お勧めをご紹介

Google+1

  • g

PR3

気になるサイト

  • pixivページ
    私の過去作格納庫です。30年前の作品ごアップしたのをキッカケに日々の創作物をアップしています。
  • キミイロミノル(キロル)
    おでライ沖縄に参加する活動を中心に創作活動するメンバーが集まってゆる~く活動するサークルのページです。私も参加していますww
  • ren-net for Hobby
    息子(10歳)とレゴブロック、ミニ四駆、プラモデル、仮面ライダーウィザードを楽しむアラフォーパパのブログ。楽しんで行こう!!
  • 沖縄で明るい自宅を建てる ren_net for Design
    建築士が自宅の建設を進める様子を書いたブログ。

« 自分の人生は自分に預ける | トップページ | なんとか完了! »

2009.03.22

本を読んで気がついた事。

先日購入したこの本「ドリルを売るには穴を売れ」という本を読んで初めて気が付いたことがありました。

それは、いままで自分の仕事は商品とサービスを売ることだと思っていたのですが、実は間違っていたという事。

実際に売っていたのは「商品・サービス」ではあるのですが、お客様が「価値」として見出している大きな割合は「時間」だったのかもしれないと。

自分が扱っている商品は、競合他社があり、ボリューム価格設定になると、とても競合他社には太刀打ちできないのです。可能な限り価格を低く設定したのにほとんど販売数には結びつかず価格を下げた分だけ売り上げが落ちているような状況でした。

で、先の本を読んで自分の仕事に当てはめてみると、お客様は他社では数日~1週間以上もかかる仕事を1日~翌日には仕上げてくれる当社を選んできているのではないかと感じたのです。だとすると値下してお客様にサービスしているつもりになっているのは、まったくお客様を見ていないのではと思ったのです。

前に一度だけ割引キャンペーンをやった事があるのですが、あるお客様から「べつに割引があるから来たわけではない。あなたたちにお願いしたいから来ているのだから、割引があってもなくても関係ない」と面と向かって言われてびっくりした事がありました。

自社の強みを見つめなおしてより良い方向へ舵を取っていかないととんでもない方向へ流されて行ってしまいかねませんね。

« 自分の人生は自分に預ける | トップページ | なんとか完了! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13251/44436083

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読んで気がついた事。:

« 自分の人生は自分に預ける | トップページ | なんとか完了! »

Twitter

  • Twitter
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

google