« 自邸を建てると決意する。 | トップページ | 階段の収まりも重要です。 »

2011年4月25日 (月)

カナバカリってなんですか?



矩計図と書いてカナバカリヅと読みます。


断面図をより細かい仕様を表記した図面で1/30~1/5と部分や場所に応じて表現します。


基本平面図と断面図が決まれば次にこの矩計図を表現していきます。


設計事務所によっては要りませんと言ってくる事務所もあるかと思いますが、新規プランの建物であれば、まず、矩計図を描かないと現場は混乱します。その混乱のしわ寄せは、施主と現場施工者にかかってきます。


私の依頼いた設計事務所も矩計図は作図しないと言われましたが、いざ現場に入ると収まりの確認が出来ず作図してもらいました。


ただ、2階部分の表現が無かった為に内部壁とタイル床部分の収まりで問題が出てしまいました。


最初で矩計図を表現しておけばと後悔しました。


※矩計図の漢字を間違えていました。訂正しました。


|

« 自邸を建てると決意する。 | トップページ | 階段の収まりも重要です。 »

自邸建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13251/52022229

この記事へのトラックバック一覧です: カナバカリってなんですか?:

« 自邸を建てると決意する。 | トップページ | 階段の収まりも重要です。 »