな。

2009.04.09

ほぼ完了

先週から取りかかっていた電子納品の案件がほぼ完了してきました。

エラーチェックを確認しながら問題の部分を修正していきます。自分の中ではここまで進めばほぼ7割程度の進捗状況かなといった感じですね。

あと2割でエラーの確認修正で、残り1割でパッケージやラベルの準備といった最終段階かな。

納品予定は来週明けの月曜日なので今日の段階で7割はほぼ予定通りかな。

エラー確認でもそこまで大きな物はないようなので、修正して土曜日にはアップする予定でいます。

-----------------
sent from W-ZERO3

情報処理もパスポートが必須?!

ふと目に入った情報処理試験。

以前は初級システムアドミニストレーター(初級シスアド)と言われている試験がITパスポートという名前に変わっているようですね。

10年前に興味があってそっち方面の勉強はした事無いのに1度だけ初級シスアド試験を受けたことがあります。もちろん落ちましたが、試験対策で勉強したのは面白かったです。

情報処理の分野は試験を出す側もなかなか大変なんでしょうね。毎年のように情報処理を取り巻く環境が変化するので、資格区分も難しいでしょうね。

春期の試験の申し込みは既に締め切り(今月試験だったと思います)ので、今年の秋期にこのITパスポートを受けてみようかな~と思っています。

今度はちゃんと勉強して受かりたいな(~_~)(ちょっと難しいかな~(苦笑))



電子納品にあると便利なソフトたち

今日も電子納品データを準備していました。

あると便利なソフトと言うよりは、無くちゃ困るのは、各CADソフト(フリーソフト含む)でしょうね。

私が利用しているCADソフトは、BV-CADとJWW、HO_CAD、DRA-CAD、AUTOCADです。

電子納品支援業務の時に限って言えば主力はBV-CADです。安いソフトではありませんが、SXFファイル形式をネイティブに扱うと言っているだけの事はあるのかな~と思っています。

現場事務所から預かってくるデータは、ほぼJWW形式かHO_CAD形式です。建築系はJWW形式が多く、土木系はHO_CADといった感じでしょうか?

それで、各形式から電子納品の基準に沿ったレイヤや線種、データ形式等の変更を依頼されてくる事がほとんどですね。

私も日ごろメインで利用しているCADはJWWなので、とりあえずJWWである程度下ごしらえをしてBV-CADへ取り込んで最終補正してデータを仕上げて行くといった幹事です。
どうせならBVCADで整理しても良いのですが、そこまでBVの操作に慣れていないのでJWWでの下ごしらえとなりますね。

ここ数件続いている電子納品支援業務は、CAD変換はしなくて良いという案件なので、まだ楽なのですが、これが含まれてしまうとそれだけで確実に2週間は作業日程が延びてしまいますからね。

とりあえず、1件はほぼ仕上げが見えてきたので、来週納品予定の案件を進めていきます。

現場技術者のための電子納品必携―受注者の立場から実践的な「電子納品」を解説 (土木工事編)

2009.04.08

電子納品にあると便利なソフトたち

電子納品を作成する時によく利用ソフトをご紹介。

クセロさんからダウンロードできる「瞬間PDF」シリーズです。

複数ページになったPDFファイルから1ページ1ファイルに分割したり、スキャニングして複数のファイルになってしまったPDFファイルを1枚のファイルに結合したりできるのでとても便利です。

無料版だとネット接続環境が必須ですが、現在のようなかなりの割合でネット環境が整っている場合は特に問題にはならないかなと。

2009.04.07

どうやってクリアしていくか

今日の打ち合わせで電子納品が複数件入ってくることが分かりました。

かなり大変な日程になりそうで、どのような事になって行くかな〜(^^;)

いままで、経験で集中して作業出来れば1件あたり3日〜7日程度でクリア出来る事が多いのですが、仕事上複数の案件を同時並行で進めないといけないので結果的に1件あたり10日〜15日ほどかかってしまっているのが現状ですね。(このスケジュールでは、工事写真とCAD図面は現場で処理していただく場合ですが)

今月は、3日〜7日は無理でも、6日〜14日程度になるように作業効率を上げていかないと厳しいですね。

先月の動きから比べるとまるで年度末が1ヶ月繰り越してした感じです。

-----------------
sent from W-ZERO3

有料版の聞く日経

今月から有料課金コンテンツになった「聞く日経」ですが、とりあえず購入してみました。

月額525円と言うことで自分の予想より200円高かったのですが、3月31日にあわててユーザー登録して聞くことにしました。

以前の無料版と4月からの有料版での大きな違いは、無料版は、ふたりで交互に内容を話していたのですが、有料版になってからは、ひとりの方が話をしています。

また、番組全体がかなりタイトな感じがしますね。ひとりで話をしている為か緊張して話をしているような雰囲気が感じ取れます。まあ、慣れてくればそうでもないと思いますが。。。。

まあ、朝の貴重な時間を使って聞いている方は多いと思いますので、変に緩やかな感じよりは良いのかも。

グーグルスケッチアップ解説本

グーグルスケッチアップ解説本が増えましたね。
エクスナレッジから出ているグーグルスケッチアップの解説本です。


カラー画像で実践的な内容になっているので、とりあえずグーグルスケッチアップを使ってみたいという方へお勧めでしょうか。

気になる方は書店にて中身を確認してみてください。

僕ももっと慣れたいのですが、仕事が忙しくてなかなかさわる時間がないですね。この本でも買って勉強しようかな。。。



2009.04.06

電子納品が入る予定

明日、新たに電子納品の案件が入る予定です。が、今月はすでにめいいっぱいなのでかなり厳しいですね。

とりあえず、今週で1件は片づけないといけないなあ。スキャンは一通り終わったので明日は作り込みに徹します。

-----------------
sent from W-ZERO3

子供と休日

先日の休みにちょっと離れた場所にある屋内遊具のあるSCに行ってきました。

以前は、遊具だけがあり、周りに保護者が休めるカウンター+いすがあるだけで近くに自販機とかなくて不便でした。

今は場所が移動してしまって、子供たちの遊具のスペースは小さくなっていました。

ちょっと残念だなあと思って受け付けしてみると、小さくなった代わりに、保護者向けのソファー+テーブル常設されており、マンガ喫茶のようにマンガと話題書、自己啓発、ビジネス書などが準備されていました。しかも、スペース内にドリップ式の自販機もあり、顧客アンケートでも取ってニーズにあった店舗にリニューアルしたという感じでした。

ただ、私の場合は、子供と一緒に遊具スペースに入って遊んでしまうので今度行ったときはソファーでゆっくりしてみたいですね(^^;)


-----------------
sent from W-ZERO3

2009.04.03

そうじゃないけどなあと感じる時

電子納品支援ということで仕事を進めているのですが、ドカッと紙資料を持ち込んでスキャンしてPDF化して電子納品対応のCD−Rを作成するのですが、スキャンしながら「これじゃないんだけどなあ〜電子化するって事は。。。」と思っています。

確かに、発と受で協議の上で書類をスキャンする事になったと思うのですが、なんだか本当にこれでいいのかな〜と感じますね。

今まで支援業務をさせていただいた中で純粋に基準に合わせて、オリジナルデータを準備して、営繕工事の場合にはオリジナル+PDFを準備したり出来たのは、最初の頃の数件だったかな。。。

今ではスキャンして整理する要領が掴めてきたので、作業効率的には良いのですが電子納品の本来の目的からはズレているのかな〜と感じてしまいます。

とか考えながら淡々と書類をスキャニングするのでした。。。(^^;)


-----------------
sent from W-ZERO3

安くなりましたね。テラバイト

250GBで16000円で購入したのはいつだったかな?

たしか3、4年前ぐらいかな?USB2.0接続の250GBの外付けHDDが16000円ぐらいだったと思います。

けっこう、データが満杯になってきたのと同じぐらい大きくなってきたのが、HDDがクラッシュする事もあるかもという不安な気持ちでした。

それでもなかなか別途増設HDDとかは購入できず、DVD-Rとかにコピーを取ってなんとかオーバーフローやクラッシュリスクを回避してきたのですが、最近の低価格化でついに購入したのが1TBの外付けHDDでした。

購入したのは、これ(I-O DATA USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク HDCNシリーズ)です。最初に購入した250GBで16000円から4000円安い12000円になった所で待ちきれずに購入しました。

と、購入から3ヶ月もしない内に1万円を切ってきてしまいましたね(笑)

おそらく、1万円が大きな分かれ道なのかなと思います。最初に購入した250GBのHDDも1万円を切ったぐらいから店頭から目立たなくなり、今ではコンパクトサイズの250GBモデルが目立つぐらいだと思います。となると、1TBのモデルも同じような展開になっていくのかな?

1年後には5TBモデルや10TBモデルも出てくるでしょうね。地デジに完全移行したあとは、確実に綺麗な画質のままデータで残したいという要望が高まるでしょうから、より大きなストレージが必要になってくる気がしますね。

こうなってくると、現在のDVDの変わりになろうとしているブルーレイも容量が25GBではぜんぜん追いついていないような気がしますね。もしかしら100GB容量のスーパーブルーレイとか言って出てきたりするかも。

ぽ~にょ。ぽ~にょ。

やっと出てきました「崖の上のポニョ [DVD]」。

息子と一緒に見に行こうかと思っていたのですが、時間がなくて見に行けず(息子はおじぃちゃんと一緒に見に行きましたが)内容はよく分からないのですが、タイトルといい流行したあの歌のお陰でますます見てみたい映画のひとつですね。

宮崎映画と初めて会ったのは、「トトロ」という題名でした。当時、ファミコンのドラゴンクエストを遊んでいたので、ゲームに出てくる「ロト」というキーワードが頭にあり、「ロト?トロ?トトロ?」という感じでなんだか変なタイトルだなあ~なんて思った記憶がありますね。

その後、レンタルビデオでトトロを観てファンになり、ナウシカやラピュタという風に宮崎ワールドへ魅了されていった感じです。

YASHICA デジタルハイビジョンムービーカメラ DVC588 HDMI出力端子搭載 SDHCカード対応 ハイビジョン撮影 最大40倍ズーム 手ぶれ軽減機能

2009.04.02

データ変換にSXFが良い感じ

JWWからHO_CADへの変換で最近利用している方法がSXF形式を利用した変換方法です。

JWWにSXF形式へ保存も可能ですが、わたしが利用しているのはBV_CADを利用した方法です。

BVでJWWファイルを読み込みしてSXFファイルに書き出ししてHOでSXFを読み込みしてHO形式で保存する方法です。

以前は、JWC形式やDXF形式を利用していたのですが、文字種類制限などから現在はほとんど利用していませね。

逆にHOからJWWへの変換の場合もこの方法を利用しています。ただ、この場合はJWW側で通常の8種類の線種ではなくてSXF拡張選手になってしまうので、外部変形を利用して通常の8種類の線種に一括変換しています。変換しておかないとプリントするときに、線の太さ設定が煩わしいので、あえて拡張線種の必要性が無い場合は、基本線種がいいですね。

-----------------
sent from W-ZERO3

電子納品が同時に4件入ってきました

なんと言うことでしょう。予想通り(?)同時に複数件の案件が入ってきてしまいました。

なかなか大変な状況ですね。

書類をスキャニングすることになった現場と工事写真を対応していないデータで作成しているデータからコンバート(というか作り直し?)という状況です。

先月も大変でしたが今月もなかなか手強い強敵が勢ぞろいといった感じですね。

-----------------
sent from W-ZERO3

まだちょっと高いかな?

将来はもっと安くなると思うのですが、こんなフォトスタンドが一般的になっていくでしょうね。

デジカメの普及で写真を撮る人は増えているかもしれませんが、プリントせずにデータのままパソコンに保存している人が多いのではないでしょうか?

ネットがこれだけ普及しているので、保存したデータを離れた場所にいる家族や友人などと共有できれば写真の楽しみ方も変わってくるかもしれませんね。


2009.04.01

新年度になりました。

なんとか年度末をクリアしましたが、なぜか手元にはこれから作成する電子納品の資料が山積みです(^^;)

あまり笑えない状況ですが、今月ではなんとか仕上げます。

-----------------
sent from W-ZERO3

次に買うならこのプリンターかな?!

現在使っているプリンターはエプソンのPM-900Cです。

すでに10年前ぐらいのもでるかな?よく覚えていません。ごめんなさい。

このプリンタにした理由はただひとつ!CD-Rのラベルプリントが出来る最初のモデルだったから(エプソン機の中で)

当時は、キャノンなどのプリンタを改良?して業務用プリンタとして20万ぐらいで売られていたCD-Rラベルプリンターの時代に5万円前後でCD-Rへプリントできるモデルはかなりお買い得に映りました。

その前はキャノンのBJ450?だったかなとBJ5500?を持っていました。基本的にCAD図面のプリントを目的としていたので、それでよかったのですが、自宅でCAD図面のプリントする必要性が薄れてきていたので、A4サイズまでのモデルでお買い得なモデルを探していました。

その後、すぐに920Cとかいろいろ出てきてCD-Rラベルプリントは珍しい特徴という感じも薄れてしまいましたね。

おそらくフラグシップ的なモデルだったのだろうと思うのですが、お陰で、普及タイプという感じにはなれなかったようです。

最近はほとんど新型プリンターのコーナーにもほとんど足を運ばなかったのですが、先日ふと目にしたのがエプソンのPX-501というコピー機能もついた顔料4色機です。

デジカメのメディアスロットも付いて、コピーも出来てちょうど良い感じです。

なにより気に入ったのは「4色」しかインクを使わないという点です。

確かにいっぱいインク種類が入っている方が表現力は上がると思うのですが、個人的に使う用途であれば4色で十分な気がします。

家庭用のプリンタの場合は、購入時の本体代金も重要ですが、のちのちのランニングコストも考えないと思う存分プリントできない事になります。

もし、プリンタを購入検討されている方は、本体選定する時に、その機種が使用するインク10本分の価格を比較した方が良いかと思います。機種によっては2個組のお買い得パックが売られていたり、リサイクルインクも対応品があったり無かったりという事もありますので。。。


EPSON MultiPhoto Colorio 普通紙くっきり フォト複合機 4色顔料インク PX-501A


« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

Twitter

  • Twitter
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

google