Twitter

  • Twitter

最近のコメント

最近のトラックバック

気になるサイト

AmazonPS

  • AmazonPS

ポスター

2009年6月29日 (月)

相手のイメージを考える

今、ポスターのデザインを依頼されてデザイン案を作成しているのですがこれがなかなか難しいのです。

クライアントからの要望は、シンプルでゴージャスなんだけどラブリーなデザインでお願いします。という事でした。

う〜ん、とても難しいイメージです(^^;)

とりあえず、基礎になる部分は「白」を元にレイアウトを済ませて、後はどれぐらい「ゴージャス」と「ラブリー」という部分をどう表現していくのか、このさじ加減と方向性が問題ですね。

言葉でいうのは簡単ですが、クライアントのイメージとこちらのイメージがどれぐらい近づくことが出来るのかが問題です。

延々と校正作業を繰り返していけば、いつかは合致すると思いますが、仕事なので締め切りは有るわけで、出来るだけ早くクライアントのイメージとこちらのイメージが合致させることができるかが、腕の見せ所なんでしょうね。<これが一番難しい(-_-;)

デザインの仕事は、いろいろ大変な事が多いのですが、面白くて好きな仕事です。(^_^)v

今日は、3案作る事が出来たので、先ほどクライアントにメールしたので、明日の午後ぐらいには返信がある予定です。

実戦マーケティング思考 「論理思考&イメージ発想」スキルを鍛える7つのツール

2009年6月19日 (金)

ポスターのデザイン

ポスター(A1サイズ)のデザインをお願いされた時に心がけているのは、3m以上離れたところから見たときに目に止まるというか何か引っかかるようなイメージになるようにしています。

と言うのは簡単なのですが、これがなかなかうまく行かないのですけどね。

とりあえずデザイン案を作ってみて画面上でポスター全体が表示できる程度まで縮小します。そして目を細めて視界を意図的にぼかしてみて変な違和感がないか、アピールしたい点は伝わりやすいかなどを検討するようにしています。

実際、人間が行動している時には、あまり視野に入ってこないのかな?と思っています。

なので、ぼやけた視界から見た時にすこしでも印象に残るようなデザインができないかを考えながらデザインすることが多いかな。

現在、1件はデザイン案を提出しているので、お客様のイメージしているデザインとぴったり合えばすんなり進める事ができますが。。。。そう簡単にはいかないだろうな。

目的別チラシデザイン―イメージ・ターゲット・業種からデザインを絞り込む (Design handbook series)

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

お勧めをご紹介