お勧めをご紹介

Twitter

  • Twitter

Google+1

  • g

PR3

気になるサイト

« 沖縄県の電子納品の要(かなめ) | トップページ | 便利でした。 »

2008.01.10

なんとかまとめました。

先月中旬から取りかかっている電子納品の仕事がなんとかまとまりました。

電子納品業務に専従できないので、なかなか大変です。


今回の物件も、事前協議があまりうまく行っていなかったようで、大変でした。

結果的に紙でまとめた納品物から必要な部分を選択してまとめた感じです。

最初から段取りが出来ていればそんなに規模の大きな物件ではないので、スムーズに行ったと思うのですが。。。なかなかむずかしいですね。

今回の業務の図面データはjwwでした。発注図で支給されたものもjwwだったようで、電子納品へは対象外となりました。


私は以前、建築設計事務所で努めていた事もあるので感じるのですが、図面には各設計事務所の色がでてきます。線の太さを何種類つかうとか、何色を細い線として書くとか文字の大きさはどうするとか。。。各設計事務所によってルールが決まっていると言う事です。


わたしの努めていた事務所は早くからCAD化が進んでいた方で、事務所オリジナルの共通仕様書(フォーマット?)を整備していました。毎年毎年改良していて、すこし暇になるとそのフォーマットを修正している感じでしたね。

おそらく、設計事務所内のCAD化が進んでいて、なおかつ作業を分担して作図を進めるような事務所ではこの共通フォーマットという仕組みはとても威力を発揮します。事務所内で書き方がバラバラだとお互いに図面が共有出来ないからです。


その各事務所内の図面フォーマットが問題になるとしたら、他の事務所や電子納品のように外部との図面データの共有する場合でしょうか?

こちらの事務所で太い線として扱っている色の線が、別の設計事務所では一番細い線の色として扱っている場合も起こりえるから。

このような事情をふまえているから、営繕基準(案)は厳格に決めようとせず、受注者(設計者)と発注者で柔軟に決めなさいと言う事だけを決めているのかもしれないなあ〜と思ったりします。


« 沖縄県の電子納品の要(かなめ) | トップページ | 便利でした。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13251/17643376

この記事へのトラックバック一覧です: なんとかまとめました。:

» ただ勘違いしてほしくないのだが、自分が就職や転職を... [CADスクール情報の真実!,なんとかまとめました。]
勉強とは:ただ勘違いしてほしくないのだが、自分が就職や転職を...ただ勘違いしてほしくないのだが、自分が就職や転職を希望する企業・分野では別のCADソフトの取り扱いが多いということであれば、 そちらのCADソフトを勉強したほうがいいのは当然である。それほどまでにCADソフトはたくさんの種類がある。その中でも企業で使われているものはわずかではあるが、きちんと用途を理解して使用するようにしてほしい。CADスクールを考える上で、通学・通信・独学どれを選ぶかは大変重要なファクターであ...... [続きを読む]

« 沖縄県の電子納品の要(かなめ) | トップページ | 便利でした。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mouse

  • マウスコンピューター/G-Tune

google