« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月28日 (木)

敷地レベルの確認も重要



建物を建てるときに前面道路と敷地の高さの計画も立てます。


これは排水計画でも確認する必要が出てきますので出来れば側溝の高さや下水道の高さなども確認が必要になってきます。


私の場合、既設建物との兼ね合いもありましたので既設建物の高さも検討する必要がありました。


平坦な場所なら、0~数cm程度で収まりますが、敷地に勾配がある場合は、数mの差もありえます。


現場測量せずに確認申請を進めてしまうといざ現場に入った時に建築出来ない事になってしまいます。


大幅な計画変更になると、確認申請からやり直しという事になってしまいますので工事がストップしてしまいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

階段の収まりも重要です。



二階建て以上の自邸を建てるときに問題になるのが階段の収まりです。


平面的にどの部分にレイアウトするのかという事と階段1段1段の高さの検討も同時に行います。


私の場合は、設計事務所が提示した寸法が納得行かなかったので、自分で設計する事にしました。


通り寸法を確認して階高を確認して蹴上と踏面を確認しながら慎重に検討してきました。


3日ほど悩んで、なんとか納得出来る寸法を確保することができました。


部屋の作りや窓の位置などは気にしている方は多いと思うのですが、階段も動線が絡む重要な空間です。


安易に平面位置を決めたり蹴上、踏面を決めてしまうと出来上がって登りにくかったり滑りやすかったりといった問題になる事がありますので、落ち着いて検討することをオススメします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

カナバカリってなんですか?



矩計図と書いてカナバカリヅと読みます。


断面図をより細かい仕様を表記した図面で1/30~1/5と部分や場所に応じて表現します。


基本平面図と断面図が決まれば次にこの矩計図を表現していきます。


設計事務所によっては要りませんと言ってくる事務所もあるかと思いますが、新規プランの建物であれば、まず、矩計図を描かないと現場は混乱します。その混乱のしわ寄せは、施主と現場施工者にかかってきます。


私の依頼いた設計事務所も矩計図は作図しないと言われましたが、いざ現場に入ると収まりの確認が出来ず作図してもらいました。


ただ、2階部分の表現が無かった為に内部壁とタイル床部分の収まりで問題が出てしまいました。


最初で矩計図を表現しておけばと後悔しました。


※矩計図の漢字を間違えていました。訂正しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

自邸を建てると決意する。



私が自邸建築の計画をスタートしたのは2003年でした。


通常なら建築場所の選定から入る所ですが、諸般の事情から建築場所は決まっていましたので、プランニングから入りました。


嫁があれこれ調べてくれて平面プランニングはある程度決まりました。


決まった平面プランを元に自分である程度は図面を描いて行きました。


中学生の頃、将来建築士になる。自分で自分の家を設計すると卒業文集に書いてから17年目の年でした。


この時は、自邸が完成するまで7年も掛かるとは思ってもいませんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

心よりお詫び申し上げます。



このブログをご覧なり不快な思いをされた皆様に深くお詫び申し上げます。


このブログをスタートした当初は建築過程を自分なりに記録として将来、過去を振り返って楽しく見ることが出来ると思い書き始めました。


現場が始まりいろいろな問題点が出てきて、行き場の無い思いをこのブログに書く事で自分の中の気持ちを整理しながら工事進めてきました。


先ほど、ある関係者の方からコメントを頂き、このブログをご覧になって不快な思いをされている方がいると知り、そのような気持ちにさせてしまった事に深く反省し、過去の記事の中で関係者に誤解を招くような表現をしている部分を修正・削除いたしました。


記事の中で特定の分離発注方式(システム)に対して誤解を招くような表現になっていた部分が有ったと思いますが、このブログは特定の分離発注方式を業務としている皆様を否定するつもりではありません。


又、このブログにリンクされているリンク先にもリンク削除の要請をお願いしています。


全国各地で分離発注方式(システム)を利用して満足する建物が多数建築されています。私もそのような現場を見せてもらったからこそ自分で分離発注方式を選んで自邸を建築することにしました。


引渡しまでの過程は大変でしたが住み始めた自邸にはとても満足しています。


今後も自邸の事でこのブログを更新していくつもりですが、関係各位に誤解を招くような表現にならないよう気をつけて行きたいと思います。


よろしくお願い致します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

税務署に行ってきました。



住宅ローン減税を受ける為に税務署に行って来ました。


事前にネットで書類を準備していた為20分ぐらいで受付完了。


これでやっと住宅建築が終わったという感じです。


なんだかとても長かったような気がします。


去年の2月に敷地測量されていない事が判明しあやうく道路の柱を建てる事になりそうになった時はもうダメだと思いました。


それでも続ける事が出来たのは、家族や知人のお陰だと思っています。


とても感謝しています。


このブログを立ち上げた時は、もっと楽しい内容になると思っていたのですが、ちょっと残念ですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

軒天井の下地は追加も変更もしていない



今回の追加請求の問題で変なのは軒天井の下地の部分が追加請求になっている事です。


設計事務所が、契約前に全社から見積書を取って比較検討した段階で、軒天井下地は外壁工事に含まれていると判断していたようです。


いざ軒天井工事になった段階で下地工事が外壁業者が見積していなかった事が発覚。


普通ならその段階でどのように判断するのか施主に説明すると思うのですが、設計事務所側はそのまま内部木工事業者に軒天井下地の工事を指示したようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »