Twitter

  • Twitter

最近のコメント

最近のトラックバック

気になるサイト

AmazonPS

  • AmazonPS

ひとりごと

2013年2月 8日 (金)

沖縄でも冬向けの断熱は必要だと感じる。。。

沖縄では基本的に夏向けの断熱は考えるのですが、冬の断熱は軽視してました。

天井を高くした事で夏の熱気は軽減できているけど、1階がピロティーになっている部分の2階はめっちゃ寒いです。

床下に断熱材を設置したけど床下がほとんど高さが取れてないからすごく寒いです。

あと、壁面もコストの問題から断熱材は入れなかったのはまずかったな。。。

気密性が低いので厚手のカーテンをしてもあまり効果がないな。

1階に居室がある部分は熱を確保できているので、床下の断熱は重要だったという事ですね。

建築前に先輩から指摘されていたのにその指摘をあまり重要視してなかったな。。。

これから、鉄骨造で建築予定で1階ピロティーを予定している方は、2階の床下断熱を十分すぎるぐらい検討する事をオススメします。

2013年1月30日 (水)

自宅ってなんだろうか。。。

自宅を立てて約2年が経ちました。

建てて良かったな~と思う反面、建ててなかったらどうだったかな~と感じる事も多いかな。

家が重要なんじゃなくて、家庭が一番大事なんだけど、作っている時はぜんぜん見えてないんだよね、そこんところが。

家庭なんて自然と出来ると思っていたけどそうじゃないみたいだ。

今は、家庭を1から作り直ししている感じかな。

これから自宅を建てようかと計画している人は多いと思うけど、建てる前に1度、家族で話し合いを持てたらいいと思うな。






2012年1月12日 (木)

カーテンで仕切り

自宅は洗面室、浴室、トイレに建具があるだけで子供が回遊?できるように一部壁で目隠しする程度で開放する平面プラン(2階)です。

住み始めて1年経つのですが、ふだんはそんなに寒さ感じなかったのですが、この冬、丁度中央になる壁を境にしてカーテンで仕切りを入れてみました。

見た目でも締まりが出た感じがして納得できる形に落ち着きました。

で、よる寝る時にリビングからカーテンで仕切った寝室側に入った時です。

確実に1度ぐらいは気温に差が有りました。

開放していた時までは全然気が付かなったのですが、確実に寝室側が冷えています。

おそらく、リビング側は1階に実家が利用している部屋があるのですが、寝室側は1階がピロティーになっていて2階の床下は屋外になっているのです。

夏の厚さばかり気にしていた為、夏の寒さは重視していなかったのがこんな所に出てきてしまいました。

今、考えれば、2階のレベルを400ぐらい下げて床下を作っても良かったのかもしれません。

まあ、いまさらなのですが、寝室側の寒さ対策を考えてみた方がいいかもしれないなあ~。

2011年6月23日 (木)

引越しすることにした。

引越しすることにしました。

自邸の話ではありません。このブログの事です。

いままで「はてなブログ」を利用していたのですが、ココログのブログとの管理が面倒なので同じココログにまとめる事にして、過去のデータを引越ししてきました。

うまく表示されるのか心配だったのですが、無事完了した感じです。

はてなブログでの掲載はポイントが無くなり次第終了することにしよう。

2011年4月21日 (木)

心よりお詫び申し上げます。



このブログをご覧なり不快な思いをされた皆様に深くお詫び申し上げます。


このブログをスタートした当初は建築過程を自分なりに記録として将来、過去を振り返って楽しく見ることが出来ると思い書き始めました。


現場が始まりいろいろな問題点が出てきて、行き場の無い思いをこのブログに書く事で自分の中の気持ちを整理しながら工事進めてきました。


先ほど、ある関係者の方からコメントを頂き、このブログをご覧になって不快な思いをされている方がいると知り、そのような気持ちにさせてしまった事に深く反省し、過去の記事の中で関係者に誤解を招くような表現をしている部分を修正・削除いたしました。


記事の中で特定の分離発注方式(システム)に対して誤解を招くような表現になっていた部分が有ったと思いますが、このブログは特定の分離発注方式を業務としている皆様を否定するつもりではありません。


又、このブログにリンクされているリンク先にもリンク削除の要請をお願いしています。


全国各地で分離発注方式(システム)を利用して満足する建物が多数建築されています。私もそのような現場を見せてもらったからこそ自分で分離発注方式を選んで自邸を建築することにしました。


引渡しまでの過程は大変でしたが住み始めた自邸にはとても満足しています。


今後も自邸の事でこのブログを更新していくつもりですが、関係各位に誤解を招くような表現にならないよう気をつけて行きたいと思います。


よろしくお願い致します。


税務署に行ってきました。



住宅ローン減税を受ける為に税務署に行って来ました。


事前にネットで書類を準備していた為20分ぐらいで受付完了。


これでやっと住宅建築が終わったという感じです。


なんだかとても長かったような気がします。


去年の2月に敷地測量されていない事が判明しあやうく道路の柱を建てる事になりそうになった時はもうダメだと思いました。


それでも続ける事が出来たのは、家族や知人のお陰だと思っています。


とても感謝しています。


このブログを立ち上げた時は、もっと楽しい内容になると思っていたのですが、ちょっと残念ですね。


2011年4月 6日 (水)

軒天井の下地は追加も変更もしていない



今回の追加請求の問題で変なのは軒天井の下地の部分が追加請求になっている事です。


設計事務所が、契約前に全社から見積書を取って比較検討した段階で、軒天井下地は外壁工事に含まれていると判断していたようです。


いざ軒天井工事になった段階で下地工事が外壁業者が見積していなかった事が発覚。


普通ならその段階でどのように判断するのか施主に説明すると思うのですが、設計事務所側はそのまま内部木工事業者に軒天井下地の工事を指示したようです。


2011年3月26日 (土)

追加支払いは。。。



昨晩、設計事務所の社長と担当者の方が来て経緯を説明してくれました。


今回、追加請求は 無し という事でした。


正直、ほっとしました。


請求内容も説明して頂きましたが、2箇所については、確かに現場で大工さんと話し合いをして変更した部分でしたが、当時は予算内で処理できる範囲だと思っていて、追加工事になるという認識はありませんでした。追加になるなら金額を確認してから依頼していたと思います。


もう一点は、軒天部分の下地工事が請求されているという物でした。


2011年3月25日 (金)

今日です。



さて、設計事務所の方が説明に来るのは今日です。


一体、どんな事になるのか分かりません。


結果は今晩書き込みしたいと思います。


2011年3月23日 (水)

引き渡し後の追加請求はアリか?!



今週末、自邸建築の管理してくれた設計事務所の所長が今回の業者からの追加請求の件で説明に来る事になりました。


どの様な話になるのか分かりません。


いつになったら安心して生活出来るのだろうか。。。


より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

お勧めをご紹介