« 忙しいのは効率が悪いのかな? | トップページ | p21変換は難しい? »

2008.05.18

CADデータの互換性問題

普段、仕事をしていると時々目にするのがスケールが変なJWWデータとHO_CADデータです。

スケールが変というのは、おそらくDXFでデータを受け取ってそのままjwwやHO_CADで取り込みスケールを調整せずに作業を進めてしまったデータです。

これは、AUTOCADやDRACADで作図されたデータをDXF形式で保存してjwwに渡した場合によく起こっているようです。両CADの性質を分かっている場合は、なぜそうなってしまう場合があるのか検討は付くのですが、それぞれのCADしか使ったことの無い場合は、ちょっと難しいかもしれません。

大雑把に1/100の平面図を作図する場合で説明すると。

AUTOCADやDRACADの場合は画面の中に1/1で図面を作図して出力の時に1/100に小さくして出力します。

jwwやHO_CADの場合は、最初に1/100の空間と用紙サイズを準備しておいてからその中で1/100の三角スケールを持ちながら作図してそのまま出力します。

なので、AUTOCADからjwwへデータを渡した場合、基本は1/1で原寸大のデータを受け取ってしまい、jwwからAUTOCADへ渡すと、1/100に小さくなったデータを受け取ってしまいます。

単純なスケールの場合はまだ良いのですが、AUTOCADデータの場合で、違って関係ない図形データが必要な図形から離れて作図されてしている場合、その データを知らずにDXF形式にするとその図形まだ含めて変換されてしまい、受け取るjww側で利用可能な図面領域に読み込みされて大きさがあわなくなって しまいます。

このことを分かった上で受け取ったデータを通常利用しているスケール(大きさ)に変更してから加筆など修正を加えていけばいいのですが、なぜか受け取った大きさのまま作業を進められている場合があります。

そのまま作業を進めるとスケールが合わないので、寸法コマンドが合わなかったり、プリントの場合にとても困ってしまうことになります。

データ交換で受け取ったデータは、受け取った時にスケール(大きさ)を確認して大きさを整えてから作図作業するようにするとあとあと作業が楽になります。


言葉で説明するのは難しいですね(~_~)

« 忙しいのは効率が悪いのかな? | トップページ | p21変換は難しい? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13251/41242593

この記事へのトラックバック一覧です: CADデータの互換性問題:

« 忙しいのは効率が悪いのかな? | トップページ | p21変換は難しい? »

ピクシブ

  • ピクシブ1

気になるサイト

お勧めをご紹介

Twitter

  • Twitter
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Google+1

  • g

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

PR3

google